技術

「iPhone 12 mini」を使用して、1ヶ月の小さな正義[언제 물건 코트]-Impress Watch

上記がiPhone 12 miniの下には8 Plus

最近使用した「iPhone 8 Plus」は、まだまだ現役。 今後1〜2年は難しいこと考えていますが、「iPhone 12 mini」を買ってしまいました。さらに、発売当日にこの新聞は12 miniが出荷後1ヶ月程度使用した感じに言いたい。

購入したiPhone 12 miniの容量は64GB、82,280円(税込)です。 iCloudドライブ、Googleドライブ、OneDrive、Dropboxなど、これだけのクラウドサービスが充実している物理ドライブの容量は、少なくともいいかなと思っている、イラン言い訳に予算も “ミニ”で済ませたかったのが本音です。

また、大容量との差額は、AirPodsなどのアクセサリーで返したほうが総合的に快適なんじゃないかなとも思います。

小さく高性能が欲しい!

8 Plusの唯一の不満が本体サイズでした。 ディスプレイサイズに満足しても、本体が大きい。 ポケットに入らないので、仕方なくバッグを担ぐこのスタイルが3年間許せなかったですね。 小さく高性能の欲しくても、毎年大型化スマートフォンのラインナップには、これといったものがありませんでした。

12 miniならモバイルバッテリーを保管して余裕

2020年春にリリースされた第2世代 “SE”は保留しました。 価格は49,280円(税込)魅力的だったが、カメラ、ディスプレイ、バッテリーなどは、「8」の廉価版風スペック。 8 Plusユーザーに積極的な交換の理由がありません。 見た目も代わり映えしないですね。

数年悩んやりがいもあり、12 miniに到着することができています。 8 Plusと表示サイズはほとんど変わらず、(-0.1インチ5.4インチ)の高さ:約2cm、幅:約1cmのサイズダウン。 最新のCPUで処理速度も速く、カメラも良いので文句なしです。

指が触れる状態はもちろん、ポケットに気軽に置くことができるのが一番です。 本来の電話サイズを満喫しています。

本体サイズに応じて、バッテリーも小さいですが、長時間の外出であればどのようなモデルを購入しても、モバイルバッテリーを持ち歩くための大きなマイナスがないと思います。

8 Plusに合った行動を嫌う

元の電話のサイズはこの程度だった!

飽きのこないデザイン。 もはやiPhone 5S Pro Max

長年使用しても飽きがこないのだデザインも好きです。 過去に「5S」(2013年発売)と初代「SE」(2016年発売)を使用していた方、12シリーズのデザインは、まさにそれです。 エッジの効い特徴でした。 ディスプレイ保護フィルムが貼りやすいことをお勧めする方も多いようです。

一巡したフラットデザインが良い感じ。 内容も進化して5S / SEの兄であるスタイルです。 miniではなく、これ以上の5S / SE Pro Maxています。

左からiPhone 5S 8 Plus 12 mini。 5Sのサイズよりも高さ:プラス7.7mm幅:プラス5.6mmの厚さマイナス0.2mm。 8 Plusと並べ明らかに小さい

左からiPhone 5S 8 Plus 12 mini。 12 miniレンズの存在感がすごい

5S(左)と12 mini(右)の側面。懐かしいデザイン

各モデルの違いはApple公式サイト(iPhoneモデルを比較)で存分に比較することができますよ。

iPhoneモデルを比較する – Apple公式サイト

ホームボタンがないこと慌て

何を今更と思われるかもしれませんが、慣れたホームボタンがなくなったことに慌てた。 もちろん知っている。 アプリケーションを終了するには、画面の下部にシュッする。 認証は、指紋ではなく、「フェイス名」ですね。

事実最初の週程度は「AssitiveTouch “を利用して、医師のホームボタンを表示しました。 操作に慣れていたので、この設定は、すぐに駅申し訳なくなりましたが、アプリスイッチャーとスクリーンショット機能も加入することができ、便利ですので、気になる人は試してください。 現在iPhoneでも設定可能です。

「AssitiveTouch “で医師ホームボタンを表示します。目的の場所に移動可能である

[設定]アプリで[アクセシビリティ]→[タッチ]をタップ。 「AssitiveTouch “スイッチをONにすると、画面に黒い丸(AssitiveTouch)が表示される。[シングルタップ]設定を変更すると、医師ホームボタンとして使用

まだ慣れていないのがAppを使用するときにサイドボタンをダブルクリックします。 ダブルクリックした後Face ID認証続くのが少し面倒です。 設定を変更することができないのですかね。

App入手時のサイドボタンのダブルクリックでFace ID認証に違和感がある

後メガネを脱いでいるときに、Face IDが効かないことが地味に失望のために “別の外観をインストールする」を設定しておきました。

[設定]アプリ[Face IDとパスコード]を押した後、パスワードを入力する。[もう一つの容姿をセットアップ]を押して設定する

ディスプレイのサイズは小さい。

仕様の表示サイズは、5.4インチ。 上から下までの対角線の長さなので、上にあるカメラを超える部分も含まれている値です。 本物の5インチ程度というのが正直なところ。 ただし、縮小されるので、情報量は変わりません。

筆者は、8 Plusで乗り換えのために気にされるだけで “7”、 “8”、 “SE(第1世代)」の方は、かなり広くなったと感じるだろう。

8 Plus(左)と12 mini(右)。仕様の5.4インチディスプレイの上部まで含めサイズ

プレビューで情報量は変わらず

暖色系の発色は「12」シリーズに新たに採用された有機ELの仕様です。[設定]アプリ[画面表示と明るさ]の「True Tone」をOFFに “白”が、標準的な設定が目に簡単に感じます。

READ  アール体高スの成長に魅了された野村は、冗長性局カムバックのチャンスをつかんだ

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close