経済

「iPhone 12 Pro」レビュー4モデルでどのようなことを選ぶのか?決定は、ディスプレイのサイズとメインメモリの容量である

2020年10月23日、Appleは、「iPhoneの12“と”iPhoneの12プロ」を国内発売した。既報通りiPhone 12シリーズは、2つの製品 “iPhoneの12のミニ“と”iPhoneの12プロマックス」を加えた計4製品を備えており、本体サイズと機能の違いはありますが、すべての新型SoC(System-on-a-Chip)」A14 Bionic」を採用することが特徴である。

4ラインのiPhone 12シリーズ。 どのような選択?

 
4製品もある失ってしまうが、各製品の違いを簡単に紹介すると、まず、ディスプレイの大きさが違う。 それぞれのディスプレイのサイズと解像度は次の通りである。
 

  • iPhone 12:約6.1インチ、1170×2532ドット
  • iPhone 12 Mini:約5.4インチ、1080×2340ドット
  • iPhone 12 Pro:約6.1インチ、1170×2532ドット
  • iPhone 12 Pro Max:約6.7インチ、1284×2778ドット

見てのとおり、iPhone、12シリーズは、4製品が、ディスプレイサイズは約5.4インチ、約6.1インチ、約6.7インチの3サイズ展開される。 iPhone 12とiPhone 12 Proは、ディスプレイサイズだけでなく、公称本体サイズも同じ71.5(W)×146.7(D)×7.4(H)mmで共通である。

iPhone 12 Pro(左)とiPhone 12(右)の本体サイズは共通である
画像集#002サムネイル/

同じサイズのiPhone 12とiPhone 12 Proは、何が違うのと、外観はケース側面の素材が異なり、iPhone 12は、アルミニウムをiPhone 12 Proは、ステンレス鋼を採用している。

iPhone 12 Proケースの側面は、ステンレス鋼を採用する
画像集#003サムネイル/

iPhone 12 Proは、標準と広角、望遠の3安息カメラを搭載
画像集#004サムネイル/

機能面に目を向けると、メインカメラも差がある。 iPhone 12とiPhone 12 miniは、標準(広角)と超広角二安息である。 したiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max標準と広角、望遠の3安息である。 また、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MaxはLiDAR(ライダーレーザーレーダー)スキャナの搭載も見どころとすることができる。

以外の違いは、メインメモリの容量も挙げられる。 Apple公式Webサイトの製品情報に含まれていませんが、海外の通信事業者と中国の情報通信行政を管轄する工業化身息化付加公開した仕様によると、iPhone 12 miniとiPhone 12容量4GB、iPhone、12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、容量6GBのRAMを準備する。
メインメモリに余裕があれば、ゲームプレイ中に他のアプリケーションで動作を切り替えるときに強制終了も発生しにくい。 メインメモリ容量の増加は、ゲーマーにも恩恵をもたらすだろう。

共通の特徴は、iPhone 12シリーズは、全モデルに5G(Sub6のみ)に対応することが大きな見どころはある。 しかし、国内では5G該当地域はまだ狭い。 地域は順次拡大していく予定だが、当分の間は、4G通信することがほとんどなので、今の時点ではあまり重視しなくてもいいかもしれない。
また、キャリアの料金プランを見ると、5G計画は、これらのデータ使用制限がないことがありますので、外でもパンパンワゲームをしたり、実況動画を見たりするのであれば検討してもいいだろう。

今まで紹介した点を勘案すると、iPhone 12シリーズの1つを選択するときに、最初に表示サイズを決定し、そしてスペックや機能で選択することが良いでしょう。 ゲーマーには、メインメモリの容量が大きいiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを選択してはならのに上位モデルは、価格がネックになる。 COVID-19で家にいることが増加している状況では、さらに、スマートフォンの予算をかけて難しい人もいよう。 このあたりは変化するライフスタイルと相談することになるようだ。

iPhone 11 Pro Maxで一回り小さいiPhone 12 Proに変更

前置きが長くなったが、筆者は、約6.1インチiPhone 12 Proを選択して、約6.5インチ “iPhone 11 Pro Max「で機種変更した。iPhone 11 Pro Maxレビュー(関連記事)で「ハイエンドのスマートフォンを毎年更新する必然性はほとんど消えた」と書いたが、いつの間にかiPhone 12 Proを手に持っていたのだ。

iPhoneの12プロ
画像集#005サムネイル/

最初は約6.7インチiPhone 12 Pro Maxを検討していたが、新型iPhoneの発表前から販売を開始するスマートフォンケースを購入しようとしたが、手にあまるサイズと判事したからである。 iPhone 11 Pro Maxにケースを使用している状況でも、筆者の手にきわどく、時には端末を落としてしまうこともあったので、今回はさらに小さいサイズを選んだわけだ。
また、iPhone 12望遠カメラを搭載していないため、iPhone 12 Proは、カメラの方が楽しむことができるだろうと考えた。 また、本体色をゴールドにしたのは、「ゴールドスモール “のような理由だけだ。

左がiPhone 12 Pro、右がiPhone 11 Pro Max。なぜiPhone 12シリーズは、乾杯カラー(ミッドナイトグリーン)がないかどうか
画像集#009サムネイル/

専用イヤホン「EarPods」やACアダプタを同梱していないため、製品のパッケージには、今までよりも薄くなった。 Appleは、環境負荷の軽減が主な理由だと説明している
画像集#006サムネイル/ 画像集#007サムネイル/

アクセサリーは、Lightning to USB Type-Cケーブルだけ
画像集#008サムネイル/

ディスプレイの表面を保護する「セラミックシールド」は、従来製品より4倍強力である
画像集#012サムネイル/

その後、レビューに入ろう。
まずiPhone 12 Proの外観で確認したい。 先に述べたように、iPhone、12 Proの公称本体サイズは71.5(W)×146.7(ディ)×7.4mm(H)mm公称本体重量は約187gである。 ケースのデザインはiPhone 4とiPhone 5、または第1世代iPhone SEのように側面が角ばったものと帰ってきた。 一方、エッジ部分は少し丸めて、持ち心地はiPhone 11に近い。

手にして、適切なわなを感じて落ちにくい印象だ。 ただし、ケースに入れて使用するユーザーも多いだろうからケースの持ち心地はあまり気にしなくてもいいかもしれない。

左側面には、ミュートスイッチとボリュームコントロールボタン、SIMスロットを配置した。側面は、ほこりが付きやすい印象だ
画像集#010サムネイル/

右側面には電源/スリープボタンのみ
画像集#011サムネイル/

搭載ディスプレイは、約6.1インチの大きさに解像度が1170×2532ドットの有機ELパネルである。 HDR表示と表示品質自動調整機能」True Tone」にも対応している。iPhone 11に比べて、ベゼル幅はほぼ同じですが、角のデザインしたもので、ベゼルが細く見える。あるカメラとセンサ類をまとめたノッチはiPhone 12度健在である。

まだパネルの発色がよく、ゲームコンテンツを楽しむことができる適切な
画像集#013サムネイル/

裏面のデザインはiPhone 11であまり変化がない。 左側には、カメラモジュール群とLiDERスキャナ、LEDライト、サブマイクロクウル備える。
 

背面には、カメラやLiDERスキャナなどを備える。 本体色は、ゴールドの場合、中央のAppleマークが理解するのは難しい。ここでは、セラミックシールドではなく、強化ガラスで保護されているようだ
画像集#014サムネイル/

周辺機器インタフェースは引き続きLightning端子を採用する。 iPad Pro 11(2020)、およびiPad Pro 12.9(2020)、iPad Air(2020)は、LightningでUSB Type-Cポートに切り替えたため、iPhone 12度脱Lightningかと期待したが、この点は変わらなかったした。 解けない。

画像集#015サムネイル/

上にアンテナ線がある

画像集#016サムネイル/

下部のスピーカーとLightningポート、マイクとの約束のレイアウトである

ホワイトバランスの精度が向上したアウトカメラ

カメラは、ゲームと直接関係はないが、日常的に使用する機能であり、気になるゲーマーもいるので、簡単に紹介したい。 iPhoneで写真の調味料は、基本的に素ぴんに近い写真編集アプリで簡単に調整することができる。

iPhone 12 Proのカメラユニットは、標準と広角、望遠の3つのカメラとLEDライト、LiDER、サブマイクウル準備
画像集#017サムネイル/

iPhone 12 Proのカメラは、ホワイトバランスの精度がより向上した。 ほとんどの場面で約見たままの映像になってくれる。個人的にiPhone 11 Pro Maxは苦手だった白米の再現性の高さが嬉しい
画像集#018のサムネイル/

このような傾向は、iPhone 12 Proでも同様であるが、従来製品に比べてホワイトバランスの精度が向上したように思う。 撮影時の画像処理A14 BionicのISP(映像 信号 進行ssor)で行われており、サードパーティ製のスマートフォンと同様に1枚の撮影データを複数のデータに分け、それぞれを処理して、1枚に統合する処理をしているようだ。

撮影時の注意すべきは、点光源が多いときである。 直進性の高いLED光を拡散させるディフューザー社措置がない場合、または重視しないか、光源があれば、フレアやゴーストが生じやすい。 しかし、高い確率で生じるわけではないので、重要な場面の撮影時には周囲の光源と、プレビュー画面をよく見て、あなたの角度を少し変えるなどの簡単な対策で解消することができるものがほとんどである。

ナイトモードの性能を向上させることができる。 東京ゲームショウとeスポーツ大会などのイベントとの相性が非常に良いが、この時代にしばらく順番はないだろう。ライトアップされたPCケースの撮影にぴったりいいので試してみよう
画像集#019のサムネイル/

周辺の深度情報を迅速に得ることができLiDARスキャナー

10月27日現在にプレステージ写真スタジオARスタジオオートモードはサポートしている。今までよりもスムーズになりそうなものなのに
画像集#020サムネイル/

LiDERスキャナの効果はどうか。 センサーに向けた周辺の深度情報を迅速に得ることができるので、ゲームでは、ARで威力を発揮するものである。 たとえばARアプリケーションでキャラクターが現実世界の物体の後ろに回ると、隠された部分が表示されないなどの動作を自然に表現することができる。
また、平面検出が迅速に実施することができるので、「Minecraft Earth」などのアプリケーションで有効である。 世界的に高いシェアを持つiPhoneにLiDERが実装されたもので、ゲームのAR機能の活用が進むものと期待できる。

iOSデバイスでLiDERスキャナの採用は2020年3月に発表された第4世代の「iPad Pro 12.9 “と第2世代の「iPad Pro 11″(関連記事)が基線をつけたのだが、どこにでも持ち歩きできるiPhoneでより利用範囲が広がる。 PCケースのような狭い空間でも使用できるので、かなり楽しい。

3D Scanner AppでPCケース内をスキャンしてみたもの。 ディテールは適当。簡単である点が何よりも大きくまた検査完了まで非常に迅速に多
画像集#021サムネイル/

画像集#022サムネイル/

インポートされたデータ

画像集#023サムネイル/

昼もLiDARによる検査は可能であり、測定範囲は5m程度であるようだ

READ  ソフトバンクは評価額約4.2兆円のArm株式売却益確保したり売却対象NVIDIAは、CPU / GPUの超大型プレーヤー| TechCrunch Japan

A14 Bionicの性能をベンチマークテストtで確認

A14 Bionic CPUコアは、2つの性能のコアと4つの高効率コアを組み合わせた6コア構成
画像集#024サムネイル/

冒頭でも述べたようにiPhone 12シリーズは、5nmプロセスで製造されるSoCのA14 Bionicを搭載している。 CPUコア数は6個で、2つの性能のコア(高性能コア)と4つの高効率コアを組み合わせbig.LITTLE構成である。
ベンチマークソフト「Geekbench5 v5.2.5」で確認された情報によると、性能のコアの動作クロックは2.99GHzであった。高効率のコアの動作クロックは不明であるが、前世代の「A13 Bionic “の高効率コアが1.8GHz駆動であったことを考えると、おそらく2〜2.1GHz程度まで引き上げているのだと考えている。
ちなみに、CPUコア内部のL1 Instruction CacheとL1 Date Cache増量されているそうで、その効果もあるのか体感レベルではA13 Bionicで1年経過しただけだとは思えないほどA14 Bionicは高速である。

今回はiPhone 12 Proの比較対象としてSoCにA13 Bionicを搭載したiPhone 11 Pro Maxと「A12Z Bionic」を搭載した第2世代iPad Pro 11(以下、iPad Pro 11)を用意した。 iPad Pro 11をドハンヌンCOVID-19の影響で家にいる時間が増えているのであれば、iPhone、代わりにiPad Proを選択するのもアリだと思ったからである。
また、iPadはiPhoneより交換サイクルが長いこともあり、パフォーマンスが高く設計されている。 スマートフォン全体の高価格化が進む中で、長い間使用することができ、コストに配慮したiPad Proを比較対象に追加するのもアリだと判断したものである。
各製品に搭載するSoCのスペックを整理すると、と同じである。

画像集#025のサムネイル/

テストに使用されたベンチマークアプリケーションはGeekbench5 v5.2.5 “3DMark Wild Life Benchmark」(v1.0.200、次の3DMark、関連記事)「Antutu Benchmark v8.3.5 “、” Antutu HTML5 Test」の5つのである。 OSのバージョンは、iOS 14.1(iPad OS 14.1)に統一している。

まず、Geekbench 5(グラフ1)でCPU性能を確認したところ、A13 BionicでSingleコア性能が約21%、Multiコア性能が約26%向上した。 また、CPUが8コアA12Z Bionicと比較すると、果たして、マルチコア性能は及ばないものの、Singleコア性能は約44%増と大幅に増加している。

画像集#026のサムネイル/

アプリ快適の指標となる「Compute」の傾向も同じで、A14 BionicはA13 Bionicより約26%高く、体感速度の向上にも納得できる。 一方、やはりA12Z Bionicは及ばない。 この点でもiPhone 12シリーズの比較対象としてiPad Pro 11とiPad Pro 12.9を上げる理由を知っている。

続いては、3DMarkのWild LifeとWild Life Unlimitedを見てみよう。 テストには、総合スコアとフレームレートを測定することでされるため、結果のグラフも総合スコア(Overall)とフレームレートの2つに分けて整理した。結果は、グラフ2-5となる。

画像集#027サムネイル/

画像集#028サムネイル/

画像集#029サムネイル/

画像集#030サムネイル/

ここでもA12Z Bionicスコアが群を抜いているが、これは純粋にGPU性能 – 具体的にはGPUコア数 – の差が現れていると考えられる。 A14 Bionicスコアは思ったほど成長したが、まだ最適化が行われていない可能性が高い。 ただし、Wild Life Unlimited結果を見ると、A13 Bionicで当たり前の性能向上を確認することができる。

ちなみに3DMark Wild Lifeを連続的に実行すると、スコアが最初に実行するときに(左)から200程度低下する。 10回連続見ても6600台から落ちる気配はなかった
画像集#031サムネイル/

Antutu BenchmarkはA14 BionicのCPUスコアがA13 Bionic以下しまった。 GPUやUXスコアは当然のように向上していますので、CPUのパフォーマンスを測定に問題がある可能性が高い。 また、メモリの性能を示すMEMスコアがA13 Bionicに比べて約76%と大幅に向上したが、メモリの情報があまりにも少ないので、なんとも言えない結果になっている。 体感速度に基づいて考えると、その程度の性能向上があるかもしれないという程度がいる。

画像集#032のサムネイル/

Webブラウザで実行できるHTML5バージョンのテストAnTuTu HTML5 Testでは、アプリケーションのバージョンのAntutu Benchmarkとは異なり、iPhone 12 Proが最も高いスコアを示している。

画像集#033サムネイル/

ゲームは快適にプレイ可能ですが、FPSは発熱が少し気になる

ゲームのプレイフィールも見てみよう。 普段ならデプレステージでテストをしたいところだが、プレイして左手親指に痛みが走るようになってしまい、医師からリズムゲームでの検証をしばらく控える知られている。
痛み右手でSMARTモードと難易度TRICKをプレイしてみたが、映画やドラッグして取得漏れは確認されない。 また、3Dリッチ連続プレイを見てももたつきもなく、背面の温度上昇もわずかだった。

「Call of Duty Mobile」や「PUBG Mobile」はどうだろうか。
PUBG Mobileは、高グラフィック設定することは可能ですが、画質設定の「品質」を「FHD」に「フレームの設定」で40fps表示の “超”に設定すると、動作がやや不安定になり、カメラを大きく動かすと、露骨にフレームレートが遅くなることを確認した。

PUBG Mobileは、「品質」を「FHD」に「フレームの設定」で40fps表示の “超”に設定すると、フレームレートが安定していなかった。クオリティを「HD」に設定を詰めていくのがいいようだ
画像集#034のサムネイル/ 画像集#035のサムネイル/

逆にCall of Duty Mobileは、「グラフィックスの品質」と「フレームレート」を最高にしても特に問題なくスムーズにゲームを楽しむことができた。とにかく、この2つのタイトルもiPhone 12シリーズに最適化さ徐々に進行されていくので動作に不安定なところがあっても、現在ではあまり気にしなくてもいいだろう。

Call of Duty Mobileレンダリング品質とフレームレートを最高にしてもスムーズにプレイすることができた
画像集#036のサムネイル/ 画像集#037サムネイル/

また、上述した2タイトルは、1セット遊んだ時点で、背面の温度上昇が明確になった。 連続再生もパフォーマンスの低下を感じることはできませんが、気になるという人は、熱特性が良いケースを選択するか、ケースから取り外すプレイするといいだろう。

筆者はiPhone用ケースにRazerの “Razer Arctech Pro」を愛用している。本ケースは、このケースでは、多くのスマートフォンに対応したバージョンが熱伝導層と通気孔から効率的にスマートフォンの熱を排除します。熱による性能低下に見える事件と遭遇することがほとんどなかったため、iPhone 11 Pro Maxバージョンに続き、iPhone 12 Pro版を購入した。

画像集#038サムネイル/

Razer Arctech Pro for iPhone 12 Pro。ケースの底部に通気孔を備え

画像集#039サムネイル/

ケースの内側にある緑色の部分が熱伝導層である

また、iPhone 12 Proの性能面のゲームを楽しむために問題があるが、約6.1インチという画面サイズは多少狭いと感じる人が多いかもしれない。 海外スマートフォンゲームフォントサイズが小さくボタンの数が多いタイトルが目立つ。 UIのサイズ調整機能があるタイトルであれば、調整すればよいが、物理的に指で隠れる部分はどうにもならない。 FPSやTPSを頻繁にプレイする場合は、画面サイズが大きいiPhone 12 Pro Maxを選択するといいだろう。

「ファイナルギア – 重装戦姫 – 「格納庫画面」の部品改造」と「整備」を押し間違えやすい
画像集#040のサムネイル/

2〜3世代前の端末を使用している場合は、iPhone、12 Proに機種変更を推奨

iPhone 12 Proは、これまでのiPhoneシリーズと同様に、安定したゲーム環境を得ることができる端末がある。 ベンチマークテストの結果を見ると、iPhone 11、iPhone 11 Proなど、前世代モデルを使用している場合、機種変更しなければならないと断言することはできませんが、メインメモリの容量を考慮すると、起きての余地はある。
ゲーム中に他のアプリケーションを起動したとき、頻繁にゲームタイトル画面に戻ってしまうことがストレスであれば、機種変更を検討してみるといい。 たとえば、iPhone 11 Pro Maxは、カメラを開始させると、ほとんどのゲームタイトル画面に帰ってしまった。 筆者の場合、「ロマンシングサ・ガリユニバース」プレイ時にiPhone 12 Proに変えた効果を強く感じる。

一方、iPhone XS以前端末を使用しているのであれば、機種変更をお勧めしたい。 iPhone 12シリーズSoCは共通なので、ディスプレイのサイズとメインメモリの容量に基づいて、自分に合ったモデルを選択してください。 また、最近では、ゲームアプリだけでなく、動画をはじめとするビジュアルコンテンツを、ファイルサイズが巨大化しているので、記憶容量は256GBまたは512GBを選択するのが良いだろう。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close