経済

「Japan 2 Earth」、より良い地球のための産業間、国境間の協力を促進

私たちの地球は限界に達しています。 最近世界各地で観測される異常気候はその証拠で十分だ。

日本は気温が35°C(95°F)を超える爆炎を経験しています。 台風ではなく集中豪雨で日本の多くの地域が浸水し、莫大な被害を受けました。

一方、ヨーロッパは500年ぶりに最悪の干ばつに直面している。 穀物の生産を減らし、人々の生活を脅かす大規模な山火事を引き起こしました。 同様の現象が米国でも観察された。

それだけではありません。 巨大な地震と火山爆発、コロナ19の現代的な感染症、大規模な戦争が世界を混乱させました。 この特別な時代に、私たちの地球と未来を守るために何かをしなければなりません。

この切迫感を刺激したのは 日本フォワード 1年半の準備の終わりに、新しいウェブサイトJapan 2 Earthを立ち上げます。 ウェブサイトは、日本と海外の同じ考えを持つ協力者やパートナーに近づくために、日本の環境イニシアチブに関するニュースを提供しています。

8月16日、 産経新聞 は「新しいウェブサイトでSDGsに向けた日本の環境イニシアチブを共有します」という記事で、日本2アースの発売を発表しました。

JAPAN Forwardは第二次世界大戦終戦記念日を迎え、ここにリンクされた記事でもリリースを発表しました。

なぜ日本2地区なのか

Japan 2 Earthの目的は、地球のために行動する協力者とパートナーネットワークを構築することです。 日本の市民、コミュニティ、企業、組織の物語を共有し、地球環境を保護し、持続可能な開発目標(SDG)を達成するためのイニシアチブに関する情報を共有します。

プラットフォーム名の後ろに隠された意味は、「日本は地球と世界のために何ができるのか」という質問です。 ロゴは日本の国造であるキジを折り紙スタイルでデザインしました。

Japan 2 Earth の編集長 Susan Yoshimura は米国出身で、英語と日本語の両方を話します。 ウェブサイトは2つの言語で提供されていますが、吉村は情報を英語で提供することの重要性を強調しています。

「日本の革新的な環境技術、アイデア、環境保護のための伝統的な方法の再発見は海外で広く知られていないので、情報を英語で提供することが特に重要です。」

吉村は英語で情報を提供することで、プラットフォームが日本だけでなく海外でも活動を促すことを願っています。

取締役会代表大田秀明 日本フォワードプラットフォームの実行については、次のように説明します。

広告

北朝鮮参加:拉致問題解決のための外交の新しい視点

「日本の経済成長の間、日本は世界最高の省エネ技術を開発し、「mottainai」の概念を広めました。 [don’t make waste] 社会全体を通して。 その先見の明と知恵を再発見して世界と共有する時が来ました」

ラオスで発見されたインパティエンス属の新しい種の植物。 このように美しい花を咲かせる植物もまだ発見すべき種が残っています。

海外に手を伸ばして

Japan 2 Earthは、将来のための行動に活力を注ぐ多くのインスピレーションを提供します。 ある記事は、ベトナムの汚染問題に日本の技術を適用する可能性を探るハノイの日本のビジネスマンについてです。 もう一つの記事は、埼玉市役員が日本のノウハウをラオスの国際水道プロジェクトに適用することです。

発売2週間も経たないため、ジャパン2アースの協力会社は「特定団体の利己的な意見に振り回されず、高い自由度で運営されるのがジャパン2アースの魅力」と話した。

このプラットフォームは、英語で情報共有を促進し、異種産業間のコミュニケーションを促進することで、パートナー間の共生関係を育成する上で重要な役割を果たすことが期待されています。

ますます混乱している世界では、日本は国際社会の信頼を得て、世界とより深い関係を築くために努力しなければなりません。

私たちは、パートナーと一緒に、日本が地球のためにできることを探り続けることを願っています。

Japan 2 Earthと一緒に炎の飛び散るアクションに参加しよう!

日本2地区は同時に発射されました。 日本フォワード様の5周年。 プラットフォームはパートナーや協力者と協力して、地球の未来のための革新的なプロジェクトを開発します。 パートナーになりたい、もっと詳しく知りたい場合は、ホームページにアクセスするか、03-3275-8511に電話してください。

9月12日、次の号をご覧ください。

関連:

(日本語欄を読む このリンクから.)

著者:ナイトヤスオ、JAPAN Forward編集長

READ  Valuence Japan Nanb​​oya, BRAND CONCIER ラグジュアリーブランドグッズやその他品目 全購入量を含め、日本の5つのカテゴリーでNo.1に認定! | ビジネス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close