技術

「Microsoft Flight Simulator」の更新VRをサポートします。 いくつかのヘッドセットも楽しめるリアルなコックピット気持ち| AUTOMATON

マイクロソフトは12月22日のフライトシミュレーションゲーム “Microsoft Flight Simulator「更新」Microsoft Flight Simulator Virtual Reality」を伝達した。 VRに正式対応が開始され、無料アップデートで楽しむことができる。 この機能は、すべてのVRのユーザーがアクセス可能にすることを目的とし、その装置も幅広い。 HP Reverb G2などのWindows Mixed Realityに対応したヘッドセットはもちろん、Oculus・Valve・HTCなどのサードパーティ製VR機器も利用することができる。 また、Windows Mixed Realityヘッドセット以外のVR機器を利用するときは、プラットフォーム全般にVRを利用可能にする標準的な「Open XR」をインストールすることが必要です。
 

 
機能動画は、フランスの開発者Asobo Studioが保有する拡張現実の専門部門Holoforgeが「Microsoft Flight Simulator」のVRを紹介しています。Holoforgeは、ビデオゲームの他にも、航空業界とテーマパーク、博物館など、様々な分野での技術を発揮してきたスタジオである。長い間培ってきたノウハウを武器にHoloforgeコックピットで操縦で雲海に至るまでのすべての要素をVRに導入しようと挑戦します。まず、ゲームエンジンにステレオレンダリング(両方に対応した描画)機能を追加してVRに対応させる必要があった他のレンダリングを犠牲にすることなく、CPUとGPUの負荷を軽減する技術を利用して細かいグラフィックでのVR対応を実現している。

VRモードでは、ゲームパッドとマウス・キーボードなどの各種インターフェースで操作が可能。 実際にコックピットにいるような臨場感を維持しながら、3D空間に投影されたマウスカーソルとミニマルに表示された操作毒して、快適な相互作用が可能となっている。 地図や天気予報などのウィンドウを空中に表示されており、移動とサイズ調節も自由自在。 リアルでありながら、どこかSFチックなパイロット気分を味わうことができるのだ。

公式サポートによると、「Microsoft Flight Simulator」でVRを楽しむための必要/推奨仕様は以下のとおりです。
 

 
必要な環境:
OS:Windows 10(November 2019 Updateのバージョン1909)
DirectX:DirectX 11
CPU:Intel i5-8400または同等
GPU:Nvidia GTX 1080または同等
VRAM:8GB
RAM:16GB
HDD:150GB
通信速度:5Mbps

推奨:
OS:Windows 10(November 2019 Updateのバージョン1909)
DirectX:DirectX 11
CPU:i9-9900Kまたは同等
GPU:Nvidia RTX 2080 Tiまたは同等
VRAM:11GB
RAM:32GB
HDD:150GB
通信速度:20Mbps
 

 
また、既知の問題としてOculusを使用している場合、画面が黒く表示される場合が発生し。 この場合、デバイスのソフトウェアを最新のベータ版にアップデートすることで解決することができる。 また、HDRを有効にして、イエロースクリーンブラックスクリーンが表示される問題も。 ここでは、現在の修正に着手しているが、現在のVR使用中HDRをキャンセルすることをお勧めされている。詳細については、公式フォーラム確認してください。


READ  Xbox Series Sは、すぐに各種ゲーム機のエミュレータが動作可能 - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close