経済

「NHK受信料徴収に郵便局職員が個別訪問 “武田総務省がとんでもない提案」悪名高い同士組んでどのように!」と猛批判(2):J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

NHKと総務省の「受信料引き下げ」バトルが激しくなっているように見えるが、どうやらこちらは携帯電話料金の引き下げバトルに比べると総務省側に「本気度」が足りないと思った。

そんな中武田良太総務省のとんでもない発言が飛び出した。

「NHK受信料徴収の個別訪問に郵便配達を使用すると、されている “

である。 郵便局職員の個別訪問に関しては、かんぽ生命の不正事件が大きな問題とされた直後。 ネット上では、

「NHKと友情のグループ悪名高い2つの個別の訪問を組むとどのようにして?」

ととんでもない声が殺到している。

  • NHKの公式サイト「NHK受信料のご案内」

  • NHKの公式サイト「NHK受信料のご案内

「郵便局がNHKに手を貸し、地域の人々から恨まれる “

前田晃伸NHK会長(NHK公式サイトで)

前田晃伸NHK会長(NHK公式サイトで)

武田総務省の「郵便局職員を戸別訪問に使用」は「アイデア」は、前田晃伸NHK会長の検討方法と正面から対立するものである。ネット上では、このような批判が起きている。

「かんぽ生命に信用が失墜している状況の中で、郵便局がNHKに手を貸し、さらに人気を失って、荷物の受領をしていない人がたくさん出てくること。また配達も郵便局職員に会わないように「外部に置いて」とので、郵便局職員がかわいそうです。郵便局も、より人気がないますますヤマトと佐川急便に切り替え人々が多くなりそうです。」

「NHKはいくら国民から嫌わも、無理に受信料を徴収して無理にお金を稼ぐことができますが、郵便局は国民から嫌われたら、他の競合他社に顧客を奪われるその後、郵便局職員は、自分の会社でもないNHKのためにストレスが大きく増えるものである。この提携は、郵便局やそこで働く従業員に弊害にしかならない」

「ドアの前で「NHKなんか見えません!」 「勝手に電波を垂れ流れが、お金チュウィハルワ!」「契約した覚えはありません!」とキットと狙って怒らせる理由郵便配達スタッフがそのような損な役割をしなければならないのか? 今まで気持ちよく挨拶してくれた地域住民にも敵対関係になってしまう。 申し訳ありません」

「年賀状の販売ノルマさえ郵便局職員受信料業務を担当することには。配達員はそのような時間がない。いくらメールが減っているとはいえ、バカも休み休み言え!現場は考え “

個人情報保護法の問題点があると指摘する声も多かった。

「日本メールが所有しているお客様の個人情報は、(1)郵便物などを配信するために、(2)貯蓄口座・保険契約を管理するなどして保有している。受信料徴収のために使用する目的外使用で個人情報保護法違反になることができる。ただでさえ「かんぽ生命の問題」様々な骨を折ったお客様とのトラブルの原因を増やして、どうすれば “

また、武田長官の目的をこう推測する意見もあった。

「本音を明らかに言ってください.NHKに不満を持って見てい契約をしていない人は、支払いを拒否している人の居住を確認しやすく、取締役にも逃げられないようにするためだ者。ふざけるなと… …話ですよ。放送法が制定された時代と現代の通信環境が違いすぎる契約の意思の尊重もなく、契約の自由度はない。ここで公平性があるか」

「武田総務相は細孔を翻弄していないスクランブルを狙え」

武田総務相は、このようなペテンをせず、NHKの「スクランブル放送化」を目指すべきだという声が圧倒的に多かった。

スクランブル放送は契約した人だけがTVを視聴することができるシステムのこと。 日本ではWOWOWなどBSやCSの一部のチャンネルで実施されている。 政府は、スクランブルに反対の立場である。 また、NHKは公式サイトで「よくある質問なぜスクランブルではないか」について約こう説明している。

「公営放送として、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報と豊かな文化を育む様々なプログラムを、誰にでも提供する役割を担っています。また、緊急災害時には大きく番組編成を変更します。スクランブルを導入すれば、ちょうど「一般的な」プログラムに偏って放送法が歌う「健全な民主主義の発達」の問題があります」

スクランブルを望む声は、このような意見に代表される。

「いろいろな対策を翻弄せずスクランブルする終わることの国民の「NHKを見ない自由」「必要のないものにお金を払っていない権利」を認める。」契約をしたり、しなかったりの自由」がないなんて、社会主義国か。 公共交通機関も公共インフラでも使用するかどうかの自由があります。 公営放送であるため、受信料を制御することができるという理論は距離ません.NHKなどと比較することができないほど重要な電気・ガス・水道・電話さえ利用しなければ料金がかかりません。 なくても困らないNHKのみを使用しなくても料金を取ることは納得できません。 “

携帯電話料金の引き下げにあれほど無理な方法を利用した菅政権がなぜNHKに甘いのかという指摘も多かった。

「民間企業の携帯電話会社に非常に資本主義、自由主義国家の政治家とは思えないの介入、圧力を加えたものだから、NHKには薄っぺらな受信料引き下げの程度は、国民が納得しない。鉄道、電信電話、転売工事、友情などが民営化を推進し、国民に貢献したように、NHKの分割と民営化を推進してもらいたい.NHKは公営放送だと公務員の平均給与である傘下には営利目的の企業を複数抱えている “

「NHKは「公営放送」から「公共メディア」に進化を強調している。テレビの次の収益源として「放送」と「通信」の融合を実施している。」TVとインターネットの同時配信 “環境が整えば、インターネット利用者から受信料を徴収する目的である。人口減少時代なのにNHKの権益は果てしなく大きく拡大しています。毎年7000億円程度の受信料収入不透明な子会社等の経営実態が利権化している可能性があります。株主総会のような受信料負担によるガバナンスはありません。利権に群がる政治家・管理…そして収益拡大を図るNHKのトライアングルが形成されています “

NHKの受信料苦い思い出を持っている人が多いようだ。

「単身赴任2年したとき、家に居住者がいないのに赴任施設や家庭の受信料を支払った経験者です。後で知っ返還要求したときにNHKで「家にテレビがあれば、居住にかかわらず、受信料を支払う義務がある」と返すことができません “

最後に、この言葉を紹介したい。

「武田総務大臣に言いたい。お母さんが郵便局に行ったとき局員に「隣の家も受信料を支払っている」と話して変形手続きをしましたが、近所の人を聞いてみると、「払っていないだろう」と郵便局にだまされたと母は怒りしていた。詐欺師顔負けの郵便局職員がいるのは事実だが、なぜそのような郵便局職員にNHK受信料を任せるのか。総務大臣、スマートフォン値下げ件は良かったが失望だ」

(福田男の子)

READ  「半沢直樹」の「倍返し」犯罪スレスレだった? ドラマで話題のシーンを現役銀行が解説 - エキサイトニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close