技術

「No Man」s Sky」から「双子の星」発見される。ジェットパックの惑星間の移動や雪だるまの惑星など珍が発見| AUTOMATON

今回の大型アップデート配信された「No Man」s Sky(ノーマンズスカイ)」で既にユニーク発見した。 3.0になる更新」ORIGINS」は、自動生成の星をさらに多彩にする要素が満載。新しい地形・気候・生物など数多くの変化がもたらされた。また、銀河の惑星生成も進化しており、繰延別・三連星等の特殊な星が作られている。

海外掲示板Redditユーザーo0BaBaBoOeY0o氏が発見したのも、そのようなバイナリの1セット。 しかし、二つの惑星は非常に接近しての間の距離はわずか1000u。 氏が一方の惑星に着陸したが、水平線の上にもう一つの地平が反転し、成長幻想的な風景が広がっていた。 o0BaBaBoOeY0o氏は特異な惑星間の移動を敢行。 船を使わず、体一つでジェットパックだけで、他の惑星の飛ん移動台ジャンプに挑戦した。 果たして肉眼で見るより遠くに時間がかかったが、ジェット推進力も利用しながら、見事に香りの惑星に着陸に成功した。 途中スタンバイ構成が変わる瞬間など興味深い映像とすることができる。

双子の星が発見されたのに対し、いわゆる「シャム双生児」の惑星も発見されている。 Redditユーザーpineapplenate氏は二つの惑星が近すぎる」埋もれている」状態のバイナリを発見した。 やや小さな惑星大きな惑星にくっついた状態は、まるで雪だるまのようにのような姿である。 外信PCゲーマー記者は報告があったバイナリのために取材を実施。 先輩のように惑星間のジャンプに挑戦している。 距離が近いほど、こちらが簡単に見えますが、スタンバイ構成による視認性行動で苦戦しているようだ。 試行錯誤の末、ここ地球で大きなジャンプは「可能である」という結論が下されている。

「立ち寄り星」の出現自体は数年前から確認されていたが、彼らはModを入れたによる故障の産物だった。 今回はRedditユーザーPC Gamer記者双方の環境では、同じ双子の星が確認されているため、自然発生した可能性が高いとすることができる。 「ノーマンズスカイ」といえば変種惑星のシェアもコミュニティを盛り上げた要因である。惑星の生成の変化が多彩になった更新」ORIGINS」の実装をきっかけに、まだ新しい発見が出現するかもしれない。


READ  スマートフォンやタブレットを持ち運びやすい軽量バッグ "Atom X Sling」| ライフハッカー[일본 판]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close