技術

「The Elder Scrolls VI」のXbox / PC独占販売は「想像するのは難しい」MicrosoftのBethesda引数を受けて開発院トップコメント| AUTOMATON

マイクロソフトは、9月Bethesda Softworksの親会社ZeniMax Mediaを買収することで合意したと発表した。 Bethesdaは傘下に8つの開発スタジオを持つパブリッシャーであり、誰もが知っているフランチャイズを多く抱えている。 したがって、今後の作品は、Xbox / PC用の独占タイトルがあるかどうかは、ゲーマーに気になるところだろう。 これに対してBethesda Game StudiosのゲームディレクターTodd Howard氏がコメントしている。

外信GamesIndustry.Bizインタビューに答えたTodd Howard氏は、まず、今回の買収の合意のためのゲームコミュニティの反響の大きさは想像以上だったので、驚いたと述べた。 ただし、多くの人々が積極的に取り入れていますので、幸せに感じているとした。

一方、前述したように、排他的なタイトルになる可能性の懸念を持つゲーマーもいる。 マイクロソフトのXbox事業責任者Phil Spencer氏は、以前、すでにPS5の期限独占が発表されている “Ghostwire:Tokyo」や「DEATHLOOP」については、その契約を尊重し、将来的にケースバイケースで判断するしていた。Howard氏は詳細についてはまだ包装されていないし、マイクロソフトの一員としてケースバイケースで対応することになるだろうと同調した。

ただ彼は現在、マイクロソフトでは、以前には考えられないほど開放的な姿勢を取っている点にも言及している。 たとえば、自社タイトルである「マインクラフト」と販売を担当した「Cuphead “” Ori」シリーズはXbox / PC以外にも発売している。 GamesIndustry.Bizこのような中、マイクロソフトがあえて「The Elder Scrolls VI」を独占することは考えにくいのではないと質問した結果、この作品の開発を担当しているHoward氏は、「私も想像難しい」とコメント。どこまで、彼は私見として「The Elder Scrolls」シリーズの最新作は、マルチプラットフォームになるではないかという考えを示した。

マイクロソフトに買収後もBethesdaは自らのタイトルは自社で販売する予定だ。 その会社の重要人物がプラットフォームを限定することは想像しにくいしたのは注目に値する発言だ。 しかし、そのプラットフォームのような大規模な戦略は、マイクロソフトのポリシーも強く影響を与えるだろう。 ただし、現時点では「ケースバイケース」しているだけである。

Phil Spencer氏は、海外メディアKotakuとのインタビューで、「The Elder Scrolls VI」をPlayStationプラットフォームで発売していないし、今回の買収にかかる75億ドル(約7840億円)を回収できるのかと問われたら “Yes”と即答。一方、他のプレイヤーベースでゲームを扱うための引数はないと言及した。

また、海外メディアGameReactorとのインタビューで、今回の買収は、まだ規制審査完了を待っている段階であるため、今Bethesdaの経営陣と将来について協議することは違法になると述べた。 具体的な言及を避けているのは、そのような背景もあったのだ。 「The Elder Scrolls VI」や「Starfield」などBethesdaの新作がどのように展開されていくのかが明らかになるのは、少なくとも引数が完了予定2021年度下半期まで待たなければならないようだ。


READ  スマートフォン版「ドラゴンクエストモンスターズ2」最強クラスの新しいモンスター情報が公開。 特殊4章配合でマジェス・ドレス何を仲間にしよう

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close