エンターテインメント

「THE W」会見で決勝の期待が交差、吉住「顔ファンを増やしたい」(会見レポート) – 笑いナタリー


602

今日10月29日、「最も面白い女性」を決定する大会「女性芸能人No.1決定戦THE W 2020」決勝進出記者会見が都内で開催された。

「女性芸能人No.1決定戦THE W 2020」の決勝戦。前列左から織田上田、Aマトソ、ゆりやんレトリィバーァ、はなしょス​​パイク。後列左からTEAM BANANA、上がる塾、漬け、吉住、アンチョビアンチョビ。

大きいサイズで見る(6件)

今年は過去最多の646組のアイテム。既報の通り決勝のAブロックは、チームバナナ織田上田アンチョビアンチョビ漬けスパイク、B、ブロックはAマトソゆりやんレトリィバーァ吉住はなしょ上がる塾の順に材料が披露する。

上がる塾

上がる塾[확대]

会見では、上がる塾アンリが「田辺さんのおかげでここまで来ることができました。 」と言って、田辺本人は「まあね」とニッコリ。桐谷はライバルを尋ねると、「Aマトソ氏」と答えアンリも「笑いの服用が一緒に「同意する。 Aマトソカノは「全く芸風しまうやないか!こんなスローテンポで話したことない!?」と驚いていた。

そんなAマトソは2017年の第1回大会以来、3年ぶりに「THE W」参戦。村上は「最初の絞りの気持ちクウィクワ行きたいすですね」「新鮮なハムスター宝石です」と意味不明なコメントを連発してカノで「面白すぎて伝わらない人ですよ」と補足される。また、カノは「普段から仲の良いメンバーが多いが、本番は関係なく殴らます」「いわしいわしは無料なので、漢方です」と敵意を表わす。アンチョビアンチョビ・カタクチイワシは「うちら元スパンキー(プロダクション)やぞ!」とメンチを切っがカノで、「マッサージやめたオフィス言わなかったですね!」とすぐにツッコミやされた。また、いわしは、「前年同期のガラスじゃないレトリィバーァに応援コメントを受けたものですが、出場する方向になってしまったので、今年は松竹芸能の風穴あけるズ氏にコメントを受けようと思っています」と語ったている。

左からアンチョビアンチョビ、上がる塾、漬け、Aマトソ。

左からアンチョビアンチョビ、上がる塾、漬け、Aマトソ。[확대]

第二の決勝進出となる漬けクマ元プロレスは「ハイヒールリンゴさんに、「あなたたちは今年ないだったらホンマにもう無理店で」と脅していたため、決勝に行くことができ、本当に良かった。 ざまあみろ考えるした」とAマトソカノから」「ざまあみろ」を使用合わないよ」とタックルが入ってくる。一方、ノンは「お金がすごく欲しい」「脂肪吸引を考えています。 皆が考えているよりも、服脱いだら報告された経体型です」と言いながら、「今年の巨人師匠からは「そのままその通り」とした。このような声もある」と付け加えて笑いを誘っていた。

また、決勝進出第二吉住は「本当にうれしい。本当に優勝したい。前回大会で「かなりかわいいと思いました」というDMをたくさん受けたので、今回も顔ファンを増やしたいと思います(笑)」と冗談調和をいう。 また、以前の敗因を「子供たちに理解しにくい材料をした」と分析して「子供たちが拍手笑いする材料をしたい」と嘘か本当か分からないトーンで話した。

「決勝進出が決まったとき、誰に報告しましたか?」と質問した織田上田上田は「三浦マイルドさんに連絡をいっぱいしました!」と返し」「ライブ飛び方」と嫌なことばかり教えてくれるクソ先輩が大好き!」とラブコールを送る。 一方、織田は終始ぼんやり姿で周囲は「話し方そう言わない」「山から降りだけ?」とザワザワ。 ざっとイ・ジアされた彼女はやっと発汗は「優勝すれば、「ZIP!」にしていきたい」という単純な夢だった。

はなしょ・セイコーは「今年は、このような世の中にため笑いをやれ機会が少なかった。このような舞台に立ててもらうとてもうれしいです」とサバサバ言っ相手の鼻を「100点満点のコメント。 私はもはや言う必要ないですね。 びっくりした」と慌てている。また、聖者は「昨年の敗因は、目の前の1000万円に目が見えすぎた。 今年は単純な面白い材料をすることが目標」と意気込み。周囲から「材料書かれていないですよね?」「材料を使っていないのに目が遠いんですか?」と嘲笑を飛んで本人は「何か言っています。」と気だった。

材料の順序抽選で魔術師のマネをした弾力的に順序が書かれた紙を破ってしまったガラスじゃないレトリィバーァ(右)。 織田上田上田(中央)から

材料の順序抽選で魔術師のマネをした弾力的に順序が書かれた紙を破ってしまったガラスじゃないレトリィバーァ(右)。 織田上田上田(中央)から「度精液リッピングいるんじゃないの」とタックルが入った。[확대]

「THE W」初代女王に参戦ガラスヤーンは、会見中ボケまくり。第1回大会の賞金は、「鼻に詰まった」と述べたライバルは「マイケル・J・フォックス」を挙げている。TEAM BANANA山田は「ずっと準決勝で脱落し後輩がますます売れていった。 最近売れた後輩の厄介な顔をしていたので、決勝ができて本当に良かった」と喜びの表情を浮かべる。相手・藤本は「本当に泥水をすすっている芸能人がまだ優勝していなかった。 今までの女王はややメディアへの露出があったから。 その意味で、本当に優勝しなければならないのはTEAM BANANA一つ織田上田劇場の芸能人に夢を与えたい」と空腹姿勢を見せた。

「まだ夢を見て感じて」というスパイク松浦は「神保町花月に鍛えられた演技力もコント生きていると思いますので、ぜひそこに注目していただきたい」と述べた小川も「念願中の念願のため優勝です!」と気合十分。また、松浦が「TEAM BANANAはデビュー当時から女性芸能人だけのライブなどでずっとされていた。横澤夏子おかずクラブ、3時のヒロインが売られて抜けていく中で、即興も飛び出しもせず、常にずっと一緒にいる二組2組決勝に残っているのが感無量」と熱い絆を明らかにすれば、ゆりやんは「非常に感動」と発言するが、周囲から「本物!?」と疑った。

「女性芸能人No.1決定戦THE W」の決勝戦は12月14日(月)に日本のTV系列で生放送される。女性芸能人たちの戦いに続く注目しよう。

この記事の画像(合計6個)

(c)日本のTV

READ  庵野初監督作「トップをねらえ!」全6話一挙劇場公開 - AV Watch

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close