エンターテインメント

「THE W」脱落もゆりやんを「唯一の芸能人」と呼びたい理由(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース

優勝は逃した…

[사진]ゆりやん圧巻…!決勝のメンバーはTEAM BANANA、織田上田、アンチョビアンチョビ、酢漬け、ターリー七面鳥、Aマトソ、ゆりやんレトリィバーァ、吉住、はなしょ、上がる塾の10組。 今年は新型コロナウイルスに感染したお笑いコンビ・スパイクが出演を保留次点だったターリー七面鳥が代理で進出した。 優勝したヨシジュミウン1番目に「野球の審判を務める女性の悲恋」、第二に、「銀行強盗が駐留する緊急事態に支店長に告白する女性行員」を演じコントを披露した。両方の状況設定と展開、キャラクターが優秀だった。そのほか、映像を活用した斬新な漫才を見せたAマトソ犯人に拘束された人質が「おいしそ〜」「かわいい〜」などの感情を爆発させて展開が跳躍するコントに熱狂織田上田などすべてのペアも材料のレベルは高かったが、その中でも圧倒的な存在感で異彩ことが有利じゃないレトリィバーァ(以下ゆりやん)であった。ゆりやんは、長いお茶の間の愛を受けているアニメ「サザエさん」のイソカツオに扮 “いいえ、姉は大きな間違いをしているうわ〜」というフレーズを繰り返し、「カツオ言葉と言っていないと言う “をひたすら責めるコントローラに挑戦した。まるで優勝など眼中にないかのように強心臓性能であった。決勝は進出していなかったが、彼女の周りを巻き込み圧倒的な「力」を感じている。その魅力について改めて考えてみたい。

「THE W」初代チャンピオンが付いている武器

READ  「私の祖父母の戦争」:ヘレナボナムカーターと2次世界大戦の家族の歴史に関するより多くのスターたち| おもてなし

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close