経済

「Windows 10 October 2020 Update」で確認された問題は、3〜手動アップデートの場合は、注意を – 視聴者の森

「視聴者の森」では、ニュースレビューにとらわれない幅広い話題をお届けします。

Windowsリリース情報ページ

 「Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)」が公式発表れました。 早速試してみたいというユーザーもいると思いますが、気になるのアップグレードに関する問題ですね。 「October 2020 Update」に関する問題は、次の記事にまとめています。

今まで4犬ができるが、このうち1件は、欠陥というよりドライバの検証を強化による影響に注意を喚起させることが実質的には3つ。 「May 2020 Update」と「October 2020 Update “は、”使用可能パッケージ」と呼ばれる小さなパッチ機能のON / OFFを行っているだけなので、既知の問題「May 2020 Update」で確認された不具合と同じです。

「Conexant ISST “オーディオドライバの更新の問題(調査中)

「Conexant ISST」オーディオドライバを搭載したデバイスで、「Windows 10のバージョン2004」更新中・アップデート後、エラーや問題が発生する可能性がある。 「デバイスマネージャ」の「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」の下に「Conexant ISST Audio “または” Conexant HDAudio Driver」と呼ばれるデバイスがある場合は注意。 ファイル名が「uci64a96.dll」から「uci64a231.dll」までのファイルのバージョンが7.231.3.0より低いことは問題の影響を受ける可能性がある。

この問題の影響を受けるドライバーを搭載したWindows 10のデバイスには、 “October 2020 Update」の供給を一時停止する措置がとられている。 問題が解決するまで、手動でアップグレードは推奨されない。

特定の「Conexant」オーディオドライバの更新の問題(調査中)

「Conexant “または” Synaptics」オーディオドライバを搭載したデバイスは、ブルースクリーンエラーで停止することができる。 「デバイスマネージャ」の「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」の下に「Conexant HDAudio Driver」と呼ばれるデバイスがファイル名が「chdrt64.sys」または「chdrt32.sys」でファイルのバージョンが「8.65.47.53」「8.65.56.51 」または「8.66.0.0」から「8.66.89.00」とされていることが該当する。

この問題の影響を受けるドライバーを搭載したWindows 10のデバイスには、 “October 2020 Update」の供給を一時停止する措置がとられている。 問題が解決するまで、手動でアップグレードは推奨されない。

日本語・中国語で「Microsoft IME」でさまざまな問題

「October 2020 Update」で日本語・中国語で「Microsoft IME」を利用する際の入力に問題が発生したり、予期しない結果が表示されるか、テキストを入力することができない場合があるという。 影響を受けるのは、クライアントOS「Windows 10のバージョン2004」以降とサーバーOS「Windows Serverのバージョン2004」以降のみ。 他のバージョンに影響を与えない。

同社は、解決方法は、一時的に「Microsoft IME」を以前のバージョンに戻す方法を説明している。

タスクバーのIMEアイコンを右クリックして、[설정]メニューを選択

「設定」アプリが開いたら、[全般]セクションに進んで

一般的なセクションを下にスクロールし、「互換性」の欄にあるオプションを有効に

そのこれとは別にリストに記載されていないが、「May 2020 Update」で確認された問題で、次の2つの方法があります。 これらも「October 2020 Update」に影響を与えることができるため、アップグレードには注意が必要です。

READ  Pixel 5 Qi対応機器に無線電力がある「バッテリー共有」機能を使ってみた - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close