世界

【動画】トランプ敗北極右 “誇りボーイズ」は、どのように出るかリーダー他リオさんに直撃:東京新聞TOKYO Web

14日、米国ワシントンで大統領選挙の結果について話極右組織「誇りボーイズ」のリーダーのエンリケ他リオさん

米国の首都ワシントンで14日、集まったトランプ大統領の支持者の中には極右組織「誇りボーイズ」の集団を見つけた。 トランプが9月の候補討論会で白人至上主義と関連して批判を避けるどころか「降り待機せよ」と指示したグループである。 選挙が終わっても活動を続けるのはなぜ? グループのリーダーエンリケ他リオさんに尋ねた。 (ワシントン岩田仲弘、写真も)

◆胸に、そのマークの鼻とモテ男…

多くのカード支持の中で黒いシャツとミリタリーベストを着た重そうな男性集団がひときわ目立っていた。胸には、有名な英国のファッションブランド「フレッドペリー」のロゴと似ている黄色の月桂樹月桂樹が刻まれている。

誇りボーイズに違いない。 なぜ – 。

フレッドペリー会社は、今年9月に、黒地に黄色のラインとロゴをあしらった会社のTシャツを誇るボーイズが均一扱っていることに強い不快感を示し、1年前から米国で同種のポロシャツの販売を停止することを明らかにしていたからである。

鼻とモテ男に話しかける」私は言うことができない。彼に聞いて」と一言。 指で示した方向にサングラス姿の他リオさんがあった。

◆武器の代わりに取得され

誇りボーイズは9月西部オレゴン州の武装した誇りボーイズが「新左翼の扇動」とみなす黒人差別抗議デモと衝突している。

「武器は持っているのか」と尋ねた。 すると、最高の胸ポケットを指摘し、「(武器の代わりに)レッドブル(エネルギードリンク)を持ってきた」と返してきた。

それでも「人を驚かせている」と回すと「全く理解できない。この素晴らしい仲間たちが人々を脅かしているとすれば、それは私たちの問題ではなく、一人一人の解釈方法の問題である」と反論した。

エンリケ他リオさん

エンリケ他リオさん

◆「メディアが結果を決定するのか」強い口調

米メディアによると、他のリオさんはフロリダ州出身。 自らを「アフリカ系キューバ人」とヒスパニック2018年からグループのリーダーを務めている。大統領選挙と同時に実施された下院選挙に共和党から出馬を一時模索したことが分かった。

13日には、民主党のバイデン前副大統領が獲得選挙人の数を過半数を大きく上回る306人まで増やした。 “なぜ結果を認めていない?」と質問する覆うように、「結果は確定したのか。それはメディアが決定のか。選挙は終わらなかった。私は透明性が必要だと言うのは、まさにそのようなことだ」と強い口調だった。

他リオ氏は抗議の理由を「脚注が正しく集票の結果を示してい “数字の矛盾」を正さない限り、現段階の結果は認められない」とのに絞っているようだった。たとえば、「中西部ウィスコンシン州で投票率が90%なんてありえない」と指摘した。これは、トランプ陣営の主張と同じである。

◆遅延戦略も限界敗北宣言するなら?

しかし、「投票率90%」公式数字ではない。 米国メディアの事実確認によると、投票当日までの合計投票数(約328万票)を前日までに選挙登録者数(約360万人)に分けた数字が独歩ている。 USAトゥデイによると、「投票率は分母を、選挙登録者数ではなく、一般の有権者数(約454万人)で揚げる “で、実際の投票率は70%以上になり、告発は「エラー」とみなすれている。

トランプ陣営ウィスコンシン再検査を要求する方針だが、現在のバイデン氏に2万票の差をつけられて逆転も不可能と思われる。 もはやトランプの遅延戦略には限界がある。 もし敗北を宣言すると、どのようにするのか。

他リオ氏は「バイデン政権の開始は、4年間の社会主義体制の開始」と強調した。 また、「私たちは、バイデン政権が実施する一つ一つの政策について、これより攻撃的で活発な抗議活動を行う」と述べた。


READ  愛犬の「ARゴーグル」が開発されている - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close