sport

【小倉夏Jレース後のコメント】スプリングボックスの森一馬騎手たち| 競馬ニュース – netkeiba.com

勝利の森一馬騎手(c)netkeiba.com撮影日:2020年1月11日


小倉8Rの小倉夏ジャンプ(障害3歳以上J・GIII・芝3390m)は、2位スプリングボックス森一馬騎手)が勝利した。 収益タイムは3分42秒0(良)。 1マシン半差の2着に3番人気ブレーキスピアまた、1マシン1/4遅れ3着に8番人気一日キーストーンこの入った。

スプリングボックスこのリッド・寺島良い厩舎6歳牡馬で父ハーツクライ母セカンド怒鳴る時(母父新堀盗後)。 通算成績は40戦6勝。

レース後のコメント
移動1つスプリングボックス森一馬騎手
「有力馬を見ながら、自分のリズムでレースを行うことができました。前走後放牧に出て良い状態で失速に戻りました。牧場、厩舎スタッフ誰もがこの暑い夏の調整をうまくたのが、今回の勝利の最大の要因である “

2つの動作ブレーキスピアクマー中国語ライダー
「自分のレースができたし、いつもより妥協もしっかり付いていました。3コーナーでソラを使用するところがありました。でも(勝ち馬から)1飲んだ1/2差で努力しています “

3数一日キーストーン難波タフネスライダー
「知力がありますね。前半は思ったほどゲートを出せずに後ろからされました。慌てて仕方がないと思ってリズム重視で移動しました。正面の連続障害もよくこなしてくれた。決して反応が良いとは言えない中で、少しずつ足を伸ばしてしました。ラストは、以前馬の脚が上がって掛けているのを見て何とか…と思ったが、3着でした。しかし、オープンで4勝しているだけです」

4つの動作マイチャンネルリオン平沢健二ライダー
「途中進んでいないところがあり、後半おつけおつけました。数自体は、福島では、私に乗って勝った時に良い感じています。しかし、このメムボイ暑いラストまで耐えてくれたのは、知力の証拠です」

5着同着田川野口ルナ北沢伸也騎手
「久しぶりの方噛みすぎました。たすきまでかなりかかっていたから、ラストは我慢しました。これで排気されるといいですね」

5着同着まくりライジング小野寺ユタライダー
「会員に展開が早くなると予想している。米勝利戦で勝利した時ラスト良い脚を使用していたため、じっくり移動しました。今日のように流れに乗ってリズミカルに運べれば4歳なので、今後期待される ”

ラジオNIKKEI

READ  マックスフェルースタトペᆫ "メルセデスとサウルヌン考えていなかった」/レッドブルホンダF1トスカーナGP予選後のコメント[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close