理科

【必見! 超レア現象]12月21日に木星と土星は約800年ぶりに最接近! 逃す次は60年後… | ガジェット通信GetNews

流星群や月食など天文観測はロマンと驚きに満ちて興奮よね。

今回ご紹介するのは、約800年ぶりに木星と土星が最接近する非常に珍しい現象! この機会を逃す次見ることができるのは、60年後…とうことで、逃さない手はありません!

「コンジャンクション」という現象

この現象自体は、約20年周期で訪れる現象で、土星と木星が重なって見える現象であるが、今回の場合は、そのアクセス状況は非常に近いらしく最後に、この現象が報告されたのは、1226年3月の夜明けだったし、日本は鎌倉時代でした。 失神程度の遠い昔ですね。 木星と土星の最接近(惑星の最接近)は、 “コンジャンクション」と呼ばれており、非常にまれな現象であるそう。

二つの惑星が重なったときにどのような外観をするのか気になりますね! ?

木星と土星は今年夏以降に徐々に近づいていたようで、12月16日〜25日まで、より接近した。 南西の空の地平線近くに日没後約1時間の間にラインを見えるようになるとします。

空が暗くなり始めた頃、木星と土星はかなり低い位置にあります。 南西方向の空を開いた、眺めの良いところで観測することが推奨されます。

最接近するのは12月21日

最接近するのは12月21日冬至。 二つの惑星の間隔が月の見かけの大きさの20%という超大型のアクセスが前後数日天体望遠鏡のような視野で見ることができるとします。

ここでは、天文ソフト「ステラナビゲータ」によるシミュレーションビデオ。 徐々に近づいて21日に惑星が重なることを確認することができます。

望遠鏡で見ると

天体望遠鏡で天体観測と土星と木星は、それぞれ別々に見る必要があるが、最もアクセスこの時期には天体望遠鏡では、一度に土星と木星を把握することができます! 天体望遠鏡がある方は、ぜひご覧になって見てください! !

次見ることができるのは、60年後に

次木星と土星が大接近するのは2080年3月15日。 その次は2400年になるとされています。 珍しい現象はいくつかありますが、そのような中でも、さらに珍しい現象であることを知ることができますよね。

気になる方は、この機会をぜひお見逃しなく! 外出して観測するときの防寒ソーシャルディスタンスなど徹底したから楽しむことができるようにしましょう。

¯¯¯¯¯¯
出典:YouTube(2020年12月、木星と土星の超大型アクセス(宵空外観))

関連記事リンク(外部サイト)

役に立たないことを意味する「好き」その由来は新聞記者の?
母が知らない間に4歳の息子が母親のスマートフォンでとんでもない年齢をした!
伝説の勇者のみ分離することができる聖剣エクスカリバーされない場合は、「聖剣カツオキャリバー」が話題!

READ  地球の生命は月の磁場も守られながら誕生したのかもしれない| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close