スポーツ

【東京盃レース後のコメント】ジャスティン戸崎ケータライダーたち| 競馬ニュース – netkeiba.com

戸崎ライダーのエスコートで重傷2勝目を飾ったジャスティン(c)netkeiba.com撮影:高橋正和


7日、キュウリ競馬場(天候:雨、馬場:良)で開かれた第54回東京盃(JpnII土1200m)には、14匹が出走(9番フランシスコ醍醐はレースを除く)壊れたうちの最後の1番人気だったジャスティンJRA)が3番目で押し切って1分10秒8の時計で勝利した。

中団進行した7番人気ブルドッグボス(浦和)が解雇差の2着に入り、1/2馬身差の3着は直線力強く追い込んだ3番人気コパーノキトキングJRA)が入った。開始から遅れ2番人気マテーラスカイJRA)は、11着に終わった。

勝ったジャスティンオルフェーヴル母シナスタージア(母父Gone West)という血統でスリット・矢作克人厩舎所属某4歳、栗と言う。 通算成績は18戦7勝(うち地方3戦2勝)。同じステージで開かれた今年の春東京スプリントその後、重傷2勝目を記録した。
 
<레이스 후 관계자 코멘트>
移動1つジャスティン 戸崎慶太ライダー
「砂を被らない位置に行きたいと思っていました。行く言葉がたくさんありますので、どうかと思いましたが、良い形で行われました。馬場は水分を含めて全残りが多いが、走りやすいのかなと思いました。違いはそれほどありませんが、先頭に立って遊んでいるところもあったし、後ろが来ればまた反応していました。非常に健康的な話を聞いていたので返し馬から落ちないように気をつけました。良い言葉走る感じがありました。キュウリに重傷2勝であるため、相性がいいのかというと思います。私は復帰してお客様がいる中で乗ったのは初めてだったが、多くのファンの方々が感じになっており、また、最善を尽くしています」

矢作克人トレーナー
“ライダーが上手だと思います.JBCを強く意識していたので、ここで勝た優先出走権を獲得したいと思ったので、良かったです。ゲストがあったので心配していましたが、不安があったから、非常に良い感じでした。1段階目は良いが、2段階目の乗り場があるので心配していましたが、そこキュウリにあった戸崎ライダーがよく処理しました。最後は何とか根もらっ考えた。連休分停止しました、次は良くなると思います。JBCスプリントを目標としているので、取りに思います。 また、応援よろしくお願いします」

2つの動作ブルドッグボス 騎兵
「転移速かったです。このような馬場につながるからです。若いお母さんが台頭している中、高齢者でもよく優れています “

3数コパーノキトキング 藤田菜七子ライダー
「前回あげてくださった時に比べてテンションが高い感じがありました。ゲートから動いて上出るような感じの開始になったので、それが惜しかった。東京スプリント時て行っ終えるを甘くので、画像に足を集めたいと思っていました。 集めたほどよく成長したが、悔しい競馬れました。同じ舞台JBCスプリントに良いイメージをつかむことができました。 次の続く競馬ができたと思います」

4つの動作ラプス 幸英明騎手
「1200mでもスピード負けていませんでした。かかるシミ程度の速度が.1200mも行くことができるとします。私のフレームが合って楽に行くことができればよかったですね」

(取材:米田健康)

ラジオNIKKEI

READ  レッドブルF1、通常「フェスタッドペᆫヌン今季のオープンに失望している」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close