経済

【西和久の不定期コラム】シリーズ最上位で最高のカメラの画質! Apple「iPhone 12 Pro Max “

Appleは、10月13日にiPhone 12シリーズを発表した。 iPhone 12 12 Proは、10月23日から販売開始12 miniと12 Pro Maxは少し遅れて11月13日から販売開始された。 編集部で最上位の「iPhone 12 Pro Max」が送られてきたのとほぼ同時に、筆者が購入した実技も届いたので、少し実用的な評価報告書をお届けしたい。

iPhone 12シリーズ最大だが、最強の一つ!

今回のiPhone 12シリーズは、最初に書いたように、12と12 Proは、10月23日から販売開始12 miniと12 Pro Maxは、11月13日から販売開始と2パターンに分かれた。 筆者が所有するiPhoneの最新はX. X→XR→11、さすが3世代空のために今年(2020年)は、購入することを決定した。

元望遠あまり使用していないため、12 miniに良いかと思いましたが、Pro系のみProRAW対応と発表。 RAWは使いたい。 「じゃあ12 Pro」に隣接ようなところだが、12 Pro Maxのみ広角センサーサイズが約47%増加し、手ブレ補正もセンサーシフト光学結局全部入り12 Pro Max(グラファイト/ 128GB)を予約開始と同時に申請した。

ローン件は予約前に話があったので(この時はまだ12 miniまたは12 Pro Maxまたは未定だった)結果的に2台の装備だ。 貸出機パシフィックブルー/ 512GB。 どのか悩ん色でもある(笑)。

iPhone 12シリーズの各モデルの主な違いは、大きさ、それに伴う重量/バッテリー容量の12系は、メモリ4GB、Proシステムは6GB(プライベート)と、カメラがされている(12、12 miniのカメラは同じ)。 パネルは、すべてのOLEDである。 はじめに12 Pro Maxは、最大サイズで、最大のパフォーマンス。 主な仕様は以下の通りである。

Apple「iPhone 12 Pro Max」の仕様
SoCA14バイオニック
メモリ6GB(プライベート)
ストレージ128GB / 256GB / 512GB
それほどiOS 14
ディスプレイ6.7インチOLED、2,778×1,284ピクセル、458ppi、広色域ディスプレイ(P3)
ネットワーク2×2 MIMOをサポートWi-Fi 6(802.11ax)、Bluetooth、5、NFC(FeliCa対応)
SIMデュアルSIM(Nano SIMとeSIM)
対応バンド(モデルA2410)5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n38、n40、n41、n66、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1,2,3,4,5,7,8,11,12,13,14,17,18,19,20,21,25,26,28,29,30,32,66 71)
TD-LTE(バンド34,38,39,40,41,42,46,48)
UMTS / HSPA + / DC-HSDPA(850,900,1,700 / 2,100,1,900,2,100MHz)
GSM / EDGE(850,900,1,800,1,900MHz)
インターフェースLightningコネクタ、ステレオスピーカー
センサーFace ID、LiDARスキャナー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
位置情報内蔵GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou、デジタルコンパス、Wi-Fi、携帯電話通信、iBeaconマイクロ位置
カメラ背面:超広角:1,200万、f / 2.4絞りと120°の視野角
広角:1,200万、f / 1.6絞り
望遠:1,200万、f / 2.2絞り
LiDARセンサーシフト光学式手ブレ補正/広角、光学手ブレ補正/望遠True Toneフラッシュ、夜間モードでは、Deep Fusion、HDR 3
フロント:1200が、f / 2.2絞り
夜間モードでは、Deep Fusion、HDR 3
小包性/耐水性/防塵性能IP68等級(最大水深6メートルで、最大30分)
バッテリ駆動時間ビデオ再生:最大20時間、動画再生(ストリーミング):最大12時間オーディオ再生:最大80時間。 無線充電(Qi充電器サポート最大7.5W、MagSafe最大15W)
サイズ/重量約78.1×160.8×7.4mm(幅×奥行き×高さ)/約226g
シルバー、グラファイト、金、パシフィックブルー
その他Type-C / Lightningケーブル部品、MagSafe対応
別途、価格117,800円/ 128,800円/ 150,800円

SoCはA14 Bionic。 11系はA13 Bionicので、1世代に進化した。 5nmプロセスで製造されており、2つの高性能CPUコアと4つの高効率のCPUコア、GPU 4コア、Neural Engine 16コア。 会社によると、A13 Bionicと比較して、チップの性能が40%高速なGPUコアは、30%高速化されていること。

メモリは非公開だが6GB。 ストレージは128GB / 256GB / 512GBの3種類用意されている。 OSは、iOS 14.ディスプレイは6.7インチOLED、2,778×1,284ドットで458ppi。 広色域(P3)である。 ネットワークは、2×2 MIMOをサポートWi-Fi 6(802.11ax)、Bluetooth、5、NFC(FeliCa対応)。 そして、もう一つのNano SIMスロットとeSIMでデュアルSIMれる。

対応するバンドは、表を参照していただきたいが、既存のLTEまで追加5G支えられた。 しかし、ミリ波に未対応である。 個人的には両方まだ時期尚早しばらくLTEで使用すると良いだろうと考えている。

インタフェースはLightningコネクタ、ステレオスピーカー。 センサーはFace ID、LiDARスキャナー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー。 位置情報は、内蔵GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou、デジタルコンパス、Wi-Fi、携帯電話通信、iBeaconマイクロ位置を搭載している。 また、カメラには、別途説明する。

充電は、有線だけでなく、Qiによる無線と、磁気的に吸着するMagSafe。 電子は最大7.5W、後者は最大15Wと充電時間が異なる。 付属のケーブルは、Type-C / Lightningに変更された。

予防沫性能/防水性能/防塵性能はIP68等級で最大水深6mで、最大30分。 バッテリ駆動時間のビデオ再生:最大20時間、動画再生(ストリーミング):最大12時間オーディオ再生:最大80時間。 色はシルバー、グラファイト、金、パシフィックブルーの4色。

そしてサイズは約78.1×160.8×7.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量約226g。 12 Proが約71.5×146.7×7.4mm(同)、重量約187g(12サイズは同じ重さ162g)。 12 miniの場合、約64.2×131.5×7.4mm(同)、重量約133g。 厚さだけだが、サイズ/重量はかなり異なることがわかる。 ちょっと面白いのは、12 12 Proの大きさが同じだと言うだろう。 カメラの構成は異なりますが、同じケースを使用することができる。

別途、価格は容量別117,800円/ 128,800円/ 150,800円。 Androidのハイエンドも10万円を超えるため、特に高いわけではない。

元筆者は、カメラの設定の違いからiPhone 6 Plusのような大規模な分を使用していたので、12 Pro Maxが特別大きいとは思わなかった。 また、比較写真掲載が、現在メインで使用しているXperia 1 IIのものの高さが少し高く、これも大きく考えていなかった要因の一つでもある。

幅は、ドアの写真から分かるように、男性の手のサイズにギリギリですがなんとかなる範囲である。 それよりも重量が実測227gは、長時間片手で操作して、かなり重く感じる。 ここでは、許可するかどうかで、12 Pro Maxまたは他の12系となるのか。 量販店などで実機を確認してください。

ボタンの配置はiPhone X変わらず(SIMスロットのみの反対側に移動)。 ただデザイン的にX / XR / 11は、エッジが丸いが、12シリーズは、平らにして、5s前に帰ってきたわけだ。 個人的には4S / 5時代のデザインが好きだったので嬉しい変更でもある。

質感は、ステンレス鋼と質感のマットガラスの裏面から無敵。 物が高級感も十分である。 パネルは、Ceramic Shieldという素材が使用されて落下性能が4倍に増加している。 表面を爪などで叩くと、Xは重い感じのコンコンと音が12 Pro Maxのより軽い感じのスマート鳴る。 筆者は歴代スマートフォンを含む落としパネルを割ったのはないが、私たちにはこれが最もポイントが高いと考えるる。

ディスプレイはHDR、True Tone、広色域(P3)200万:1のコントラスト比、最大輝度800cd /平方m(標準)/最大輝度1,200cd /平方m(HDR)。 文句所のない性能に実際にきれいである。 また、色域が同じMacBook Pro 16(2019)で同じ画像を表示するときのような色になりますので、非常に心地良い。 団地内の指紋と油コーティングされている比較的指紋跡はかなりつく。

サウンドは、11シリーズでLightning / 3.5mm変換ケーブルが付かなくなり、Lightning接続イヤホンで変更されたが、12シリーズは、ACアダプタ/イヤホンがなくType-C / Lightningケーブルのみになった。 したがって有線接続のイヤホンは、視聴していないスピーカーだけ音を確認した。 スマートフォンのスピーカーでは音たっぷりも十分。 以上を必要とする場合、Bluetooth接続などの外部スピーカーを使用するものである。

すべてがシリーズ最強のカメラ

3つの背面カメラはすべて1,200万画素の出力画素数3,024×4,032ドット。 他社で時々見られるレンズによって画素数が変わるわけではない。 EXIFによると、超広角(f / 2.4)/焦点距離2mm(35mm換算14mm)広角(f / 1.6)/焦点距離5mm(35mm換算26mm)、望遠(f / 2.2)/焦点距離8mm(35mm換算64mm) 。 12 Proの違いは、望遠(f / 2.0,35mm換算52mm)である。 LiDAR搭載や夜間モードが全体レンズ対応になったこと同じだ。 しかし、12 Pro Maxは、広角センサーが約47%大きく、しかも手ブレ補正がセンサーシフト光学れる。

カメラ。 左が望遠、右が広角、中間超広角右奥の黒いものがLiDAR

ざっくり12 mini、12,12 Pro 12 Pro Maxカメラの違いはこんな感じだ。 つまり、すべてがあることを望む12 Pro Max一択される。 筆者が今回の12 Pro Maxを購入した理由も、この1点。 ただ正直なところ、ProおよびPro Maxは11 Pro / 11 Pro Maxのように画面サイズが、違いのカメラの性能は同じであってほしいした。

超広角。 焦点距離2mm(35mm換算14mm)

広角。 焦点距離5mm(35mm換算26mm)

遠く見ている。 焦点距離8mm(35mm〜64mm)

撮影モードは、低速スロービデオ、写真、肖像画、パノラマ。 このうち人物のみ超広角を使用することができない(LiDARがありますので、使用もいいような気もするが)。

設定は設定/カメラである。 形式:高効率(HEIC)/互換優先(JPEG)動画撮影:720p HD 30fps / 1080p HD 30fps / 1080p HD 60fps / 4K 24fps / 4K 30fps / 4K 60fps / HDR / FPS自動調整/カメラロック、スローモーション撮影:1080p HD 120fps / 1080p HD 240fps、ステレオ音声録音の設定を保持音量を上げボタンをバーストに使用QRコードをスキャンします。

構図はグリッド、フロントカメラを左右のフレームの外側を見ることができます。 写真撮影はシーン検出より速い撮影を優先レンズ補正、スマートHDR。

写真/編集、フィルタ、傾き/回転だけでなく、調整の自動露出、光沢、ハイライト、シャドウ、コントラスト、明るさ、ブラックポイント、彩度、活気、暖かい色合い、シャープネス、精密今回ノイズ除去、小物……など様々なでは、微調整することができる。 RAW撮影がなくても、とんでもないしなければ見え破綻することもなく、ある程度調整することができるので、ありがたい。 縦モードは、ピンの位置/ボケ状態、照明などが後で調整可能である。

写真モード

縦モード

人物/写真アプリで表示

人物/写真/編集/光源(スタジオ照明)影少し締め

なお、掲載している写真は、すべてHEICで撮影されたが、Web掲載について “iMazing HEREINコンバータ“を使用してJPEGに変換する(Keep EXIF data、Quality:90%)。あらかじめご了承ください。

余談だが、Windows 10、Microsoftが “HEIF画像拡大“を無料で配布して、これをインストールすると、HEICの写真をそのまま見ることができる。しかし、今回の発見したが、人物モードで撮影した写真のみ開いていなかった。iPhone SE縦モードでは、まともなので、iPhone 12 Pro(Max)固有の問題なのか。

カメラの動作自体は、とにかくサクサク撮れてすぐに確認も可能ストレスフリーである。 AFもLiDARがあるので、暗い場所でも迅速かつきっちり決定される。 手ブレ補正もかなり効果がある。 ただ(iPhoneの問題はありませんが)、望遠は、スマートフォンの形状で35mm換算64mmであり、普通にある非常にプレビューがフラフラする。 適切にすることをお勧めしたい。

図3月にレビューしたiPhone SEと比較すると発色が同じような傾向(iPhoneのような色)がハイライト/シャドウ細かい描写などが確実に見えレベルアップしている。 果たしてたところか。

作例を36枚掲載ので参照されたい(昼15個、夜15個、屋内6章)。 基本調整は、露出補正くらい。 超広角、広角、望遠、ポートレートモード、夜間モードなどを現場に応じて使用している。 スマートHDRは選択された。 どんなシーンでも、シャッターボタンを押すだけでこれだけ撮るのだから、本当にびっくり(実は露出補正はほとんどない)。

ただし、今回のハイエンドなので、少しドライで書くと、夜景の幽霊がかなり撮れる。 HDR効果があり、あまりにも奇妙な絵があるパターンもある(本来影になる部分が明るすぎ)。 このており、この気になった。

別途人物(モデル:茜音子さん)でフロント超広角/広角/望遠も掲載した。 縦モードを使用したが、チョグァンガクヌン非対応である。 また、超広角はかなり暗いところでカメラの向きによっては、夜間モードになったりされなかったり。 作例もf / 2.4,1 / 13秒、ISO1000と闇を知ることができる。 カフェで撮りも、場所は桜ヶ丘カフェなのに、天気の良い日も室内はかなり暗い。 それでもこれだけ写っている。

フロント/縦モード

背面/広角/縦モード

背面/望遠/縦モード

背面/超広角(微光縦モードではない)

ところが、12 Pro Maxで広角センサーが約47%大きくなり、他のモデルとの画質の差は……というところだが、実際に筆者が撮影比べていないので、他の遺物を見る限りだが、一般的な環境は、(おそらく)変わらない。 デジタルカメラは、センサが大きくなると、それだけ色も良くなるというのが定説だが、どうやらAppleは、意図的に12シリーズの色を保有している雰囲気だ。 は大きくなった利点は何ですか尋ねる暗い環境でも安定した撮ることができるよう調整していると思われる。

確かに普通の環境ではこれだけ撮るなら、あえて大きくなった利点をより振ることもあるだろう。 特にiPhoneの場合は、「写真/カメラに慣れていない普通のの人や、シャッターボタンを押すだけできれいな写真を撮る!」を売ってとしているので、なおさらだ(もちろんよく撮ればよく撮る)。

余談だが、この夏の海に行った時、同僚から海を背景に記念撮影していたが、材木座午後から海を背景にすると、完全にデ逆光。 人優先であれば、背景は白飛び海/空まずはなら人は真っ暗……考えていた。 しかし、後でInstagramに上がった写真を見てびっくり! 適切海も人も撮ることができる。 スマートフォンはiPhone 11 Pro Maxだったが、公害と思った。 iPhoneは、これらのカメラには過酷な環境でもよく撮れることを目指している。 したがって+αの性能は、より困難な条件に配分するのも納得がいく。

個人的にはiPhone X以降Huawei P20 Pro、P30 Proの「鮮やかな色」モード “華やかで高コントラスト」が好きで愛用していた。いろいろな事情でP30 Proを使用することができなくなったため(P20 Proは果たして今となっては遅い)、Xperia 1 II(docomo版)に置き換えたが、これもHuaweiほどではない、どちらかといえばポットきりますの画像を作成している。

詳細については、iPhoneは6以降の近くで誇張せずに自然な感じの色に変えてきた(5sとかは派手だった記憶が)。 だから、少し眠い感じで華やかさもない。 逆に言えば素材重視するため、後でどうでもいい料理が透けている。

だから気になるのは、年末に発売予定のProRAWある。 撮ってJPEGのとAppleの味がありますが、RAW現像とは、少なくとも、ホワイトバランス、露出、彩度などを調整することができており、お好みに仕上げることができます。 加えて、背景ぼかしと(領域指定)HDRの程度などを調節したりしたいプリセットで一発現象できるかどうかは、アプリケーションが標準のカメラ/写真もう一つマニアックな別個のか……など “もカメラPro(Max)でしょう!」になることを期待したい。

動画に関しては、筆者が普段使用していないので、試し程度であるが、このカメラの色に加えて、光学式手ブレ補正の効果も良く非常に安定した撮影が可能である。 また、12シリーズのすべてで、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影が可能。 機会があればグラビア作品のようなものを撮ってみたいところ。 4K 24fps映画のようで味ある。

クイックスタートでサクサクiPhone Xの環境を継承

今回の設置は、水中にiPhone Xが残っていたので、最初クイックスタートを書いた。 ただし、すでにiOS 14.2が出て、Xが14.2であったこともあって、一応12 Pro Maxを初期化では何も同期しない開始(iOSは14.1)、OSのアップデートで14.2にした後、再初期化を実行している。

方法自体は簡単で、指示通り、2台のiPhoneを操作(同じWi-Fiに接続)配信開始、しばらくしてコピーが終わる。 その後、必要に応じて最新バージョンのアプリが自動的にダウンロードされますが、壁紙、アイコンの配置、ID /パスワードを含むアプリケーションの設定など、ほぼ全自動である。 いくつかのID /パスワードが引き継がれなかったのは再入力。 残ったのはSuicaとLINEされる。 Suicaは、XのWalletから分離、12 Pro Maxに登録すると、残金を含む簡単に切り替えることができた。

最後に残ったのは、まだスマートフォンでは、1端末縛っているLINEある。 このため、複数のスマートフォンを持っていても楽にSIMを交換して使用することができません。昔から困難存在となっている。 取締役自体も面倒な手続きが必要です。 失敗し、データが飛んだ! 話もよく聞く。 少なくとも基本は一つであるが、複数のスマートフォンでタブレットやWindows / macOSだけでなく、新しいアカウントを作成することができませんが使用できるようにしてほしいところである。 現在Xperia 1 IIとどちらをメインにしたり、しようとしていることによって、まだLINEのみを移行しません。

SIMは、せっかくeSIMに対応しているので、入れてみようかと思ったが(私の使用でIIJmio eSIMサービスデータプランゼロとdocomoの併用がいいでしょ)今年は外出することも少なく、Wi-Fiルーターで使用しているOCNモバイルONE(SMSあり/ LTE)パケットを存分に残っているので、一度これを使用することを決めた。設定会社のサイトからプロファイルをダウンロードインストールするだけで簡単である。 冒頭で述べたように、iPhone、12シリーズは、5Gに対応しているがミリ波に未対応。 いざ5Gもまだスペースが非常に狭い。 したがって、しばらく(来年いっぱい?)は、LTEをそのまま使用する予定である。

以前端末で環境移行をしないときは、初期起動時にホーム画面2画面。 Dockに「電話」、「Safari」、「メッセージ」、「音楽」のホーム1番目の画面に「FaceTime」、「カレンダー」、「写真」、「カメラ」、「メール」、「時計」、「地図」、 「天気」、「通知」、「週」、「株価」、「北」、「App Store」、「Podcast」、「TV」、「健康」、「ホーム」、「Wallet」、「設定」2回目画面に「ファイル」、「検索」、「ショートカット」、「iTunes Store」、「翻訳」、「コンタクト」、「Watch」、「チップ」、「Apple Store」、「Clips」、「GarageBand」「Keynote “、” Numbers “、” Pages “、” iMovie “ユーティリティフォルダに「ボイスメモ」、「コンパス」、「測定」、「計算機」……される。

iOS 14このウィジェットをホーム画面に置くかAppライブラリを使用できるようになったが、基本的な初期起動画面は従来通りである。 ストレージは512GBの14.1GB使用された(若干のスクリーンショットを含む)。 OSは、発売直後の更新が出ており、適応するiOS 14.2され、試験も、この状態で行なっている。

A14 Bionic搭載でさらに快速!

ベンチマークテストは、肝臓移植が、「Geekbench 5」と「Google Octane 2.0」を使用した。GeekbenchはSingle-Core 1,595、Multi-Core 4,121、Compute 9,383。Google Octane 2.0 58,529。カッコ内はiPhone SE(A13 Bionic)のスコアとなる。

比較もないが、A14 Bionicを搭載したiPhone 12 Pro Maxのほうがスコアを伸ばしていることがわかる。 このスコアの一般的なCore iマシンよりもはるかに速い。 ここまで速いなら、Android搭載スマートフォンで、いくつかの実装しているデスクトップモードも希望感じがする。

バッテリーベンチマークテストでは、明るさ/ボリューム50%、Wi-Fi経由でフルHD動画フルスクリーン連続再生を行った結果、約10時間電源が落ちた。 仕様にビデオ再生(ストリーミング):最大12時間なので、これに近い形である。 すでに6日程度使用していますが、心が悪くはないが、とてもいい感じでもない。

Geekbench(1/2)シングルコア1,595(1,324)、マルチコア4,121(2,587)

Geekbench(2/2)コンピューティング9,383(6,336)

グーグルオクタン2.0.58,529(48,154)

明るさ/ボリューム50%、Wi-Fi経由でフルHD動画をフルスクリーン連続再生約10時間

以上のようにApple「iPhone 12 Pro Max」は、名実共Phone 12シリーズの最上位モデルである。速度、カメラ、パネル、サウンド……すべてのさすがの完成度。唯一のサイズと重量(価格もあるだろう)がウィークポイントになる。12 mini、12,12 Proの違いは、カメラが。最も用途(記号)に近いモデルを選択してもあるだろう。

とにかくも「iPhone 12であれば、すべての真っ最中iPhone 12 Pro Max一択」と思っているユーザーにぜひ使っていただきたい一つだ。 気になるProRAWに関しては発売後の機会があれば、別の記事にしたいと考えている。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close