スポーツ

【阪神JF】メイケイエルは「つよかわ “武英トレーナー「今回はずば抜け中間の調整」/トレーニングセンターで秘話| 競馬ニュース – netkeiba.com

おば一族の血統をメイケイエル(c)netkeiba.com


SNSで「かわいい」と人気ソーダ時勝手嫉妬を感じている。 もちろん記者が「かわいい」としたいわけではない。このような “ペク一族」(=母系に白毛馬白雪姫)の血統をメイケイエルにも注目していただきたい。

「私たちは、白はないが、白毛一族ダウン品があり女優である。 足つき、馬房の身だしなみ草を食べる行動一つ取って、高度なんですよ」

笑顔でこう話すのはメイケイエルを管理する武英トレーナー。途中の妥協をアウトしながらも、力でとバルをねじ伏せる。 そんなレースで見経イメージとは対照的に、普段の姿は非常に扱いやすいスマート氏に聞いたようだ。

「いわゆるツンデレ人でしょうか。レースもかかってムキになってというよりは誠実すぎだからグッド行っている感じです」

このように、競馬から見える前進の勢い溢れる走りは「全話を欠かさなければ」という彼女の生真面目な性格の表現。 人間の世界でも、普段おとなしいのに、仕事になると人が変わったように懸命に働く。 そのような女性が周りにいるのは? ドラマに例えるならば、NHKの朝ドラマ「エア」で二階堂ふみさんが演じた音のようなキャラクターだろうか。

個人的には下痢妥協不足も勝つんじゃないか、無限な可能性に期待しているが、陣営の観点から見ると、「競馬はそんなに甘くはありませ “本音だろう。 したがって妥協の改善のために、中間も様々な工夫をしている。

「普段の前にパートナーを置いて身につけたり、様々なコースで乗るています。この途中で交差鼻革を着て、ハミもダブルジョイントで単一のもの(水勒ハミ)に。 前抑制時の頭を上げるようなところがありましたが、今では高い位置で我慢できるようになっています」は、担当吉田助手。

よくトレーニングセンターの関係者は、妥協のない状態を類推アクセルとブレーキを同時に踏むて車を運転しているようなものである。 それだけ損失が多く競馬ですでに重傷を2つも勝って言葉をスムーズに移動することができた場合….一体どのようなパフォーマンスを見せるのか、楽しみ仕方ない。

状態面にも「最近3試合すべてに良好なパフォーマンスを示しているが、中間の調整という意味では、今回が群を抜いています」と武英トレーナー。これならソーダ時と「白い頭一族対決 “がまた白熱することは間違いないだろう。

同じ “白雪姫一族」のメイケイエル熱心にして「つよかわ “走行もぜひ声援を送っていただきたい。

(レットの馼王奴・西谷哲夫)

東京スポーツ

READ  東京オリンピックに別の問題がある:森社長

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close