sport

【Jリーグ】J1第16節の試合結果ゴール動画スタッドまとめ| Goal.com

[J 리그 (J1) 경기 결과 요약]9月12日から13日まで開催された明治安田生命J1リーグ第16節の結果まとめリスト

明治安田生命J1リーグ第16節9試合が12日、13日、各地で行われた。

清水1-2鹿島

第6戦勝利なしで5連敗で17位を沈め清水に5試合無敗4連勝をしている鹿島。 対照両者の前は前半から可視の上昇が著しく現れる結果となった。

鹿島負タイム直後29分、レオ・シルバが直接垂直に審判と無料でされていたエブウェラウもこのトラップ仕上げ。 エブウェラウものシーズン10発目にとげが先制に成功した。 先制した6試合で5勝1分けの無敗を誇る鹿島ゴールからわずか3分後に派手な崩壊から最後はまた、この聖真が直接撮影します。 とげがきれい連携で2点目を奪った。

清水は後半にチラ室あたり近づいた点を返したが、鹿島が2-1のまま逃げ2017年以来、3年ぶりにリーグ5連勝を達成している。

神戸2-2 FC東京

先制したのは神戸だった。 24分古橋亨梧のラストパスに飛び込んでいたヤス拓哉が一緒にホーム神戸のゴールに成功した。

ビハインドゥウル許可されたFC東京だったが、後半に試合をひっくり返す。 まず50分、D、オリベイラが中央をノッチ相手を引きつけ、右に渡します。 飛び込んでいた田川亨介が受信されると、ゴールライン際で深く転換し、マークの入った山口ホタルウル振り切って、そのまま左足シュート。 これゴールに吸い込まFC東京が同点を作った。 また、田川の2試合連続弾ようだったが、ゴール前でアダ義烏トンこのプロセスを変えており、記録はアダ義烏トンのゴールとなった。

また、FC東京は58分、相手のミスを逃さなかった高萩洋次郎が高い位置で奪ってカウンターを開始する。 タカとアダ義烏トンの遠投で最後はDオリベイラに。 受信したDオリベイラはPA左から落ち着いてゴールに沈めFC東京が瞬時に逆転した。

逆転を許した神戸は、すぐにイニエスタを投入。 8月19日柏レイソル戦で負傷交代し、全スペインの代表MFは、約1ヶ月ぶりのピッチ登場することになった。 すると神戸は後半アディショナルタイム、イニエスタのFKからダンクレガ千金のヘディングシュート。 これ決定神戸が終盤た。 試合はそのまま終了。 神戸とFC東京の試合は2-2の引き分けで終了した。

札幌3-4浦和

北海道コンサドーレ札幌を率いるペトロビーチに古巣対戦となった浦和レッズとの一戦。 試合では、杉本健勇が前半半ばまでPKを含む2ゴールを決めた浦和がリードするが、ジェイは31分、35分に劣らずダブルネットを振っタイスコアに置き換え。

後半に入ってオウンゴールで67分札幌駅前が、75分にはセットプレーの流れから牧野知憲が押し込んで再び同点。 後半ATに柴戸海スコアが生まれオラワイ勝ち点3を獲得した。 札幌は9試合未勝利と沼から抜け出せずにいる。

仙台0-3大分

すべて5試合未勝利のベガルタ仙台と大分トリニータによるトンネル脱出をかけた一戦は34分大分のゴール。 ボックスの左側でのクロスに反応した三瓶和司が冷静に沈めた。 後半に入って反撃に出る仙台たが、80分に知念慶北ネットを揺らし、5分後に田中が加点。 無失点で試合を終えた大分が6試合ぶりに勝利を飾った。

横浜FC 3-2名古屋

三浦知良が今季初めてリーグでベンチにいる横浜FCは12分吉田豊の強烈なミドルで名古屋グランパスに先制を許したものの、19分に斎藤功佑22分市真一が決定て逆転。 後半に入ってマテウススコアで73分、名古屋をキャッチし、それでも78分松浦拓弥のスルーパスに反応した瀬沼優司がゴールを記録した。 その後、横浜FCが連覇を「3」から停止している。

川崎F 5-1広島

3連勝中の首位川崎フロンターレレガ連勝中9位・サンフレッチェ広島をホームに迎えた。 試合は前半、徐々に動きを見せる。 14分山城きや細かい連携でボックスの右側に外れた田中みどりが強烈なシュートを放っ川崎Fが先制する。

後半シーズン大量得点試合を量産している川崎Fがリードを広げていく。 47分レアンドロダミアンが三笘薫の献立から確実に決定する50分山村和也がボックスの前の中央から強烈なミドル。 1分後にもダナカイ日2点目を決める。 4点のリードを得た川崎Fは88分にPKで小林ゆうスコア。 90分の浅野祐也がネットを揺らし和也上広島たが大勢に影響を与えることができないし。 川崎Fが4連勝を走った。

トス2-1柏

第2戦無敗サガン鳥栖と連勝の柏レイソルが対戦。 試合は25分に柏のエースFWオキルンが右サイドからのクロスを今シーズン16回目のが前半終了間際に森大地が同点ゴールを奪取する。 後半前半にボックスの左側原川力が巻きのように放った右足シュートを決めトスが逆転。 そのまま試合は終了トスは3試合無敗している。

横浜FM 1-2 C大阪

3試合未勝利10位・横浜F・マリノスが4連勝中の2位セレッソ大阪と対戦した。 横浜FMが攻めながらもスコアレス全般を配置。 それでも52分、マルコス・ジュニオールのパスに反応したエリーキーが先制ゴールを奪取するが、58分に清武つ決め、すぐに試合は振り出しに。 また、65分に接触プレー伊藤槙人にレッドカードを提示して、横浜FM劣勢を強いられる。 それでも攻撃横浜FMましたが、86分ボックスの右側に配置高木俊幸が合うようにC大阪駅前。 最終的にはC大阪が5連勝をしている。

G大阪0-1湘南

READ  フジナミ探求5回途中11失点で鋼板/ライブ速報中 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

8位のガンバ大阪が最下位湘南ベルマーレをホームに迎えた。 0-0で迎えた後半一進一退の攻防が繰り広げられるものとスコアはなかなか及ばない。 それでも75分、金子大毅のスルーパスに反応した小野和成網を振ってショナンガ貴重な先制点を手に入れる。 試合はこのまま終了してリードを守った湘南9試合ぶりに勝利を飾った。

■J1セクション16の結果

・9月12日(土)
清水1-2鹿島
神戸2-2 FC東京

9月13日(日)
札幌3-4浦和
仙台0-3大分
横浜FC 3-2名古屋
川崎F 5-1広島
トス2-1柏
横浜FM 1-2 C大阪
G大阪0-1湘南

J1 | 最新のニュース、ランキング、試合日程

▶Jリーグ見ればDAZNで。 1ヶ月の無料トライアルを今始め

[관련 기사]
DAZNを使用する場合は必ず知っておくべき9つのポイント
DAZN(ダジョン)TVで見る方法7つを厳選! 超簡単視聴方法を紹介
DAZN 2020用・最新の取扱説明書→こちらへ 料金体系→こちらへ
[간단! ]DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)する方法を説明
DAZN番組表| 最近Jリーグ放送・配信予定
DAZN番組表| 最近、海外サッカー放送・配信予定
Jリーグの無料視聴方法| 知っておくと得する4つ
「※」は、アフィリエイトサイト ” スポーツニュース」の提供記事です
「☆」は、アフィリエイトサイト ” DAZNニュース」の提供記事です

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close