【JENESYS 2023 “ASEAN-日本スポーツ(ラグビー)×SDGs交流】 タグラグビープログラム Day 1活動報告 – ragbi-famirigaid

Estimated read time 1 min read

2月20日から22日まで」JENESYS日本 – ASEANスポーツ(ラグビー)×SDGs交換「日本政府は日本とASEAN間の理解を促進するための交流プログラムを進めました。

日本ラグビーサッカー連盟(会場東京都港区土田正人)(JRFU)は、ラグビーを通じた国際交流プログラムである「アジアスクラムプロジェクト」の一環としてプログラムを支援している。

このプロジェクトは日本-ASEAN友好協力プログラム50周年記念事業の一環です。 参加者はラグビーに関心がある大学生80人と12カ国(ASEAN加盟国、日本東ティモール)の全国ラグビー連盟関係者1人だった。 彼らは東京、福岡、埼玉を訪れ、様々な交流活動に参加し、ラグビーや日本の文化を学び、体験しています。
このプロジェクトについて

開会式はタグラグビープログラム初日の福岡JAPAN BASEで行われました。
ASEANと東ティモールの参加者全員とリツマイカンアジア太平洋大学ラグビー部、九州産業大学女子ラグビー部参加者が集まり、イベントの始まりを知らせました。

外務省の高水秀夫さんがこのプロジェクトの目的について語りました。 九州ラグビー協会の熊本高幸会長は「コロナ19以来初めて福岡でこのイベントを開催することができて嬉しい」と話した。 今回のイベントがタグラグビーを通じてアジアおよびASEANの同僚とお互いの文化を交流して学び、友情を築く機会になることを願っています。 そして、私はあなたがここで学んだことをあなたの国にもたらします。」

「まずこのような機会をいただきありがとうございます」とお伝えしたいと思います。 一緒にラグビーを通して学び、楽しんで、友情を築くことを期待しています。」 参加者代表のAdeen Erfan Bin Md Baharudin(マレーシア)が語った。

プログラムはアイスブレーキゲームで始まり、タグラグビーをプレイしました。

渡辺マスターコーチは「今回のプログラムでは言語が難しいようだ。 しかし、お互いの違いを受け入れ、聞いて、お互いを理解する方法を見つけてください。」
参加者はタグラグビーゲームを学び、一緒にタグラグビーを楽しんで楽しい時間を過ごしました。
夕方にはコーチングセッションを行い、参加者がタグラグビーのルールとタグラグビーを体育やコミュニティスポーツとしてどのように活用できるかを学びました。

▼▼▼
日本ラグビーサッカー連盟は「ラグビー固有の価値を通じて社会に貢献する」という目標の一つを達成することを目指しています。

本プロジェクトを通じて、ASEANとアジアの青少年がお互いの国と文化を理解し、SDGsと社会問題に関心を持ち、ラグビーを通じてできる行動を実践できるように励ますことを目標です。

JRFUの国際協力の詳細については、ここをクリックしてください。
私たちに従ってください X(@JRFU_minna)

READ  Noah Lyles, New York City Grand PrixでUsain Bolt 20代以下記録同率
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours