経済

あまりにも安いドコモ新料金「ahamo」に残るサブブランドの痕跡(石川ウォン) – Engadget日本版

Engadget日本の

過度の価格と内容の充実にびっくり落としたNTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモード)」 表示サブブランドのように見えますが、NTTドコモでは、頑固に「新しい料金プラン」で押し通している。

12月1日NTTドコモの新社長に就任したこの基之社長も「専任吉沢和弘社長はサブブランドはしないという強いポリシーを持って.ahamoはドコモが若い人に弱いのでどうしようかとで作成されたものであり、サブブランドありきではない」と否認している。

しかし、どこをどのように見てもあちこちにサブブランドとして設計されたものと見られる痕跡がある。 一つ一つ検証してみたい。

まず、発表会で紹介され、現在は、YouTube公式チャンネルに上がっている動画がサブブランドを連想させる仕上がりになっている。

ahamoを紹介するコンセプト映画なのに「計画は単一だけ。正しく接続安心品質」と述べている。 フォトセッション、この社長が持っているパネルも「WEBでサクサク契約直感1プラン」というフレーズがある。

Engadget

Engadget日本の

もともと、NTTドコモ料金制であれば、なぜ「単一」という表現になるのか。 さらに、料金プランであれば、再度ネットワークの品質を触れることも不自然だ。

また、ドコモユーザーの場合、来年3月から5月までのahamoを契約しようとするドコモの契約を解約、MNPの手間が存在する。 解約金および手数料の負担はありませんが、なぜ計画変更だが、他社のサブブランドだけでなく、解約やMNPの手続きが必要になるのか。

細かい話はされるが、ドコモからahamoに計画変更した場合、契約期間が0にリセットされてしまう。 ahamo自体に家族割引がないことは理解できるが、家族の中でahamoユーザーがあっても、複数の回線の計算対象にならない。 現在ドコモは、「すべてドコモの割合」で3回線の契約で、それぞれ1000円が割引されるようになっている。3人家族ドコモを使用している場合、それぞれ1000円が割引されるが、一人がahamoされてしまうと、対象が2回線がそれぞれ500円しか割引してくれない。これもahamoこのプランではなく、サブブランドとして扱おうとしていたからではないだろうか。

また、ahamoが扱う端末のラインナップは、NTTドコモのものとは異なるがされているようだ。 発表会では、「特に人気の高いスマートフォンを提供する予定だ」とありますが、iPhoneシリーズを使用するか言及されていない。

もともと、docomo.ne.jpのメールアドレスが提供されていないこと自体が「ドコモ料金制」とダンオンガ以上である。

また、プレゼンテーション資料は、アンテナピクトの表記が「ahamo」があった。プランを変更すると、アンテナピクトの表記が変わるのは聞いたことがない。ただし表記に関しては「今後変更される可能性がある」(関係者)として、サービス開始時には「docomo」になる可能性もありそうだ。

武田総務大臣を説得苦肉の策か

NTTドコモが、ここまでのサブブランドではなく、「料金プラン」のジプチャクヌン武田良太総務大臣に吊し上げにされないための配慮があるようだ。

KDDIとソフトバンクが政府の値下げ要求に対してUQモバイルワイモバイルで新しいプランを発表したとき、武田総務大臣は、「サブブランドの値下げは羊頭狗肉のメインブランドに引き下げていないのは問題だ。電波は国民の財産であり、誠意を見せろ」と記者会見で逆上した。

武田総務省は、メインブランドのサブブランドに移行する際に、最大1万5500円の手数料がかかり、今は乗り換えが進んでいないと問題にしている。 一方、サブブランドでの主要なブランドに乗り換えるとき無料で行うことができ、武田総務大臣は、「金儲けは許さん」と指摘する。

NTTドコモは、本来ならばahamoをサブブランドとして新設し、メインであるNTTドコモからの移行は、手数料と解約手続きなどを挟むことで、大量に移行しないようにストッパーの役割をすることができ期待していたのだ。 しかし、総務省では、「アクションプラン」にMNPの手数料無料化などを進めることで、乗り換えしやすい環境を整備しようとしている。 中これらの手数料を撤廃していない可能性がある場合は、NTTドコモとしては初めて、そのような手数料を無料化。 ストッパー的な役割を果たすことができている場合はむしろ、サブブランドではなく、基本的な料金プランであることをしてしまったのかもしれない。

確かに「サブブランドではなく、メイン」というものがする武田総務大臣も納得。 また、「日本の携帯電話料金は高い」という根拠がある総務省のよると、6カ国の通信料金比較 “電気通信サービスに関する内外価格差調査」では、「各国のユーザーシェアが高い事業者メインプラン料金プラン」と比較される項目がある。今回、これまでNTTドコモの8175円が世界で最も高い料金制となっていたが、ahamo 2980円プランを紹介したもので、世界で2番目に安い国になってしまった。

ただしahamoをメインブランド料金制にしたもので、「なぜドコモショップで契約することができないのか」「ドコモショップでのサポートをお願いする」と、顧客が店頭に殺到する可能性もある。

果たしてサブブランドではなく、武田総務省の逆上だけ直前になって主要なブランドの料金制で発表したのがNTTドコモには本当に良かったのか。 来年3月からサービスを開始した後、その評価が下されたようだ。

関連
ドコモ、20GBで2980円の新価格 “ahamo」(なるほど某)発表
20GBで2980円のahamoが安いのは事実ドコモの本音も見え隠れ(佐野正弘)
ドコモの「ahamo “家族で乗り換えれば、毎月のスマートフォンの料金はどうなるのかを確認し

READ  auの新サービス発表会、「iPhone 12を使用する場合au」とされるサービスに - 携帯電話Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close