理科

あれ「はやぶさ2」の次なる目的地拡張ミッションの目標を「すばる望遠鏡」が撮影| sorae宇宙のポータルサイト

国立天文台は、12月18日、ハワイ観測所「すばる望遠鏡」この小惑星「1998 KY26撮影に成功したと発表しました。 1998 KY26宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が直接観測を目指し拡張ミッションの目標天体です。

すばる望遠鏡が撮影した小惑星「1998 KY26」(水色の線で表示した中央の光点)(Credit:国立天文台)

ここの写真の中央、2つ描かれた水色の線を延長して出会いの場所に写っているかすかな点しかし、すばる望遠鏡によって撮影された小惑星1998 KY26です。 小惑星の動きに合わせてすばる望遠鏡を動かしながら撮影された2分の露出の写真5枚で作成されているので、背景の星は斜め横に流れる点で写っています。

国立天文台によると、1998年KY262020年12月中旬〜下旬にかけて地球から約0.47天文単位(約7000万km)まで接近しており、約3年半ごとに訪問観測の機会を迎えています。 しかし1998 KY26推定直径は「毎2」がサンプルを採取した小惑星「竜宮」(直径約900m)の30分の1に該当する30m小さく観察の機会といっても、その姿を把握には、大型望遠鏡が欠かせません。

ハワイ現地時間2020年12月10日2時頃開かれた撮影時1998 KY26は「ジェミニ」と方向を保持し、その明るさは25.4評価(測定誤差0.7評価)であったとします。また、今回の観測は1998 KY26軌道情報(軌道要素)の精度を向上させるために実施されたもので、すばる望遠鏡だけでなく、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の「VLT(Very Large Telescope)」しかし、観測が行われています。

「はやぶさ2」は、12月6日に地球に接近し竜宮から採取したサンプルが入った再突入カプセルを分離しました。無事回収されたカプセルは、目標0.1gを上回る約5.4gのサンプルがあることが確認されています。 一方、「はやぶさ2」本体はカプセル分離後も拡張ミッションに向かって飛行を続けており、1998 KY262031年7月に到着する予定です

「はやぶさ2」ミッションマネージャ吉川真さん「今回のすばる望遠鏡の観測は「毎2」の拡張任務に非常に貴重な資料となっただけでなく、今後のミッション刺激にもなりました。すばる望遠鏡の皆さんに感謝します」国立天文台ハワイ観測所所長吉田道利氏「このデータは、「はやぶさ2」の新たなミッションの助けになれば幸いです」とコメントしています。

小惑星「1998 KY26」と「はやぶさ2」の大きさを比較した図(Credit:Auburn University、JAXA)

1998 KY26は前述したように、推定される直径が30mと小さな加えて、約11分という短い周期で自転していると見ることができます。このように小さく、高速回転小惑星が直接観測された例はこれまでにウール「すべての2」が到着すると世界初の成果です。

また、このサイズの小惑星が100年〜200年に一度のペースで地球に落下となっています。1908年6月1998 KY26より一層大きな直径約40mと推定される天体がシベリアに落下約2000平方kmに渡って木がなぎ倒されたツングースカ大爆発が発生しました。2013年2月は直径10m内外と推定される隕石がロシア中部チェリャビンスクに落下し、1000人以上が負傷しています。

小惑星の秋はフィクションではなく、実際に被害を被る災害の一つであり、その構造と構成を確認し、衝突の可能性を予測し、可能であれば軌道を変えて被害を防ぐための努力「流星ディフェンス(惑星の防衛)」この各国で進められています。 「毎2」の拡張ミッションで1998 KY26観測結果は、私たちの生活と生活を守るためにも役立つようになるでしょう。

関連:国立天文台のすばる望遠鏡が帰還すぐ「はやぶさ2」を得た!

画像クレジット:国立天文台
出典: 国立天文台
文/松村武宏

READ  宇宙マウスの研究で、健康長寿のヒントを発見JAXA・東北大などのグループが報告| スポーツ栄養Web - 一般社団法人日本スポーツ栄養協会(SNDJ)公式情報サイト -

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close