スポーツ

いくつかの国が気候サミットから石炭を段階的に除去することを約束ニュース、スポーツ、採用情報

ファイル – 2021年10月24日日曜日、ドイツNiederaussemの石炭火力発電所の煙突から蒸気が出ます。 気候変動会議COP26は、次の日曜日のスコットランドグラスゴーで始まります。 (AP写真/マイケルプロップスト、ファイル)

フランクジョーダンスとセスボレンスタインAP通信

グラスゴー、スコットランド(AP) – 気候変動を抑制するための戦いで、いくつかの主要な石炭使用国は、木曜日に激しく汚染された化石燃料から自ら – 時にはゆっくり – 取り除くための措置を発表しました。

石炭を段階的に使用しないという約束は、スコットランド・グラスゴーで開かれた国連気候サミットで約束した他の約束の上に出たことで、国際エネルギー機関の首長が将来の温暖化の予測を10分の1程度減らしたと述べた。 しかし、外部の専門家はそのコメントをツイートでのみ、厳格な報告ではなく、「楽観的」と呼んだ。

また、主要燃料の中で最も汚れたカーボンフットプリントを持っており、地球温暖化排出の重要な源である石炭への約束に関して楽観論があふれました。

COP26として知られているほぼ200カ国の会議を主催しているAlok Sharmaは、「今日、私たちは石炭の終わりが目の前に近づいてきたと言えると思います」と述べました。

しかし、批評家は、米国、中国、インド、日本を含むいくつかの主要な経済国が燃料依存を終える日をまだ定めていないため、そのビジョンは煙の中に隠されていると述べています。

木曜日の交渉者が集まった場所の外では、アニメキャラクターで服を着たデモ隊が日本の継続的な石炭使用を非難しました。

国が約束したのは違います。 一部は、将来的に石炭を完全に停止すると約束し、他のいくつかは、新しい発電所の建設を停止すると述べ、中国を含むより多くの人々は、海外の新しい石炭発電所の資金調達を停止することについて話しています。

イギリス政府は、ポーランド、ウクライナ、ベトナム、チリなどの国で石炭の使用を中止するための新しいまたは早期締め切りを約束したと述べた。 どの国が何をしていたのかについては、後で発表される予定です。

一方、米国、カナダ、デンマーク、その他多くの国は、海外の化石燃料プロジェクトよりもクリーンエネルギー資金を「優先順位」にするという誓約に署名しました。

石炭火力発電所に対する財政的支援を完全に排除するわけではありませんが、限られた状況を除いては、石炭に対する「新しい直接的な公共支援」を控えると明らかにしました。

これらの動きは、新しい化石燃料プロジェクトへの融資の提供を中止するために国際ローン機関を圧迫できると述べた環境運動家にとって重要なステップと考えられています。

デンマークは、石炭発電所を購入および解体し、新しいエネルギー源に投資するための資金を含む、段階的な石炭退出のために1億クローネ(1,560万ドル)を寄付すると発表した。

クワシ・クワルテンの英国ビジネス大臣は、この協定を「気候変動に対処するための私たちのグローバルな努力でマイルストーンになる瞬間」と述べました。 しかし、野党労働党の企業スポークスマンであるEd Milibandは、国内の石炭増加を中止しようとする大規模排出国の約束がないような「顕著なギャップ」があると述べた。

そして、これらの議論にもかかわらず、年間炭素汚染を追跡するグローバルカーボンプロジェクトの科学者の新しい分析によると、石炭排出量は2021年にファンデミックが発生した2020年レベルだけでなく、ファンデミック以前のレベルである2019年レベルより大幅に増加しました。 全世界が石炭燃焼で排出した二酸化炭素は147億トン(162億トン)で昨年より5.7%増加したと分析された。

報告書は、中国の石炭燃焼による汚染が劇的に増加したためと報告した。 。

イギリスの労働党のミリバンドは、他の主要な化石燃料である石油とガスの段階的な廃止に対する新しい約束がないと述べました。

しかし、専門家たちは、今回の会談で発表した内容と他の人々が、石炭廃棄に対する勢いが大きくなっていることを示したと述べた。

エネルギーシンクタンクEmberのDave Jonesは、「今日の約束は、石炭を段階的に取り除くために大陸全体を移動するのに役立ちます」と述べた。

ポーランドは、2030年に石炭の使用を段階的に中止する予定であるドイツの次のヨーロッパで2番目に大きい石炭ユーザーです。 ポーランド政府は以前に2049年までに石炭の使用を中止することに同意したが、新しい約束はこの期限を少なくとも十年。

グリーンピースポーランドの気候専門家であるジョアンナ・フリソフスカ(Joanna Flisowska)は、次のように述べています。 石炭の時代は終わりました。」

ヨーロッパで3番目に大きい石炭消費国であるウクライナも石炭期限を2050年から2035年に引き上げている。

環境シンクタンクE3Gの上級研究員であるレオロバーツ(Leo Roberts)は、「COP26で見られる石炭の発展は、世界中で石炭が抜け出せる条件が熟していることを示している」と述べた。

彼は「我々は今、すべての国が石炭から清浄に自信を持って移動できるように、清浄エネルギー金融の大規模拡大が迅速に提供されることを見る必要がある」と付け加えた。

しかし、一部の環境運動家は、約束が十分ではないと述べた。

キャンペーングループGlobal WitnessのMurray Worthyは、「石油とガスの排出量はすでに石炭をはるかに超えて急増していますが、石炭はすでに最終的な減少に入っています」と述べた。 「必要なものが巨大な飛躍だったとき、これは小さな進歩です」

石炭に関する協定は、グラスゴーで開かれた国連協議における公式交渉の一部ではありません。 しかし、会議を主催するイギリスのボリス・ジョンソン首相は、石炭、自動車、木、現金取引をしたいと述べた。

国際エネルギー機関(International Energy Agency)のFatih Birol局長は、木曜日のツイートを通じて「すべての純ゼロ公約と地球メタン誓約に署名した人々が完全に達成すれば、地球温暖化を摂氏1.8度に制限する」と明らかにした。 。

パリで開かれた以前の会議で国が設定した目標は、工業化以前のレベルと比較して、地球の温度上昇を摂氏1.5度(華氏2.7度)に制限することです。 国連分析によると、グラスゴー以前は世界が摂氏2.7度(華氏4.9度)上昇に向かって行っており、他の分析では2度中後位範囲の温暖化が現れた。

New Climate Institute and Climate Action TrackerのNiklas Hohneは、Birolの数値が「楽観的」であると述べ、国がこれを達成するための措置を講じなかったときに純ゼロコミットメントを達成したことに基づいています。

受信トレイからの今日の速報など

READ  García本塁打、レンジャーズがマリナーズを10-2で破ったときに5にドライブ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close