えでさ、大阪女子マラソン優勝、前田日本新記録樹立

Estimated read time 1 min read

エチオピアのワーケネッシュ・エデサ(Workenesh Edesa)が大阪女子マラソンで優勝し、2位の前田穂波(Honami Maeda)が日曜日、日本の19歳の国家記録を更新し、オリンピック出場権獲得に向けた大きな一歩を踏み出しました。

(左から)大阪女子マラソン優勝者ウォケネシ・エデサ、2位の前田穂波、3位の松田美月が2024年1月28日、大阪のヤンマースタジアム長井で開かれたメダル授賞式に出席している。 (刑務所)

前田は今夏パリオリンピック女子マラソンで日本の3位で最後の座を占めるための2回の「ファイナルチャレンジ」レースのうち、最初の試合でエデサより2時間18分59秒8秒遅れました。

兵庫県出身の27歳選手は3月10日、名古屋女子マラソンで誰かが彼女の記録を破らない限り、2回目の連続オリンピック出場資格を得ることになります。

前田の記録は2005年ベルリンオリンピック金メダリストの野口水樹が建てた終戦国内記録を超えた。

前田は「今回の国内記録を破りたかったのにとても嬉しい」と話した。 「レース後半に風と雨を当てて、状況がさらに悪くなったときには果たしてやることができるか確信がなかったが、道端で応援を送ってくださってずっと進むことができました。」

日本の前田穂波が2024年1月28日、ヤンマースタジアム長井で開かれた大阪女子マラソンで決勝線を通過している。

去る10月、東京マラソングランドチャンピオンシップで鈴木由香と市山真央がそれぞれ1位と2位を占め、オリンピック自動出場権を獲得しました。 Maedaはレースで7位を獲得した。

前田は「昨年MGCでの成績に失望感を感じた」と話した。 「今回は大阪レースのために頑張り続けました。」

前田は真ん中に移動し、エデサが10キロを走り、彼女に追いつくまで前にとどまった。 エチオピア人はコンテストの記録としてヤンマールスタジアム長井でフィニッシュラインを通過した。

2024年1月28日大阪ヤンマースタジアム長井で開かれた大阪女子マラソンでランナーたちが出発している。

World Athleticsが選んだ女子マラソン20位のEdesaは「私は今回の大会記録を破ることができることを知っていました」と話しました。 「次回はボストンマラソンに出場して優勝するよう努めます」

大阪女子マラソン3回優勝者の松田美月が2時間23分07秒で3位を獲得し、ウガンダのステラチェサンが29秒遅れて4位を獲得しました。


関連プレス:

陸上競技:青山学院大学東京-箱根駅前1日目をリード

陸上:小山、MGC優勝、パリオリンピックマラソン出場券獲得

陸上:日本の北口春香、女子世界槍投げ優勝


READ  鎖骨傷害から回復しているマルコ・ベゼキ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours