おばあちゃんの日記に入れたノルマンディー上陸D-Day

1 min read

COLLEVILLE-SUR-MER, フランス – ライトバラン・ルイス・アメルの日記の一文は、第二次世界大戦の転換点となるその日の最初の瞬間を記録しています。

1944年6月6日火曜日。

フランスのレ・アメリカン・ドバルク「適切なアクセントや文法に比べて、あまりにも早く書かれているように見えるハメルの日記を読んでください。

英語翻訳:「アメリカ人がフランスに上陸しています」

チェコスロバキアでドイツ軍によって捕虜になっていたフランス農家の妻であるハメルは、ヨーロッパを解放するためにD-Dayにアメリカ、イギリス、カナダ、その他の同盟国から来た約133,000人の軍隊がノルマンディーに上陸し始めた瞬間を簡潔に記録しました。 ナチスドイツ。 続く激しい戦闘でほぼ4,500人が死亡したが、ナチスが占領したフランスに対する交差侵攻で徐々に戦争の流れが変わりました。

READ  カーン真理子夫人挨拶が...アキ婦人科対照デビュー - 社会:日刊スポーツ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours