理科

お金はどこで作られるか? 中性子星の役割は、過大評価された可能性| sorae宇宙のポータルサイト

中性子星同士の合体による爆発現象」キーノヴァ」で中原小(ストロンチウム)が生成される様子を描いた画像(Credit:ESO / L.Calçada/ M. Kornmesser)

ハートフォードシャー大学の小林ちあきさん卵の研究グループは、銀河に存在する元素の割合が時間に応じて変化していく様子を再現するために、新しいモデルを作成することができます。 星の誕生と死が繰り返されていく宇宙から炭素からウランまでの元素がどのような過程で生成されるの詳細については説明しました。

人間の呼吸に不可欠な酸素をはじめ、文明を支えている金の原子力発電に利用されているウラン同じ元素は、元の宇宙は存在しなかったとされています。水素、ヘリウム、リチウムより重い元素星の内部で核融合反応超新星爆発のような深刻な現象によって生成されてきたと思います。 研究に参加したオーストラリアの研究会3D全天体物理学センター優秀(ASTRO 3D)のAmanda Karakasさんは「星は、新しい元素を生成する巨大な圧力鍋のようなものだ」と述べた。

■中性子星同士の衝突が足りなくて、十分な量が生成されない

研究グループによる分析の結果、貴金属の代表ともすることができる金のについてモデルで説明することができ、金の量は、実際の5分の1に過ぎないことが明らかになったといいます。 つまり、銀河に存在するお金がどのように生成されてきたかが、既存の理論でよく説明することができず、新たな謎が提起されたものです。

金のような鉄より重い元素超新星爆発のほか中性子星同士の衝突合体によって発生する爆発現象「キーノヴァ “しかし、生成されたものと思いました。2017年8月初めて観測されたキー・ノヴァでは、実際に重量元素ストロンチウムこの生成されたことを確認することができます。

関連:キーノヴァで生成されたストロンチウム確認理論の正当性を証明する

しかし、研究チームは、過去から現在に至るまで、中性子星同士の衝突頻度検討と重元素の量を説明する不十分であり、中性子星の役割が過大評価されていた可能性があると指摘した。 “最も楽観的な衝突頻度も元素の豊かさを説明することはできません。ここには、驚きました」と言うKarakas氏は強い磁場を持って回転する超新星が供給源がある可能性を言及しています。

研究者によると、元素が生成される過程は、一つだけではなく、例えば、炭素の半分は白色矮星に進化している比較的質量の小さな星で、残りの半分は質量が大きい星の超新星爆発から放出されるそうです。 また、半分は質量が大きい星の超新星爆発残りの半分は、星と連星をなす白色矮星が起こすIa型超新星爆発に由来するそうです。

「水素を除いては、1つのプロセスのみが生成される単一の元素はありません」と言う小林氏は、金の生成についてキーノヴァ以外の恒星の爆発などを考える必要があるかもしれないコメント。 研究に参加したコーンコリ天文台/モナッシュ大学Maria Lugaroさん世界の各地で行われている研究に基づいて、モデルの不足金の神秘そう遠くない将来に解決するかもしれない考えています。

画像クレジット:ESO / L.プレス/ M. Kornmesser
出典: アストロ3D
文/松村武宏

READ  頭を再び成長させるヒドラの奇妙な能力は、この驚くべきメカニズムによって異なります。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close