エンターテインメント

かつて非難されていた日本海上自衛隊は、今や沖縄で「必須抑止力」になった。





2020年4月に那覇空港で撮影されたこの写真は、陸上自衛隊のエージェントによって収集された未分解の不発爆弾を示しています。 (写真提供:自衛隊15旅団/刑務所)

東京(刑務所) – 1972年10月沖縄が日本に返還されてわずか5ヶ月ぶり​​の1972年10月、県庁所在地の那覇に開かれる予定の陸上自衛隊基地の外に数千人が集まり、「日本軍、家に帰ろう」を叫んだ。 。 「県へのGSDFの本格的な配置は、激しい拒否で始まりました。

ほぼ50年後、断絶された関係を住民との信頼関係に変えるために努力した結果、沖縄の防衛軍は「必須の抑制役割」を強調する国防部の上級管理とともに増加する中国の地域脅威に対する防御の最前線とみなされます。 「しかし、改善された認識は持続しますか?

沖縄がアメリカから日本に返還された直後、制服を着た陸上自衛隊エージェントの姿は地域住民たちに第二次世界大戦末期沖縄戦で日本帝国軍が犯した残学行為に対する記憶を蘇らせてくれました。

戦闘は1945年3月26日、ケラマ諸島に米軍が上陸し始めた。 沖縄県政府によると、6月まで続いた戦闘で当時、沖縄人口の約4分の1の約94,000人の民間人と94,000人以上の日本軍と12,500人の米軍が死亡しました。

日本帝国軍は住民を避難所から追い出し、食糧を盗み、疑わしいスパイを殺しました。 米軍の進撃を控えて民間人を集団自殺に追い込んだりもした。





このファイルの写真は、2015年4月に那覇空軍基地から離陸するF-15戦闘機を示しています。 (刑務所)

1968年から沖縄読谷から退役した陸上自衛隊員として那覇配備の「土台づくり」を助けた石峰国夫(88)は、「沖縄住民たちが「日本人」と考えて海上自衛隊を拒否したのは当然だった。 軍隊は民間人を保護しません。」

石峰は九州鹿児島で海上自衛隊を去った後、故郷の銀行で働いたが、沖縄の様々な地域で母兵活動に参加し、海上自衛隊広報映像上映会を組織した。 彼の役割は批判を受け、銀行から爆弾の脅威まで受けたという。

しかし防衛軍はアパート入居を拒否され、一部自治体では住民登録すら拒否するなど反発が激しかった。

1975年から那覇陣営で30年以上勤めた元陸上自衛隊員である真中原原(69)は赴任後当時を回想した。

彼は1978年頃に地方政府から送られた大きなカートンボックスが基地に到着したと言います。 内部メモには、お土産の入った小さな小包をその年の20歳になるすべての従業員に分けてほしいという内容が含まれていました。

「私たちはこれを「成人式に来ないで」という意味で受け入れました。かなり衝撃的だった」と中原が語った。

今日に早く戻って、陸上自衛隊隊員たちがまだ沖縄に埋葬されている無数の不発第二次世界大戦砲弾の一つを解体するために砂袋に囲まれているのを見ることができるでしょう。 1972年以降、彼らは彼らの主な任務の1つになった約1,800トンの武器を廃棄しました。

中原氏は「都道府県で患者の緊急移送とともに、こうしたミッションが蓄積され、地域住民との信頼が積まれた」と話した。 2015年に県で調査した住民の70%以上が自衛隊に対して好意的な印象を受けました。

国防部関係者によると、冷戦当時、自衛隊は旧ソ連の侵攻に備えたが、「政治的リスクのため、沖縄を強化するための措置は取らなかった」と話した。

しかし、2000年代に入って以来、自衛隊は中国の軍事力増強を警戒するしかなかった。 中国は東シナ海の尖閣列島に対する領有権の主張を強化した。





1972年4月に撮影されたこのファイル写真は、沖縄の陸上自衛隊配置那覇でデモする人を示しています。 (刑務所)

那覇に駐留した陸上自衛隊の第1連合旅団は2010年に改編され、第15旅団に昇格した。 九州から台湾へ。

航空自衛隊はまた、日本が尖閣を国有化した2012年頃から日本領空に接近する中国航空機に対する戦闘機の出動を大幅に強化した。 東京はこの地域の圧倒的な圧力に対応して、2016年那覇空軍基地に追加の戦闘機を配置しました。

自衛隊が認識を完全に変えて住民たちの呼応を得たように見えるかもしれないが、軍服務の上級管理は、大衆的な雰囲気が「小さなもの」に変わることができると警告した。

この関係者は、沖縄が日米安保協定の核心だと説明しながら、関係が再び悪化すれば「中国を扱う戦略が大きく揺れる」と話した。

3月には海上自衛隊と米海兵隊が合同上陸訓練を行い、日本の離島防御対応能力を強化した。

日本返還50周年となる5月15日を迎え、沖縄は今や新たな負担を背負って外部計算に振り回されています。

READ  ストラトピケ×ピーナッツスヌーピー "耳のある「フード&もこもワンピース - モデルの本田翼 - ファッションプレス

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close