経済

かんぽ生命が追加規制解消、自社株買い3000億円で調整 – 関係者 – Bloomberg

日本郵政グループ傘下のかんぽ生命保険は、自社株買いを実施して持株会社である日本郵政の出資比率を50%以下に引き下げした。 複数の関係者が16日、明らかにした。

経営の足かせになっている郵政民営化法による「加算規制」を解消する。 新商品の提供など新規事業の自由度が増加することになり、魅力ある商品を発売するなど、競争力を強化する。

事情に詳しい関係者によると、かんぽ生命は、早ければ中熱理事会で自社株買いを決意する方向で調整に入った。 規模は3000億円程度になる見込みだ。 自社株買いは、持株会社である日本郵政がついて持分をある程度売却する。 これは友情の出資比率を現在の64%から50%を削減水準に下げた。

日本郵政グループのロゴ

フォトグラファー:Kiyoshi Ota / Bloomberg

自社株買いを通じて経営の健全性を示すソルベンシーマージン比率は減少したが、来年1月に資本がある劣後債を1000億ウォン規模で公募する予定で健全性の確保も同時に進行する。

日本郵政傘下ゆうちょ銀行とかんぽ生命の金融2社は民営事業圧迫を避ける観点から、郵政民営化法に基づいて一般的な銀行や保険会社より厳密に業務を制限する「加算規制」がかかります。かんぽ生命は、被保険者1一人当たりの加入限度が2000万ウォンで定められており、新商品やサービスを販売する場合には、国の承認が必要である。かを得るために多くの時間がかかるため、経営の負担となっていた。

日本郵政の出資比率を下げることによって加算規制は解消され、新製品の発売も認可制から事前届出制に移行。 新商品を動的に市場に投入することができるようになる。 日本郵政は11月13日に発表した2021年度からの次期中期経営計画では、金融2社の出資比率を、今後5年以内を目標に、50%以下に下げる目標を提示した。

かんぽ生命広報部は、ブルームバーグについて何も決定しているという事実がないのでコメントできないとしている。 日本郵政グループで回答を得なかった。

日本郵政グループは、昨年夏の郵便局で扱ったかんぽ生命保険商品に否定販売多数いたことが発覚。 外部弁護士による特別調査委員会は、3月に発表した報告書で、「市場のニーズに対応した製品開発を行うなど、時代と環境の変化に対応できるビジネスモデルへの転換を図る」などを提言した。

READ  緑の日本のためのシュガー計画は、風力エネルギーの分野で期待を呼び起こす

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close