世界

ぐっすり眠れるしなくても大きな違い不眠症と睡眠不足の壁| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版
写真はイメージ= PIXTA

最近気に睡眠釘、完全に睡眠不足だ – 。 日常会話では、不眠症と睡眠不足(睡眠不足)を混同して使用する場合が多いが、医学的には、実は全く異なる病気で定義されているかどうか知っている。 不眠症は、「睡眠たい眠れない」一方、睡眠不足は、「眠っているのには時間がない」であり、いわば正反対の睡眠の悩みだ。

一晩脳波を測定して睡眠の長さと深さを客観的に測定する「睡眠ポリグラフ検査」をすると不眠症と睡眠不足の違いは一目瞭然である。 睡眠不足は、睡眠全体に占める深いノンレム睡眠(深い睡眠、徐波睡眠)の割合が非常に多い。 これは、睡眠時間が短くなると、脳の休息の必要な深さの睡眠を優先的に確保するためのものと考えられている。 それほど浅いノンレム睡眠とREM睡眠が犠牲になる。 深睡眠が減少し、より良いだろうと思いがちですが、血糖値の調節、および認知機能の障害、うつ病気分が出現するなど悪影響は確かにある。

一方、不眠症は深睡眠が著しく減少している浅いノンレム睡眠とREM睡眠の割合はむしろ増加する。 不眠症も睡眠時間が短くなるので、睡眠不足のように深い眠りの割合が増加しても良さそうなものだが、そのようにする。 まさに正反対の結果となる。

慢性睡眠不足も一晩徹夜も同じだが、短時間睡眠明日の夜には、通常よりも睡眠時間は長くなる。 いわゆる寝てはならない。 ところが、不眠症は、これらの睡眠のリバウンドが生じず、短時間睡眠が長期間持続する。 不眠症の患者では、睡眠の出現を抑制覚醒しやすい状態を維持するいくつかのメカニズムが脳で継続働いているようだが、その機序はまだ明らかになっていない。

ところが、このように全く病態(原因)が、他の不眠症と睡眠不足が、睡眠不足大国日本では両者を抱えている人が少なくない。 不眠症の人が睡眠不足に陥ったり、元の睡眠不足の人が老化やストレスなどで不眠症を発症する場合である。

事実、同様の症状が多い不眠症と睡眠不足

一般的に、睡眠不足は、若い〜壮年層(40代半ば)に多くのに対し、不眠症は引退世代(60代以上)に急増している。 その移行期にある中年層は睡眠不足や不眠症が混合しやすい。 中間管理職世代は苦しむ。 不眠症と睡眠不足は、治療や生活指導が全く異なるため、どちらが主な問題なのかを判断する必要があるが、診察では、区別することは容易ではない。 その理由の一つは、不眠症の診断基準が抱えている「あいまい」にある。

READ  トランプあくまで抵抗いくつかの州での訴訟棄却の挫折...参謀はコロナ感染 :東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close