理科

この世界は非科学的な存在を科学的に証明しようとしてきた過去の偉大な科学者| ニコニコニュース

精神的プログラムを見なくなった。一時夏の風物詩であった。子供は悲鳴を上げてもテレビにつけられていたのだ。 また、精神的なプログラムに関連して言えば、死後の世界説教宗教も元気。文化庁が発表した宗教年鑑(レイホ初年度板)によると、国内の宗教人口は概ね毎年減少しているという。

これらの原因は、科学教育の妨げやカルト宗教の影響があるだろうが、その根底には、「科学的に説明できない(非科学)の忌避感」が存在する。ちなみに、重病にかかった有名人民間療法にぶら下がっその賛否が話題になるが、これも非科学の忌避感の一つと言えるだろう。

そこで今回は、幽霊や別の世界などの非科学の象徴の論理塊ともすることができる科学者が真剣にその存在を証明しようときた歴史を紹介する。 話を聞いたのは、葬送儀礼だけでなく、そのような歴史も追加する心に残る家族葬葬儀コンサルタントである。

■GEの創始者であるトーマスエジソンは、霊界の存在を証明しようとした

「白熱灯の発明者として有名なGEの創始者であるトーマスエジソンは、霊界の存在を証明しようと霊界ラジオ・霊界通信機械の発明に車レンジしました “(心に残る家族葬葬儀アドバイザー)

まずこう言ったくれた霊界の存在をどのように証明しようとしたのだろうか。

「エジソンは、人間の魂もエネルギー電磁波)の一つで把握していたようで、エネルギー保存則によって死後も続くと考えられそうです。その電磁波真空管で増幅させるなどの方法を考案したようですが完成させずに死亡したとします」(心に残る家族葬葬儀アドバイザー)

科学未知の嫌いが未知を認め温度科学である。 エジソンの課題は、まさに後者である。

西ドイツ科学者クラウドシュラフvは霊界テレビ発明

1986年当時西ドイツ科学者であったクラウドシュラフvは、テレビモニターライオンの映像を映し出すことに成功したと発表した “(心に残る家族葬葬儀アドバイザー)

エジソン手は、音声でアクセスたが、今回はなんとビデオである。

「本当かどうかは分からないが、会話に成功したと発表したそうです。しかも映したのは、彼の死んだ娘だったそうです。方法は、テレビホワイトノイズ(砂嵐)の画面をビデオで撮影してゆっくり再生するとします」(心に残る家族葬葬儀アドバイザー)

これが可能ならば、霊界スマートフォンもあるかもしれない。 いやない。

■科学者ではなく、科学に興味を持つのは珍しいことではない

科学自己非科学に興味を持つことは珍しいことではない。アイザック・ニュートン錬金術研究に没頭していたことは有名で、ノーベル物理学賞を受賞したブライアンジョセフ手は心霊現象などを研究テーマしている。 また、偉大な科学者は、有神論者もあった。ガリレオは敬虔クリスチャンそして、コペルニクスクリスチャン社製であった。その他のA・アインシュタイン、K・ゲーデル、M *計画クなどは有神論者だ。

現代社会科学的に構成されている。 科学なし話すことができない。しかし、科学は時両刃の刃となる。 また、自然のメンウィグァ未曾有の災害科学は無力にされる。 非科学を信じてもに弊害はあるが、非科学を追ってもこと、すなわち、科学に依存しすぎることも弊害がある。

もし別の世界この科学的に証明されると、考えと興奮は止まらない。 「今は亡きあの人がグリム生きている「アクションアクション災害や不慮の事故などで、大切な人を失った場合には、このようなことを希望してもおかしくないものであり、誰もそれを止める権利はない。そして、別の世界存在の証明は、このような人々を確実に救う。別の世界認証なんて異端であるが、とんでもないとカットしながらも、それでも今後の人は夢を捨てるかもしれない。

●専門家プロフィール心に残る家族葬 葬儀アドバイザー
化粧料も含まれている追加料金がかからない安価な家族葬を含む14万3000円から全国で行われている。24時間365日受け入れ、社員の配置や葬儀後の各種手続きなどのアフターフォローにも対応。

ライター o4o7

教えて! gooスタッフ(それほどここ…に Staff)

この世界は非科学的な存在を科学的に証明しようとしてきた過去の偉大な科学者
READ  「てんかんこと好きではないネズミもある」と科学者が新たに報告さ - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close