経済

この国は、企業に仕事と生活のバランスを改善するために週4日勤務で移動するように要求します。

日本は国の仕事と生活のバランスを改善するための政府の取り組みの一環として、企業に週4日勤務を開始するように要求しました。

最近の経済政策指針で、日本政府は、企業や雇用者が従業員が、一般的な5日の代わりに週4日勤務を選択できるようにすることを提案しました。

シュガー義久に日本の首相は週4日勤務を実施することにより、企業が家族を育てたり、高齢者の親族を回してみようとしたときに残して行う熟練した経験豊富なスタッフを維持することができると述べた。

政府によると、週4日勤務は、より多くの人々が、追加のトレーニングの資格を得るか、または正規に加えて副業をすることを奨励します。

最も重要なことは、当局が毎​​週追加休日は、人々が外に出て支出することを奨励して経済を活性化することを希望するということです。

日本政府の最新のガイドラインは、軍の激しい企業文化やカー詩を徐々に終息させることです。

日本は「過労による死」を意味する「横時」という用語を作りました。 1970年代に仕事関連のストレスと圧力による死を説明するために発明された言葉です。

しかし、コロナウイルス感染症は、企業運営方式に大きな変化をもたらしてきた多くの企業が「家庭の文化で働くこと」を採用しています。

週4日勤務はCovid伝染病により、世界的に着実に桁をしています。

ニュージーランド、ドイツ、スペインに至るまで、多くの国で、より柔軟な勤務時間を実験しました。 スペインは今年の初め週4日勤務を実験することを発表しました。

昨年12月には、Unilever New Zealandは、従業員81人が同じ給与で週4日勤務をしながら、生産性と仕事と生活のバランスに影響を確認する1年の実験を開始しました。

購読 ミントニュースレター

* 有効な電子メールを入力してください

* ニュースレターを購読いただきありがとうございます。

話をお見逃しなく! Mintと接続して情報を取得してください。 今アプリのダウンロード!

READ  米国と同盟国は、緊張の新たな段階で、中国のサイバー攻撃を非難

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close