理科

この女性は、私たちを火星に連れて行くロケットを発明したのですか? | 科学と技術のニュース

ファティマエブラヒミ博士は人間に火星とその向こうまで動力を供給することができる新しい融合ロケットスクリュー概念を発明した。

米国エネルギー省のPrinceton Plasma Physics Laboratory(PPPL)で働く物理学者は、磁場を使用してプラズマ粒子(電荷を帯びたガス)を宇宙の真空状態で発射するロケットを設計した。

ニュートンの2次と3次の運動の法則によると、運動量保存はロケットが前方に推進されて、他のデバイスよりも10倍の速度で推進されることを意味します。

映像:
この発明は、人間が火星に旅行することができます。

現在の宇宙で実証されたプラズマ推進エンジンは、電場を使用して粒子を推進する一方で、新しいロケットの設計は、自分の再接続を使用して粒子を加速します。

このプロセスは、宇宙全体で発見されますが、太陽の表面で、人類が最もよく見ることができます。 磁場線がそこに収束する分離される前に再接続されて膨大な量のエネルギーを生成します。

同様のエネルギーが、実際の核融合炉の主要候補である磁気閉じ込め装置であるトカマク(tokamaks)として知られてトーラス状の機械内部で生成されます。

PPPLの主要な研究物理学者ファティマエブラヒミ博士は「私はこの概念をしばらくの間、料理してきた」と述べた。 彼はこの発明を詳細に説明する論文がJournal of Plasma Physicsに掲載された。

彼女は「2017年のデッキに座ってPPPLのNSTX(National Spherical Torus Experiment)によって生成された高速排気粒子と自動車の排気ガスの類似点について考えながらアイデアを獲得しました。」と言いました。

NSTXは、米国エネルギー省の資金で調査されている現在の研究室の主力核融合施設の前身です。

Ebrahimi博士は「動作中にこのトカマクは毎秒約20kmの速度で動くプラス保ドラゴする磁性泡を生成するが、これは私に推力と非常によく似たものです。」と付け加えました。

核融合は太陽と星を動かす力です。 それはプラズマの形態の光要素を結合します。 つまり、自由電子と可視宇宙の99%を占める原子核で構成され、物質の熱く荷電された状態で、膨大な量のエネルギーを生成します。

同じ原理で動作する原子炉が地球上で再生することができている場合PPP1によると、「電気を生成するための事実上無限の電力供給」を提供することです。

NOAA / National Weather Serviceの宇宙気象予測センターの配布資料は、2012年1月23日末太陽から噴出する太陽フレアを示しています。このフレアは、2005年以来最大のものが知られており、GPSシステム、およびその他の通信に影響を与えると予想されます。 1月24日朝、地球の磁場。 (ゲッティイメージズを通じたNOAA /国立気象庁の宇宙気象予測センターの写真)
映像:
この技術は、太陽フレアで見ることができるのと同じプロセスを使用します。

エブラヒミ博士の新しい概念は、コンピュータシミュレーションで従来のプラズマ推進機よりもはるかに優れた性能を発揮します。 他のスクリューよりも10倍高速な毎秒数百キロの速度で排気ガスを生成します。

船の旅が開始されると、より速い速度は、宇宙飛行士が届くことができる外惑星をもたらすことができると物理学者は述べた。

「長距離旅行は、化学ロケットエンジンの特定の推進力が非常に低いため、数ヶ月または数年かかるので、船が速度を出すのに時間がかかります」と彼女は言いました。

「しかし、自分の再接続に基づいてスクリューを作成すると、短い時間での長距離任務を果たすことができるでしょう。」

彼女は彼女のスクリュー概念が核融合エネルギーの研究から直接由来と強調しました。 Ebrahimi博士は「この作業は、過去の核融合の操作からインスピレーションを受け、宇宙推進のためにプラス集めドと再接続が提案されたのは今回が初めてです」と言いました。 “次のステップは、プロトタイプを作成することです!」

READ  太古の火星の水はなぜ失われたのか?砂嵐と関連があった可能性が浮上| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close