トップニュース

この日本の相撲みかんオレンジは何ですか?

日本は欠点のない果物で有名ですがイチゴ一個またはブドウ一本を食べると かなりの金額。 日本の果物の栽培はまだ労働集約的なプロセスであるため、価格は高くなります。 しかし、現在、海外で栽培されている日本産の果物の品種が多くあり、頭を回しています。

Yuzuはどこのシェフとバーテンダーの愛だが、日本以外の地域ではねる最新の果物は、記憶に残る名です。 相撲シトラス 北米では、オレンジ。 日本では、デコポン(dekopon)または不知火(shiranui)と呼ばれます。 フルーツはでこぼこした外観が特徴であり、上部に小さなハンドルがあり、伝統的な相撲選手のヘアスタイルを連想させます。

Photo:Shizuku / Photo AC

オレンジは、70年代に日本で初めて開発され、実際に清美とポンカンシトラスのハイブリッドです。 甘くていとこのみかんのように、日本の冬の12月と2月の間だけ成長する。 一度も持っていない場合は、簡単に剥がれる巨大で甘いマンダリンオレンジハイブリッドを想像してみてください。 それは非常に香ばしいし柑橘類は、一般的に種があります。

最近、この果物は海外では、特に北米で人気を集めました。 特にSumo Citrusブランドがインスタグラムインフルオンソ、有名人のファン、スマートマーケティングキャンペーンを展開して注目を集めています。 珍しい光景だったデコポンは現在、米国とオーストラリアのスーパーマーケットの棚でよく見られる果物です。 カリフォルニア州で現地で栽培したSumo Citrusesは冬を越えて 1月と4月に

だからdekoponは誇大広告の価値がありますか? 私たちの意見ではそうです。 私たちは、簡単に皮をむき、携帯可能であり、甘いジューシーな多くの果物が好きです。 そして、私たちは一人ではありません。 日本の冬の柑橘類の一つと考えているデコポンは、季節のメニューに含まれており、日本の最高のベーカリーで華やかなデザートに使用されます。 ジャムやゼリーでも見つけることができますので、短い季節でなくても果物を楽しむことができます。

悲しいことにデコポンのシーズンは、東京ではほとんど終わりました。しかし、運が良ければ、現地の食料品店で相撲シトラスを見つけることができるように運が良ければカップルを持ってゆっくりと食べて、日本を夢見てください。

Time Out Tokyoフランチャイズ

タイムアウト指数調査を通じて、東京の生活がどうか教えてください。

FamilyMart Japanは今、独自の衣料品の行を保持しています。

このパスで地下鉄を無制限に乗って99個の東京名所を割引

北斎の象徴的な日本の芸術からインスピレーションを受けた限定カラーの鉛筆セット

TeamLab Planets Tokyoの屋外デジタルモノリスが火の柱へと変貌します

東京の素敵なことが何なのか、最初に知りたいですか? ニュースレターに登録してください 東京と日本の最新の更新プログラムを確認してください。

READ  三井火が東京ドームにTOB実施で最終調整1000億円規模 - 関係者 - Bloomberg

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close