エンターテインメント

これからの国産RPGはこのふたつ

Pixabay

2020年から注目を集めている国産RPGがふたつあります。

ひとつ目はよく知られているセガのファンタシースターシリーズの「ファンタシースター:ニュージェネシス(PSO2NGS)」。そしてもうひとつはバンダイで開発されている新しいタイトルの「ブループロトコル(プルプロ)」です。

ゲーム好きにとってこれ以上心踊らさせる朗報はないですね!

PSO2NGSはジャストアタックが戦闘システムから外されて戦闘がシンプルになったとも言え、旧PSO2と比べるとアクション性が低くなったように思えます。空を飛ぶモンスターの弱点が上部分にあることがあるので空中戦闘が多くなると思います。

新しい装備要素としてマルチウェポンなどもあるので、今までではできなかったプレイも期待されますね!

他の要素からしても、旧PSO2をプレイしていない方でも気軽に始められるようになっていると感じました。

ブルプロではパーティー(プレイヤー)VSパーティー(AIエネミー)という新しい戦闘システムがあり、これがどのように進化を遂げるのかとても気になるところです。

まだ開発中ということもあり、若干競合に遅れを取っているようにも見えますがベータテストで得た情報を活かして公式リリースまで改善されることを期待を大にしています。

 

特筆したいのは、お互いに目を惹かれてしまうのはグラフィックの美しさです。

PSO2NGSのキャラクタークリエイトでは、旧PSO2の2.5次元のキャラクターとは違い3次元よりになっていて、鼻や顎が悪目立ちしているという声も。

ですががコスチュームや背景なども含め、全体的に旧PSO2との違いが段違いです。スクリーンショット画像を見たら、PVのワンカットかと勘違いするほどです。こちらの公式サイトにある「世界観」からいろんな画像や動画があるので、目を通してみると分かると思います。

そして、ブルプロではPSO2NGSを超えるグラフィックがあります。後発の利点とも言えますが、ブルプロはどこからどう見ても驚くほどの美しさを誇ると言えます。アニメ調グラフィックの独特な世界観は、誰をも魅了するに違いありません。こちらが公式サイトにあるゲーム内での実際のスクリーンショットです。

PSO2NGSは2021年春に公式リリースする予定で、ブルプロの公式リリース日はまだ未定となっています。

まだ時間があり待ち遠しいと思う気持ちは分かりますが、私達もその日までに準備を整えておかなければならないのです。

誰だって当然プレイするならそのゲームの全ての魅力を感じたいもの。

おわかりいただけたでしょうが、両方のタイトルで最高画質でプレイするには相当の推奨環境が求められています。(右の画像はUnsplashから)

ゲームのためにゲームで稼ぎ、ゲームをする。そんなポリシーがあるので、公式リリースまでコツコツと稼ぎ準備を整えていくつもりです。

ちなみに私は、ここ数年カジノトップ10というサイトから自分にあったゲームを探し、気楽に稼ぎを得て準備を進めていますよ。一度目を通してみるのをおすすめします。

どちらとも実際はMMOではないのですが、とてもMMOに近い遊びごたえになっています。心からお互いにより良いタイトルへ成長してほしいものです。

READ  リアムニーソンの選定された映画ベスト10

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close