スポーツ

さそゆか、日本国籍を選ぶ

2021年11月3日| 午後5時14分

マニラ、フィリピン – US Women’s Open チャンピオンが日本国籍を選ぶことを決定したと発表した佐々木ゆかが、彼女のフィリピンのファンと支持者に関する限り悲しみを加味したまま待望の日本ツアーLPGA復帰を予告しました。 2年後。

去る5月、ブリジストンレディースで共同9位を記録した後、初のJLPGA大会である滋賀県で開かれたトトジャパンクラシック前日に20歳のサソは「私は国籍法のために日本を選択した」と話した。

日本人の父親とフィリピン人の母親の間で生まれた20歳のサソは、水曜日に日本のニュースポータルに自身の市民権の好みを公開した。

日本国籍法によると、二重国籍者は22歳までの国籍を選択しなければなりません。

Sasoは、2018年にジャカルタアジアのゲームと最近、東京オリンピックを含む素人時代の素人で海外大会を始めて以来、フィリピン代表として出場し、事実上選択の圧迫を受けました。

彼女は「オリンピック出場の可否を決めることができないと思った」と話した。 「私はどちらを選んでも、日本人でありフィリピン人という気持ちを持っています。」

競技中、サソは日本人の忍耐とフィリピン人の勇気を見せると誓った。

しかし現在では、ICTSIの支援を受けるエースが引き続き韓国の3色制服を着て情熱的に200万ドルのToto Classicに向けて出発します。 これはBridgestoneで共同9位を記録した後、彼女の最初の日本ツアーLPGA大会です。 去る5月公開。

彼女はそれ以来アメリカでキャンペーンを展開し、6月にUS Women’s Openで大きな突破口を設けた後、最終的にLPGAツアーで5年の会員資格を得ました。

JLPGA2回優勝者でトップ10に6回も入った彼は「再び日本で遊べてくれてありがとう」と話した。

サソは、セタゴルフの北コースでトトトクラシックの最初の2ラウンドで、地元の素敵で復活したヒナコシブノと桃子上田と対決します。

最近世界ランキングで6位にした階段下落した事所は「コースが険しい」と話した。 「分離期間中は何もできないので、今は(気持ちが)確かです。 しかし、最善を尽くして明日を準備して良くなる」と覚悟を固めた。

一方、Shibunoは2週間前に兵庫で行われたNobuta Group Mastersで、先週Mitsubishi Electricトーナメントで韓国の配線を破り、プレーオフで勝利し、最初のサドンデスホールでイーグルを撃ち、カット制限を逃した後、強く反騰しました。

Sasoは昨年、Toto Classicで63を締め切りましたが、Ibarakiで54のホールを回ったにもかかわらずJiyai Shinに3点差で敗れましたが、健康と安全のプロトコルによる準備の欠如にもかかわらず、今週もポジティブな機会を維持しています。

一方、サソーは来週アメリカに戻り、LPGAツアーの最後の2試合である11月11日から14日まで行われるペリカン選手権と11月18日から21日までフロリダで開催されるCMEグループツアー選手権に参加する。

READ  2020年東京オリンピック:パーニーパットで日本では、10億の夢を背負っなくズチョプラ| オリンピック

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close