エンターテインメント

さそゆかのゴルフオデッセイ:USオープン優勝でフィリピン対日本

さそゆか AFP FILE PHOTO

(更新済み) 香港: フィリピンから来た未知のティーンエイジャーが昨年、US Women’s Openで優勝し、世界的なゴルフスポットライトを受けたとき、彼女の人生は変わりましたが、難しい決断を控えていました。

ゆかさそは来週メジャーディフェンスの新しい体験をお楽しみいただけます。 しかし、Pine Needlesでは、彼女は日本の深紅色の円という別の旗の下で試合を行います。

フィリピンで生まれ、フィリピン人の母親と日本人の父親がいるサソは、父親の土地に忠誠を転換することにした「非常に難しい」決定で苦しんでいました。

日本は大人の二重国籍を許可しないため、些細が来月21歳になる前に胸痛の選択をしなければなりません。

彼女はAFPとのインタビューで「フィリピンで育ち、大きなイベントで私の名前の隣にフィリピンの国旗を持って試合をしたので、大きな決断だった」と語った。

「とても難しかったです。私はプロゴルファーです。私の仕事に適した決定が必要でした」

天びんはファンデミック以来、世界でより簡単な旅行を提供する日本のパスポートに傾いた。

Saso氏は、米国でのビデオ通話を通じて、「日本のパスポートがより強力で、ゴルフ以外の作業が少なくて済むことを誰もが知っていると思います」と語った。

フィリピンはいつもサソの心の中で特別な場所を占めるでしょう。 彼女は2018年にアジアのゲームで国のために2つの金メダルを獲得し、昨年東京オリンピックで彼らのために再びプレーしました。

サソは「母の国と大きなイベント、そのすべての記憶を代表するようになったことを光栄に思った」と語った。

「人々が私がフィリピンを捨てたとは思わないことを願っています。私がフィリピンを愛しているからです。日本も愛しています。

「まだ同じ俺、旗だけだよ」

12ヶ月前、サソは日本のLPGAツアーで2度の優勝を果たした未知のゴルファーとしてサンフランシスコに到着しました。

彼女がオリンピッククラブを去ったとき、彼女の7番目のLPGAツアーが始まった後、サソは男女を問わずメジャー大会で優勝した最初のフィリピンゴルファーになりました。

「USオープンで優勝するのは本当に素晴らしいことで、LPGAカードを受け取ることが私の夢でした」と彼女は言いました。

「人生が変わり、それ以来、ゴルフ場の内外でたくさん学んだ」

READ  伝染病にかかった取締役:6歳の子供が加齢に応じてアップグレードする時だということを悟りました。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close