経済

さまざまなサイバー法に従って国間でデータが自由に流れるようにするにはどうすればよいですか。

データはデジタル経済を動かす燃料です。 データ処理の規則は必ずしも国によって異なりますが、次のように質問することが重要です。 共通の問題を解決し、社会に恩恵を与えるために、国家間のデータ転送に対する障壁を最小限に抑えることはできますか? たとえば、環境的に持続可能な循環経済を構築するには、グローバルサプライチェーン全体で製品に関する炭素関連情報を収集するシステムを構築する必要があります。 したがって、すべての国でデータ関連の規制を調整する必要があります。これは巨大で複雑な作業です。 どうやって達成できますか?

ここでDFFT(Data Free Flow with Trust)が登場します。 DFFTは、国家間のデータ転送分野のルール制定のための基本原則として、当時の日本首相だった新昌アベが初めて提案しました。 ダボスでデビューしたDFFTは、2019年6月にG20国家グループのメンバーによって承認されました。



DFFT の概念は、多くの国でデータ関連の問題に対する規則の制定に影響を与えました。 それ以来、世界中の国々はDFFTの概念と一致するデジタル取引規則を確立するよう努めてきました。 たとえば、日本政府は、日本とアメリカのデジタル貿易協定と日本とイギリスの経済パートナーシップ協定(EPA)という2つの貿易協定で、高い標準電子商取引規則に同意しました。 また、日本とEUの間でデータ関連規定の事前議論が進行中です。 地域レベルでは、地域包括的経済連携協定(RCEP)もこの傾向の一部であり、日本、シンガポール、オーストラリアはWTOで電子商取引に関する多国間議論を共同で促進しています。


データ合意の課題

現在、DFFTイニシアティブが直面しているいくつかの障壁があります。 最も重要なのは、国ごとにデータ保護とデータ信頼へのアプローチが異なるため、国際的な調和が非常に困難です。 国の利益と視点は非常に多様であるため、特にセキュリティとプライバシーに関する規則のグローバルな合意に達するのに時間がかかります。 民間セ​​クターデータへの政府のアクセス問題は、そのような問題の代表的な例である。 政府へのアクセスには、民間部門のデータ購入から国家安全保障上の理由から情報要求に至るさまざまな措置が含まれる場合があります。

さまざまな国の政策立案者と他のステークホルダーが理解できる方法でさまざまな種類の政府のアプローチを分類することは、意識を調整し議論するための基盤を作成する重要なステップであり、このトピックに関する作業の一部を構成します。 OECDはこの問題を解決するために努力しており、着実に進展を遂げているが、グローバルコンセンサスに到達するまでには多少時間がかかると予想される。 結局のところ、すべての国は規則を説明し、貿易相手国を理解する責任があります。

2021年のG7デジタルおよび技術大臣会議で開発されたDFFTロードマップは、これらの問題の理解を反映しています。 データへの信頼できる信頼できる政府へのアクセスに関するガイダンスを提供することに加えて、ロードマップは3つの異なる分野で実行計画を策定しました。 規制協力と優先順位セクターのデータ共有。


DFFT:ボトムアップアプローチ

DFFTに反対する主張の1つは、国内のデータ生態系がしっかりと構築される前に、国家が国家間のデータ転送システムに参加すると、データ資産が外国企業によって奪われる可能性があることです。

しかし、隣の席に座っている費用は高いです。 World Economic Forumのホワイトペーパー、Advancing Data Flow Governance in the Indo-Pacific: Four Country Analysiss and Dialoguesで説明したように、国家間のデータフローは、地域経済の成長に大きな利点をもたらします。

したがって、必要なのは、ビジネス要件を満たすDFFTへの実用的でボトムアップアプローチです。 これは、高いレベルの包括的な政府間規則制定努力が、個々の問題を解決するための民間パートナーシップと並行することができることを意味します。

日本の経済産業省(METI)の最近の報告書は、企業レベルで国境を越えたデータフローを分析し、問題を特定の課題と措置の6つのカテゴリ(下記参照)に分け、推奨事項を提示しました。

報告によると、一部のIoTメーカーは次の問題に直面しています。 IoT機器を世界中で販売し、稼働状況に関するリアルタイムデータに基づく故障予測を含む保守サービスを提供します。 しかし、そのようなデータの取り扱いに関する規則は国によって異なり、頻繁に変更されます。 どのような情報が国境を越えているかを決定する明確で均一なプロセスにより、リアルタイムモニタリングを含むIoT機能を活用できます。

報告書を編集したパネルの山本達彦教授は「DFFTに関する議論は、ビジネス環境で「データが流れない」特定の状況を調査したことがほとんどない」とし「私たちは民間部門の声と実際の事例」。

これらの問題は、コンプライアンスとプロセスの監視を自動化するように設計された技術であるRegTechを使用してメカニズムを設定することで解決できます。 この点で、2022年4月のフォーラムで発行されたホワイトペーパーは、RegTech展開のベストプラクティスを定義するのに役立つ7つの一般的な成功要因を識別します。

DFFTの今後のマイルストーンの1つは、2019年に概念を提案した日本が主催する2023年G7になる可能性が高いです。 ダボスアジェンダ2022では、日本首相の岸田文夫がこの努力にコミットしました。 「3年前、ダボスで韓国はDFFTを提唱しました。私たちはDFFTをさらに発展させています。」

サミットのマイルストーンが近づくにつれて、DFFTに関する議論が実際の利益と適用を含むように拡大されることを願っています。 その文脈で、DFFTと連携した民間のパートナーシップは、ビジネス苦情の解決策としてさらに重要になると期待しています。



作者
藤藤裕子、プロジェクト戦略責任者、C4IR、世界経済フォーラム、日本
Ryosuke Sakaki, フェロー, C4IR, 世界経済フォーラム, 日本
Jonathan Soble, C4IR Japan 世界経済フォーラム編集・コミュニケーション責任者

READ  「今ここに生きることができない「地下日本最大のシールドマシンが通過家のすぐ下に高さ4mの共同が...調布・その他環道路トンネル工事:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close