技術

さようなら画面亀裂? iPhone 12の4機種は、セラミックシールド画面落下防止の4倍 – Engadget日本版

AppleのiPhoneの12発表イベントでびっくりな──噂が少なかった──発表がされたが、画面側のガラスに採用された新技術「セラミックシールド」(Ceramic Shield)です。

これはiPhoneの12シリーズ4モデル(ムインワmini、Pro、およびPro Max)の両方に搭載された新技術であり、ガラスの傷や衝撃に対する耐久性を向上させること。 アップル側のアピールは「iPhone 11世代に比べて落下に対する耐久性が4倍」と区があります。

iPhoneシリーズは、表面ガラスが割れても、タッチが反応する構造である点も助けいわゆる「ガラスがバキバキ(割れ)」の状態を見ることができ、比較的多くのモデルとなっていましたが、12世代でそのような悲しみを担う少なくなりそうです。


技術的な詳細については、iPhoneの12シリーズの公式ページで「画面側のガラス表面にナノセラミック決定を注入した」と紹介した。 基本的には言葉より受ける印象そのままに、ファインによって傷や衝撃から保護される認識して良いようです。

しかし、技術的なポイントとなったセラミックは、透明ではないので、どのように画面のガラスに透明度を維持するのかという点。

アップル側は「クリスタルの種類と結晶化の程度を制御することにより、より高い透明度を維持しながら、セラミックの強度を最大限に特別な調合法を開発した」とアピールしています。

アップル側は「今まで他のスマートフォンでも使用していません。そして、どのようなスマートフォンのガラスよりも堅牢です」と、その独創性と衝撃の高さを誇っています。

また、ややもすると落下耐久性と相反する微細な傷に強いに関しても配慮。 既存のiPhoneでは、背面ガラスのみ採用されてきたガラスの傷耐性を高める技術「二重イオン交換プロセス」を画面側のガラスに採用した。

この技術は、擦り傷、傷、日常的な摩耗からガラスを保護することができるという点を唱えています。


▲iPhone 12無人/ miniの公式ページより。本体側面フレームと画面側ガラスが平らになっている点を確認することができます

そしてiPhone 12シリーズは、落下耐性を高めるために、本体の設計での研究も導入した。 それはカバー(外装)と体の端を平らにしたこと。

つまり、既存のiPhoneシリーズの特徴であった(いわゆる)2.5D加工表面ガラスが廃止され、外装フレームとガラスがフラットになったになります。

これらの研究も合わせたもので、公称「iPhone 11世代に比べ本体の落下性能4倍に向上」を実現。 また、この4倍の値は、(アップルが内部的に測定している)、前年モデルと耐衝撃性の比較でiPhone史上最大の改善スピードもあるそうです。

発表会では、防水・防塵性能などと共に耐久性を「Oops Resistant」 – 意訳すると「思わず保護」あたりか – とアピールする場面もありました。


▲別の角度からこのようにほぼフラットと呼ぶ段差が少ない。フレームの形状も手伝って、想像以上にiPhone 4/5 /招待SE的な印象を受けます

これらの衝撃に対する配慮はiPhone 11シリーズ(ともすれば、今までのiPhone公共イメージを覆すよう)主力歌われたポイントが、iPhone 12世代に、これらの点も多くの配慮を見せた – そして上位モデルだけでなく、シリーズ全機種に導入した – 点は、ユーザーにとって非常に嬉しいところ。

ともすれば、今年からは「画面がバキバキのiPhone」を参照して確率が減少すると予想することができます。

出典:iPhone 12無人/ mini公式ページiPhone 12Pro / Pro Max公式ページ

READ  MicrosoftのEdge Extensions StoreがNintendoゲームの違法コピーをホストしたと報道されました。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close