経済

すべての日本の村が縮小されません。 300個どのように行われていることを示します。

東京 – 日本の人口は減少を続けているが、全国的に約300個の増加するコミュニティが部分的に家族のための保育支援への投資のおかげで、このような傾向を破っています。

これらのコミュニティは縮小されている、日本の希望のかすかな光を提供し、金曜日に、人口ベースで世界10位の国から脱落したという事実を知ることになりました。

日本の2020年の人口は1億2,222万人で、2015年に比べて0.7%減少した。 都市、町、村の80%以上が住民を失った。 総人口は2年連続の減少した。

しかし、千葉県の流山は5年間の人口を14.7%増やした。 これは、2011年3月の原発事故に関連する避難命令が解除された福島県の地域を除いては、市町村の中で最も高い成長率です。

2005年に開通したつくばエクスプレス鉄道は流山駅の近くで商業ビルと公園のバランスをとる再開発プロジェクトを触発しました。

住宅情報サイトSuumoの編集長であるYoichi Ikemotoは「これらの二重所得世帯と子供がいる家庭を対象とした都市計画を正常に進行している」と述べた。

Nagareyamaは部分的に都市で提供されるサポートのために若い家族を魅了します。 都市でサポートするバスサービスは、親が駅から子供を下した後、子供を託児所に連れて行きます。

千葉県流山の駅と接続している大型ショッピングモールは、小さなお子様連れの家族が多く訪れる場所です。 (写真:Makoto Okada)

流山の出生率は、2013年と2017年の間に平均1.58人で、全国平均1.43人を超えました。 人口増加率が高い地域社会は、出生率が高い傾向があります。 これは、外部からの人口を引き込むとともに、人口統計学的危機を止めるため、地域の出生を促進することが必要不可欠であることを示唆します。

千葉の別の都市松戸は、2015年より3.1%成長しました。 2歳以下の子供のための託児所は、駅の近くまたは内部にあります。 4月現在、6年連続で順番待ちリストに上がった子供はありません。 また、伝染病で在宅勤務が増加するにつれて保育室と4つの鼻のワーキングスペースを構築しました。

魂ゴヤ源氏松戸市長は「核家族の成長とともに社会全体が子育てを支援しなければならない」と述べた。 「高齢者の対策を進めても、若い世代が活動できる空間を用意して、地域の力を加えることが重要である。」

東京と大阪が成長している間、日本の衰退は、特に多くの県の機能を処理する、いわゆる指定都市で顕著になりました。 北九州は5年ぶりに21,644人を失っ純粋基準で最大の減少を記録した。 日本海沿岸都市新潟は20,442人、長崎は20203人を失った。

しかし、神戸近くの都市明石は3.6%成長した。 日本の鉄道駅の近くに大型の屋内遊び場がある保育施設が2017年にオープンしました。この都市は、10月の幼児を対象に、「おむつ購読」サービスを開始しました。 毎月育児経験のあるサポートスタッフが3,000円($ 27)相当のおむつ、離乳食やその他の生活必需品を無料で配信します。 これらの出会いは、親がアドバイスを得ることができる機会を提供しています。

READ  ホンダ、2040年までにガソリン専用新車販売中止

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close