世界

そこのインターネット環境を提供する風船を飛ばすプロジェクト「Loon」が連続飛行312日の記録樹立 – GIGAZINE



地球上のあらゆる場所にインターネット環境を提供する「Loon」で使用されているバルーンが312日、という連続飛行記録を樹立したことが明らかになりました。

成層圏での312日間。 Loonの ‘sにつながる革新… | 著者Salvatore Candido | Loonブログ| 2020年10月| 媒質
https://medium.com/loon-for-all/312-days-in-the-stratosphere-5c50bd233ec5

アルファベットLoon、312日、の成層圏飛行記録主張| ベンチャービット
https://venturebeat.com/2020/10/28/alphabets-loon-balloon-business-claims-stratospheric-flight-record-of-312-days/

Loon:成層圏からの312日の-YouTube

「Loon “高度約20kmの成層圏にWi-Fiアンテナ装置の風船を飛ばし通信インフラが整備されていない地域にもインターネット環境を提供するプロジェクト。 Googleの兄弟会社に該当する次世代プロジェクト研究を目的とした会社・X 1プロジェクト “Project Loon」で、2013年に開始し、2018年に「Loon」という名前で独立事業化。 2020年7月にケニアで商業展開を開始しました。

成層圏を飛行風船でインターネット環境を提供する「Project Loon」、ケニアの山岳地帯で商業展開を開始 – GIGAZINE


通信インフラを提供するプロジェクトであるため、気球は安定的に長期間飛行することが求められています。 Loonは一度発射すると、100日以上の飛行することができる機構を開発した。 徐々に連続飛行時間を増やしてきた2018年11月18日から2019年7月2日までに「P-496」と呼ばれる風船223の日の記録を樹立した。

今回の記録を更新した「HBAL703」は2019年5月にプエルトリコを離陸。 2020年3月に着陸するまで312日の飛行を行いました。

公式ブログに投稿された飛行経路はこんな感じ。 写真中央大西洋に浮かぶリコーが離陸地点から南米大陸の上空からの長期滞空した後、南大西洋でインド洋、南太平洋に移動します。南米大陸西部で再び長期滞空最後のメキシコバハ・カリフォルニア半島で回収された。


Loon気球飛行時間が長いほど、飛行時間のコストが低くなる構造となり、その分「破格的なコストで多くのことをこなすことができ、「できるようになるのです。また、飛行時間が長ければ、それだけ得難い太平洋の真ん中などに滞空することができる時間も延長のためにLoonの目標である「辺境の地にインフラを提供する」という目的を達成することができるようになります。

LoonのサルヴァトーレキャンディもCEOは記録更新に「飛行時間を増やすための飛行システムが功を奏している目に見える指標であり、非常に興味深いですね」とブログに記しています。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  新型コロナウイルス感染を「咳の音」で検出可能なAIが開発されている無症候性の患者は、100%の検出 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close