理科

そして25mまで接近使っ衛星とロケットの危険衝突| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版
現在、地球の軌道を回る10センチ以上の人工物は、2万9000個もあることができ、将来の宇宙ミッションに脅威となっている(NASA)

地球のまわりを回っている小型車程度の重量の2つの宇宙ゴミが地球上空約990キロ以上接近した。 両者の距離が25メートル未満と推定され、もし衝突していると、小さなガラスの破片が無数にあり、数十年の間に、他の人工衛星や宇宙船を危険懸念があった。 専門家は、その確率を5〜10%と推定した。

今回の危機一発した物体の一つは、1989年に打ち上げられたロシア航法衛星(船舶や航空機の位置を教えて航行を支援するための人工衛星)。 他の一つは、2009年に打ち上げられた、中国ロケットの3段、すなわち1段、2段分離後、衛星を軌道に投入する部分である。

地球低軌道(高度2000キロ以下)の物体を追跡している米国カリフォルニア州のレオとブーズあらかじめ予想は、日本時間で2020年10月15日午前9時56分、南極大陸沿岸の南大西洋からわずか12メートル距離をすれ違うことになっていた。 会社によると、二つの物体の総質量は約2800キロで相対速度は秒速14.7キロという。

ISSに危険は?

この二人は宇宙ゴミに大きい。 ロケットの3段の長さは約8メートルもある。 衛星自体の長さは約5メートルであるが、衛星を安定させるために長さ約17メートルの腕を出している。

レオとブーズの最高経営責任者であるダニエル・三パリ氏は両者が正面衝突した場合、粉々に破片が「地球を包み込むように広がっていくだろう」と言う。 また、はね破片はいつか高度が下がってきて大気中に乗るまで」数百年上の滞在」になる。

正面衝突ではなく、衛星の腕の部分だけロケットと衝突する可能性もあった。 米国マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバードスミソニアン天体物理学センターの天文学者ジョナサン・マクドウェル氏は、これらの競合の結果を予測することは難しいと言う。

それでもマクドウェル氏は、「地球に脅威がありません」と述べた。 「チップは小さく、大気中、完全燃焼になります。いずれにせよ、ほとんどのチップは、数十年の間に落ちないよ落ちるときに完全に乗せています。」

しばらくは、国際宇宙ステーション(ISS)にリスクがないようだ。 ISSは破片が発生する可能性のある高度よりもはるかに低い高度約400 kmの距離を回している。 マクドウェル氏は「短期的には、ISSに大きな危険を及ぼすおそれがないことです」というが、長期的には、チップの高度が下がってきてISSの軌道に来ることができる。 「そうなれば、ISSに降り注ぐ “雨”がかなり増えるだろう」

ISSは今年に入ってすでに3回の今後の宇宙ゴミを避けるために軌道変更マヌーバー実施しており、最近では、9月下旬に実施している。

READ  国際宇宙ステーションからの継続わずかな空気漏れ、漏れの箇所が、ロシアの敷地モジュールに絞られた| ガジェット通信GetNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close