スポーツ

その他のスポーツ:日本の暑さが高騰し、東京人たちと一緒に苦しむ選手たち

TOKYO(Reuters) – 今週から蒸し暑い気温でオリンピックが始まり、多くの世界トップクラスの選手たちが日本の高い夏の “ひどい”暑さに東京であると痛みを経験するものであり、訪問するすべての参加者に追加負担になることです。

気象庁は、水曜日に5日連続熱中症警報を発令した。 今、別の高温多湿の夏の苦痛の中にあるかもしれないの温度は、午後3時現在、摂氏33.1度です。

主催者側は、暑さに勝つためのhttps://www.reuters.com/lifestyle/sports/olympics-mist-horses-cooling-vests-tokyo-games-kick-off-sweltering-heat-2021-07-20ツールをリリースしします。 、オリンピック馬のためのミストスプレーステーションと審判のための冷却のベストを含んでいます。 しかし、暑さはすでに感染症の影響を受けた訓練を受けたコーチや選手たちに別の問題を悪化させます。

東京に住んでいる24歳のMisuzu Uenoは「日本の夏は異常です。湿度が高く、熱が半端ではありません。」と言いました。 「この気候は、オリンピックには適していません。」

ニュージーランドの男子ホッケーチームの監督であるダレン・スミス(Darren Smith)は、朝の試合で特に難しいと予想される熱い天候に備えるため、「多くの努力を傾けた」と言いました。

スミスは、東京、2020、メインプレスセンターで開かれた記者会見で、「高温になるだろう」と述べた。 彼のチームがヨルシルでの時間を含めて、温度に対応するために十分な訓練と準備をしたと言いました。

高い温度は、今、冬のニュージーランドと同じ南半球の選手たちに、追加の課題となるでしょう。 ニュージーランドの首都ウェリントンは今週気温が摂氏13度前後をぐるぐる回ること予報された。

東京の暑さはまた、感染症に対処に複雑さを追加します。 専門家は、病気が高温と脱水のような類似した症状を示すため、初期対応が熱中症とコロナウイルスの事例を簡単に混乱することができると言いました。

東京と隣接している千葉に住んでいる星野真理子(44)は、「コロナ19患者だけでなく、熱中症患者も増えるだろう」とし「医療面でも大変なことだと思う」と語った。

水曜日東京の新規感染者は6ヶ月の最高値である1,832人に急増しており、専門家は、さらに悪化することができ、より多くの熱中症患者を扱う医療システムに追加の負担を与えることができると警告しました。

(Martin Quin Pollard、Daniel LeussinkとAkira Tomoshigeのを見て、David DolanとHugh Lawsonの編集)

READ  Heisman勝者DeVonta Smith、アラバマ州の国家のタイトルに導く

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close