トップニュース

それはここで発生しました。 起こった

アメリカが第二次世界大戦に参戦してからわずか2か月で、フランクリンD. Roosevelt大統領は、ヤキマ渓谷の多くを含む何千人ものアメリカ人の生活を混乱させる行政命令に署名しました。

1942年2月19日に署名された行政命令9066は、120,000人以上の日本系アメリカ人を西海岸から家から離れた強制収容所に移送する結果をもたらしました。

家、農場、事業体から追い出された人々の中には、1,000人を超えるやきま渓谷住民がいて、ほとんどがLower Valleyに住んでいました。

他のアジア系アメリカ人と同様に、日本系アメリカ人は移民クォータと財産所有制限を含め、20世紀初頭にかけて差別と敵対感を経験しました。 しかし、多くの人々がヤカマネイションの土地のローワーバレーに農場を建てることができました。

米国太平洋艦隊が真珠湾で攻撃を受けたとき、ヤキマ渓谷に住む人々をはじめとする多くのアメリカ人は、生まれた時からアメリカ市民であったにもかかわらず、近隣の日本系アメリカ人を疑わしく眺めていました。

日本系アメリカ人市民連盟が米国への忠誠を宣言したにもかかわらず、トッペン市市場ELベネットは、都市から10マイル以内に居住するすべての日本人系統のリストを命じた。

西海岸の新聞は、軍の指導者や政治家と共に、日本のアメリカ人が米国内で日本に代わって戦ったり、アメリカの産業やインフラを破壊する「第5軍」の役割を果たすことを恐れていました。

強制移住が必要ないという連邦法務省の弁護士の助言にもかかわらず、FDRは軍事顧問に屈し、命令に署名した。

このコマンドは特定のグループや地域を対象としていませんでした。 一部の管理者は、この命令はドイツ系アメリカ人とイタリア系アメリカ人にも適用できると述べています。

フランシス・ビドル米法務長官はこの日、記者たちに「静かな部分を大声で言うこと」と呼ぶ動きで「これは日本の問題」であり、命令の焦点は西海岸にあるだろうと述べた。

最初の計画は、ワシントン、オレゴン、カリフォルニアの西半分を命令に従って「軍事ゾーン1」と指定し、軍事ゾーン2はヤキマ渓谷を含む残りの州で構成することでした。

地域的には、Broadway Grangeは戦争省(今日の国防省)または政府の他の部署に「米国のすべての日本人を責任がある」という決議案を通過させ、「安全に有害な活動に加わることを防止」しました。 アメリカの」

決議案は、米国に対する忠誠心を満足させることができるその地域のすべての日本人が国家に役立つ方法で雇われなければならないと提案しました。

残念なことに、ヤキマの2つの新聞は、1942年2月25日、ヤキマ・モーニング・ヘラルド社説で「日本問題」というタイトルの社説で行政命令を支持する隊列に飛び込みました。 栽培期間が近づいており、日本系アメリカ人の所有者であれ白人でも、戦争努力のために生産的な土地が必要だったため、取り除かれました。

社説は「これらの人々を根絶しないことに決めたら、彼らの活動に対する厳格な監視システムを導入することが望ましいと考えられるが、やや高価な事業を遂行しなければならない」と述べた。

Yakima Daily Republicのある社説は、地元の高校に通う日本のアメリカ人の若者が忠実ではないと想像するのは難しいですが、アメリカでいくつかの日本人の行動が彼ら全員に疑問を抱いていると述べました。 社説はまた、日本政府が第二世代の日本系アメリカ人を帝国の神民とみなしたと主張しました。

「だからこそ、これらの子供たちは2つの市民権と2つの忠誠心を持っています」と私説はコメントしました。 「それぞれの質問は、これらの市民権のどれがより影響力があるのか​​ということです」。

(日本政府は1924年に二重国籍を廃止し、第2世代の日本系アメリカ人は日本の市民になれませんでした。)

ワシントン州に住む日本のアメリカ人はまた、すべての火器と武器をワシントン州パトロールに引き渡すように命じられました。 一人の女性が竹の弓と矢の箱を渡しました。

ワシントンでの日本系アメリカ人の最初の追放は、1942年3月24日にベインブリッジ島で発生し、そこで彼らは日本系アメリカ人を投獄する10の収容所の一つであるカリフォルニアのマンザナール戦争再配置センターに移送されました。

1942年5月にヤキマ渓谷にいた1,051人の日本系アメリカ人が電車に乗りました。 最初はポートランドに、最後はワイオミングにあるハートマウンテンキャンプに移されました。

リーダーのEleanor Rooseveltは、収容所の1つを訪問した後、これらの慣行を非難し、大統領に命令を撤回するように促しました。 AUS最高裁判所は1944年に判決を確定しました。

[1945年1月、この命令は撤回されたが、1988年にロナルドレーガン大統領が拘禁に対して謝罪し、生き残った収監者1人当たり2万ドル(現在価値で4万7384ドル)を支払う法案で命じるまでかかる。[1945년1월이명령은철회되었지만1988년로널드레이건대통령이구금에대해사과하고살아남은수감자1인당2만달러(현재가치로4만7384달러)를지불하는법안에서명할때까지걸릴것입니다

It Happened here は Yakima Herald-Republic レポーター Donald W. Meyers の週刊歴史コラムです。 [email protected]までご連絡ください。 今週の社説のソースは次のとおりです。 historylink.org国立記録保管所、Franklin D. Roosevelt大統領図書館および博物館、Morgan Friedmanのインフレ計算機、Yakima Herald-Republicの記録保管所。

READ  4K対応」Nintendo Switch」新型来年発売するかどうか - ITmedia

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close