技術

ついに発売「iPhone 12 mini」招待SEに比べてサイズ感は?実際の比較 – Engadget日本版

アップルの新型スマートフォン「iPhone 12 mini」が発売されました。 第2世代「iPhone SE」(iPhone 8と同じ大きさ)よりも小さい場合に5.4インチの大画面有機ELディスプレイと高性能A14 Bionicプロセッサを搭載。 5G通信にも対応するなど、小さいながらも性能面で妥協もありません。

製品の使用感などは、すでに掲載されたレビュー記事(下記参照)に譲渡本記事では、以前の小型iPhoneの代表格とすることができる、初代「iPhone SE」と実機でサイズ感比べてみましたした。

関連
iPhone 12 miniの「ちょうどいい感じ」を実機で確認(西田宗チカ)
小さなのに大画面。 iPhone 12 miniは、日本の需要に対応する5Gスマートフォン(シノ淳也)
思ったより小さい! 軽い! iPhone 12 miniを動画でチェック

初代SEの実機と比較してみた

それぞれの本体サイズと重量は、次のとおりです。

「iPhone 12 mini」は、小型といっても初代「iPhone SE」に比べて縦9mm横に5.6mm、重さは20g、それぞれ増加しています。一方、厚さは0.2mm減少しています。実機を並べて比較してみても、「iPhone 12 mini 」の方が一回り大きいことがわかります。

また、実際に操作してみると、スペック程度の大きさの違いを感じません。 “のようなサイズ感」と表現すると誇張だが、初代iPhone SEユーザーも簡単に移行することです。

またイルモクヨヨンヌンが、「iPhone 12 mini」は、初代「iPhone SE」よりもはるかに大きな画面。 率直に言って初代「iPhone SE」の表示は今となっては「小さすぎて適切に使用することができたことがないんだ…」と感じることですが、「iPhone 12 mini」は、SNSや動画鑑賞にも十分楽しむことができるでしょう。

カメラ周りは「iPhone 12」のように広角レンズと超広角レンズ2眼構成他のiPhone 12シリーズと同様に、レンズが背面から突出しています。 レンズが突出されず、平面初代「iPhone SE」のデザインは、むしろ懐かしくもあります。

まとめると、初代「iPhone SE」に比べて一回り大きいことを十分にコンパクト。 また、小型も狭い額縁化を介してディスプレイは適当サイズのため、コンパクトで使いやすさを両立させた絶妙なサイズ感に仕上がっています。

使用感の詳細については、以下の実機レビュー記事を参照してください。

iPhone 12 miniの「ちょうどいい感じ」を実機で確認(西田宗チカ)
小さなのに大画面。 iPhone 12 miniは、日本の需要に対応する5Gスマートフォン(シノ淳也)
思ったより小さい! 軽い! iPhone 12 miniを動画でチェック

READ  「AppleシリコンMacはジョブズの目標とした完成形 "アップル幹部が言う - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close