技術

であれば、スープにディーゼルを作る? 日本の運送会社がこれを可能にします。

昨晩のであれば、スープがある? さて、あなたは、ディーゼルに変換して、燃料費の一部を節約することができます。 とんでもない音のように聞こえるかもしれないが、これはまさに、日本の運送会社がしていることです。 日本の南西部に位置し、Nishida Shoun運送会社の社長は、部分的に残ったとんこつラーメンスープで作ったバイオディーゼル燃料を使用して、会社の車に動力を供給する方法を考案した。 このため、同社はスープから抽出したロッドと廃食用油から作られた燃料を結合します。 スープ自体は豚骨作成します。

これまでNishida Shounは、バイオディーゼル燃料を使用して多くのトラックを運営してきました。 今年9月から170台のトラックをすべて運行するために燃料を使用する予定である。

このアイデアは、ほぼ8年前の2013年に会社の会長であるMasumi Nishidaに気づいた。 Kyodo Newsは、すべてのは、Nishidaが「植物油から抽出したバイオディーゼル燃料の研究を行う中であれば、チェーンオペレータにアクセス」したときに開始されました。 余分のスープを処理するために料金を支払う必要があったオペレータは、スープをより持続可能な方法で活用する方法を探していました。

これらの目標を念頭に置いてNishidaはスープでロッドを分離することができる装置を開発した。 この装置は、ラーメン店の厨房で簡単に使用することができます。

しかし、いくつかの問題がありました。 例えば、ロッドは植物油に比べて簡単に固まる傾向があり、作業が困難である。 しかし、Nishidaは「廃食用油から作られたバイオディーゼル燃料と混合されるように精製過程で特定の要素を削除」する方法を考案した。

74歳の彼は、自分の旅に「最初は、化学の知識が全くなかった試行錯誤を経た。 しかし、環境問題が大きな課題となっている日の光を見るようになりました。 ” 現在同社は、工場で一日に約3000リットルの燃料を生産します。 そうすることにより、約2,000軒のレストランで毎日発生する過剰なロッドと廃食用油を処理することができる持続可能なオプションを提供しています。


最新技術のニュースやレビューを表示するGadgets 360をフォローしましょう。 ツイッターフェイスブックは、 グーグルニュース。 ガジェットと技術の最新のビデオを表示するには、以下の購読します。 YouTubeチャンネル

Amazon Alexa、インドでAmitabh Bachchanの声を対価として集める

インド、ベトナム、パキスタン個人パスワード貨幣採用の最高測定値のいずれか:Chainalysis

READ  日本のSoftBank、アフリカが空を介してインターネットへのアクセスを拡大するようにサポート

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close