トップニュース

どこからでも仕事をして飛行機で出退勤するヤフー、日本のスタッフに知らせます。

(ブルームバーグ) – ヤフージャパンは8,000人の従業員に全国どこでも働くことができ、さらに仕事が必要なときにすぐに出勤できると言っている。 コロナウイルス感染症。

ブルームバーグで一番読んだ

このプログラムは4月1日から施行され、従業員は以前はオプションではなかった飛行機で通勤できると会社は水曜日の声明で明らかにした。 Yahooは日本でインターネットポータルとして最もよく知られていますが、Line MessagingアプリとPayPayモバイル決済サービスも所有しているSoftBank Group Corp.のZ Holdings Corp.です。

川辺健太郎社長によると、会社職員の90%が現在遠隔勤務をしており、大多数が在宅勤務成果が安定したり改善されたとTwitterに明らかにした。 「だから私たちはヤフーの従業員が日本のどこにでも住むことができるようにしました。 これは、私たちがオフィスの利点を拒否するという意味ではありません。 必要に応じて飛ぶことができます。」と彼は付け加えました。

Yahooは、労働者1人当たり月15万円($ 1,300)の出退勤予算を設定し、前日の制限を解除します。 従業員1人当たり月5,000円が支援される社交の集まりとともに、詐欺とウェルネス強化を目指しているため、直接対面コミュニケーションが引き続き推奨されます。

同社は2014年から「どこからでもオフィス」の遠隔勤務システムを導入しましたが、ウイルスが潜伏するまで在宅勤務日数を月に5日に制限しました。

日本企業は、かつて事務所での直接的な相互作用と長い勤務時間を誇りに思っていた文化で、2020年以前は珍しい柔軟な勤務方式を導入することで伝染病に対応していました。 Panasonic Corp.は先週、Mizuho Financial Group Inc.がすでに進行中のイニシアチブである4日間の作業計画を発表しました。

ブルームバーグビジネスウィークで一番読んだ記事

©2022ブルームバーグLP

READ  ジェジュン、 "イテウォンクラス」撮影地弾バーム屋上で熱唱「皆さんを思い出して、「| ORICON NEWS

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close