経済

どこにも行かない: 中央銀行はインフレ恐れに直面している

中央銀行家は心を変えた。

今月まで、彼らはインフレが一時的な現象であり、ユニークな歴史的状況の表現であるため、意思決定を導く必要はないと主張しました。 しかし、ここ数週間、主要な中央銀行はインフレリスクを再評価し、インフレリスクが持続することについてさらに心配していることを発表しました。

これらの変更は意味があり、注意が必要です。 しかし、中央銀行家と政府の意思決定者の両方が、経済政策立案者は柔軟性を維持し、事実に適応し、急速に変化する状況への期待と対応を調整する準備ができていなければなりません。

COVID-19 感染症が緩和され、消費者が買い物や支出で祝い始め、世界中で価格が上がり始めた。 回復の速度はボトルネックを引き起こし、サプライチェーン全体で価格が上昇しました。 支援基金の利用可能性は、労働者間の優先順位の再評価を促し、労働力に少しの不足をもたらしました。 企業がマージンを維持するか、または場合によっては利益を増やすために価格を引き上げるにつれて、価格が上昇するという単純な期待がインフレ圧力に貢献しました。

これらの圧力は中央銀行家の考えに影響を与えた。 かつてインフレが「一時的」であり、激しい景気後退後に正常に戻った結果だと主張したが、見解を修正している。 ジェロームパウエル米国連邦準備制度(Fed)議長は「今、実際のリスクがある……」 インフレはより持続的かもしれない」と警告し、新しい時代精神を表現した。

中央銀行家は、価格と雇用という2つの優先順位のバランスを維持しています。 彼らは、伝統的に成長が速すぎてインフレを制御する必要があるときに、経済規制のための主要なツールである金利を引き上げる最初のものを優先しました。 残念ながら、不況は一般的に雇用を減らします。

その緊張は今日明らかです。 失業率は低下していますが、コロナ19以前のレベルと比較して高いレベルを維持しています。 6月、国際労働機関(ILO)はファンデミックにより2020年に1億4400万の雇用が減り、回復が進んでいるが、2023年まではその雇用が代替されないと推定した。 労働市場が厳しい日本では、COVID-19により100,000人を超える人々が雇用を失いました。 米国では、コロナ19以前と比較して依然として400万の雇用が消えたと推定される。

しかし、消費者物価上昇率は上昇傾向にあり、11月の米国では6.8%を記録し、これはほぼ40年ぶりの最高水準で、ユーロを使用するヨーロッパ諸国では​​4.9%です。 その結果、中央銀行はインフレに対する新たな懸念とそれに対処する準備ができているという信号を送っています。 米国連邦準備制度(Fed・連준)と欧州中央銀行(European Central Bank)は、債券などの資産を購入することで経済に提供する支援を減らすか減らすと明らかにしました。 イギリスとノルウェーは金利を引き上げ、連邦は来年3回の金利を引き上げると予想した。 9つの新興経済局中央銀行が独自の金利を引き上げたか、まもなく引き上げると明らかにしました。

デフレ圧力が長く経済展望を支配していた日本でも緊縮の兆しがあります。 去る12月、内閣はコロナ19ファンデミックが緩和され、回復に対する希望の中で17ヶ月ぶりに全般的な経済評価を上げた。 経済は第3四半期に最初に報告されたものより少し早く萎縮したが、緊急事態が終了し、2021年の最後の四半期には反騰すると予想されます。

消費者インフレは引き続き実質的に存在しませんが、11月の卸売インフレは9%に上昇しました。

このため、日本銀行はファンデミック以後提供した緊急支援措置を縮小しなければなりませんでした。 もちろん、その変化には限界があります。 黒田春彦BOJ総裁は「消費者物価上昇率が2%、または米国や欧州水準に達したり超過する可能性はない」と断固として述べた。 したがって、銀行は「米国やヨーロッパのように通貨政策を正常化しないだろう」と話した。

しかし、不確実性は依然として存在します。 現在最大の疑問符は、オミクロンの変種と初期回復に対する脅威です。 証拠によると、予防接種を受けた人口に大きなダメージを与えないことになります。 しかし、その出現とその出現に対する迅速で強圧的な反応は、状況が流動的であり、政策立案者が発展に迅速に対応できることを強く思い出させます。 日本政府は、オミクロンなどのコロナウイルス変種による経済的リスクを「密接に監視する」と述べました。

逆説的に、金利の最も重要な決定は、今週の初めに北京で行われた可能性があります。 北京では、政府は景気後退を促進するために、ほぼ2年で初めてローンベースのローン優遇金利を引き下げました。 中国当局は1年満期LPRを3.85%から3.80%に5bp引き下げ、5年満期LPRは4.65%に維持した。 中国政府は、ますます脆弱になる不動産セクターやサンダミーなどの企業負債とともに、COVID-19の影響について懸念しています。 無関係な方針により、地域が突然閉鎖される可能性があります。

その結果、世界中の富の商が減少しました。 ファンデミック以前、中国は世界国内総生産(GDP)の約35%を占めました。 今は25%と思われます。 経済学者たちは、中国が今後数年間、他の新興市場よりもゆっくり成長していると見ています。 それは中央銀行家ができる調整です。 ただし、クラッシュや危機が発生すると、すべての賭けがキャンセルされます。 そのような状況では、インフレはマイナーな関心事になるでしょう。

ジャパンタイムズ編集委員会

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  中国の自動車メーカーBYDのチップユニットIPO計画、規制の問題で中断

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close