経済

どのように手遅れになる前に、地球温暖化を止めることができるか – GIGAZINE

動画



日本を含む多くの先進国が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減を目指し京都議定書批准したが、地球温暖化は抑制されるどころか進行しています。地球温暖化は、一定以上の進行すると、人間の手で押して立てることができない場合考えられ2019年にはそのような温暖化転換点に到達している報道されました。本当に地球温暖化は、元に戻すことができないところまで来てしまったのか、今後可能な解決策はないのかについては、科学YouTubeチャンネルの簡単に言えばこのアニメーション映画で解説しています。

気候変動を防ぐには、遅すぎますか? まあ、複雑です。 – ユーチューブ

地球温暖化のひどいニュースが多数報道されており、猛暑と氷河の融解などの「史上最悪の記録」は、毎年更新されています。


数十年前から知っているが、急激な地球温暖化は、温室効果ガスの排出に起因しているということです。


しかし、原因を知っていながらも、2019年に排出された二酸化炭素(CO2)の量は、2000年に比べて50%も増加しており、温室効果ガスの排出量は増加する一方です。


一体なぜ人類は温室効果ガスの排出をやめられないでしょうか。


人類が排出するCO2は「人口規模」「経済成長」「エネルギー経済効率“”エネルギー当たりの排出量」という4つの要素に大きな影響を受けています。


まず、「人口規模」で説明します。 当然排出されるCO2の量は、人口に比例します。


国連の調査によると、2020年から2100年までに世界の人口は40%増加すると推定されています。


人口増加の抑制に効果があると知られているのは、発展途上国の医療や避妊手段、教育への投資です。


しかし、巨額の投資をしても、少子化の効果が現れるには数十年かかります。


そして、過去数十年の間に多くのCO2が排出されてしまいます。


以下は、「経済成長」について。 私たちの生活水準を向上させ、科学技術の発展に伴いCO2の排出量は増加します。


例えば、米国のプログラマー1人、ウガンダの農業従事者50人以上CO2を排出しています。


世界部増え続けており、国連によって「貧困者(最も貧困)“として定義される「食料、安全な飲料水、衛生、健康、住宅、教育、情報など人間に必須であることをほとんど奪われた状態にある人」の割合(下の図の青グラフ)これまでの歴史では見られなかった不足します。


今「経済成長」は、世界の政治システムに左右されない、世界共通のスローガンです。


先進国が経済成長をすぐに放棄するということはありえず、発展途上国も豊富したいと考えているので、経済成長を追求して続けています。


経済成長が続くと続くほど、CO2排出量は増加します。 「経済成長もCO2の排出量が増加しなくても」と呼ばれる技術と政策の兆しもあるが、実用化に至ってはいません。


これらの理由から、「人口規模」「経済成長」という要素は、CO2排出量に大きな影響を与えています。


人類は処理し、CO2排出量の増加を減少に転じさせなければなりません。


その解決策になることができるのが「エネルギー経済効率」「エネルギー当たりの排出量」という二つの要素です。


「エネルギーの経済性」は、エネルギーをいかに効率的に使用しているかどうかを示す指標です。


例えば、ブラジルの屋台で料理のために石炭を、フランスの屋台の食べ物は料理のために、原子力発電によるIHコンロを使用しているとします。


この場合、原子力発電によるIHコンロの方が石炭よりもはるかに効率的です。


このように技術が進歩し、必要な電力を減らすことができます。


効率的な技術を開発し、私たちの社会に統合することは世界のCO2依存度を減らす上で最も重要な方法の一つです。


AIによる消費電力の削減や交通・産業分野の電気、持続可能なコンクリートの生産まで効率的な技術開発の可能性は無限大です。


しかし、たとえどのよう効率的な技術を開発したとしても、CO2排出量をゼロにすることは不可能です。


科学技術は、CO2排出量をゼロにすることができない理由は、1は「効率化されたのは、より多く使用されている」という法則である “リバウンド効果“の存在。リバウンド効果を介して、「全体的な効率が向上したが、最初の予測されたほどの使用量が減らない」場合は、どころか「全体的な効率が向上しましたが、使用量が増えた」というケースさえ起こることがあります。


「全体的な効率が向上しましたが、使用量が増えた」というケースの代表的な例飛行機。 距離あたりのコストは年々減少しているが、旅行者の数は年々増え続けているため、消費されるリソースは増加しています。


科学技術は、CO2排出量をゼロにすることができない理由2は、「間接リバウンド効果」何かが簡素化された場合には、その物にかかっていたコストが浮くので、他のものにお金をかけることができます。


例えば、燃費の良い車を購入する場合には、燃料費が浮いたおかげで、ドライブや旅行にお金をかけることができるようになり、結果的に消費される資源は増加するかも。 消費される資源の観点から言えば、「燃費が悪い車に乗って続けた方がいいだった」というのは得られる。


科学技術は、CO2排出量をゼロにすることはできない最後の理由は “投資金利下落」です。効率化が進むと進むほど効率は進展していない上にコストも増加するため、効率の速度はどうしても低下します。


そして多くの科学技術では、人類は、一定レベルの効率を達成してしまっています。


だから、「エネルギーの経済性」だけでCO2の排出量ゼロを達成することができません。 そこで重要なのが「エネルギー当たりの排出量「CO2の排出量はどのように一次エネルギーを使用するかに大きく関与しています。 例えば、石炭発電は、太陽光発電に比べて非常に多くのCO2を排出します。


簡単に言ってしまえば、化石燃料を燃やす燃やすほどCO2の排出量は増加するということです。


しかし、「化石燃料を一切使用していない」という選択は、現時点では不可能です。そのようなことをしてしまうと、一晩の間に多くの問題が発生することになります。


しかし、現在では「化石燃料の消費を控えるために代替手段を講じ」さえありません。


私たちが今しなければならないのは、既存の原子力発電所の寿命延長、……


化石燃料産業への補助金を削減し、自然エネルギー産業に回すこと。


炭素排出量の厳格な罰金を設け、その罰金を毎年引き上げて「脱炭素」に向けた強烈なインセンティブを起こすことなど。


そして新たな技術革新を起こすことです。 新しい技術を開発する必要がCO2排出量ゼロを達成できません。


新たな技術革新に期待されているのは、CO2回収・貯留機器と次世代原子力発電、自然エネルギーの貯蔵に革命を起こしてくれる新型バッテリーなどがあります。


しかし、技術革新は、時間が必要です。 そして、時間の経過の間に地球の気候は、「遅すぎる」になるかもしれません。


CO2排出量は年々増加しています。 この問題に対処するためには、技術革新だけでなく、行動も必要です。


化石燃料の消費量を減らす減らすほど、手遅れになるまでの時限は成長します。


石炭火力発電所の新規建設も中断する。


現代は、数十億の人々が化石燃料に依存した生活をしています。


この現象は、一日の朝に変えることができません。 しかし、可能な限り早く何とかしないといけません。


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  政府支援の後、2020年に日本で記録された低破産件数 - レポート

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close