トップニュース

なぜ日本でカジノタブーなのか?

日本には、世界で最も人気のあるカジノがいくつかあります。また、世界で最も厳しいギャンブル法の1つがあります。日本ではカジノは禁止されており、いくつかの例外を除いてギャンブル事業を営むことは違法です。この記事では、日本でカジノがタブーになる理由、合法的に運営できない理由、日本で合法的にギャンブルを行う方法について説明します。適切なライセンスとセキュリティがあれば、日本のこれらのオンラインカジノの一部はプレでーヤーが最高のギャンブルを体験するのに役立ちます。

日本のカジノ法

日本で合法的にカジノを運営するためには、あなたの会社が株式を売ることができるように、公募法の免除を認められる必要があります。ギャンブルは違法であり、この法律に例外がないため、これは不可能です。

日本政府は、国の厳格な法律とカジノの欠如により、人々がギャンブルに夢中にならないようにすることを確信しています。人々が合法的にギャンブルをすることができなければ、彼らは中毒にならず、最終的にはギャンブル依存症の問題を減らすだろうという仮定があります。

しかし、最近の報告によると、日本人がパチンコなどのウェブサイトで違法にギャンブルをしたり、競馬に賭けたりする可能性があることを示しているため、これは完全には成功していません。これにより、ギャンブル依存症のまったく新しい市場が生まれ、多くの批評家が日本の法制度の有効性に疑問を投げかけるようになりました。

日本のカジノの歴史

日本政府は、カジノは社会にとって脅威であると長い間信じてきました。日本の財務省は、カジノは「公衆道徳を腐敗させ、依存症を引き起こす」とさえ言っていました。

しかし、日本は国際通貨基金(IMF)などの国際機関の加盟国であるため、ギャンブルを完全に禁止することはできませんでした。代わりに、国は特定の地域での小規模なギャンブルを許可するために他の加盟国と交渉しました。

1957年、日本はマカオとの協定を批准し、マカオは領土の境界の外に1つのカジノを開くことが許可されました。その見返りとして、マカオは署名の日から25年間、その領土外でこれ以上カジノを運営しないことに同意しました。

1976年、東京近郊の経済特区で2番目のカジノが許可されました。しかし、大阪以外で3番目のカジノが許可されたのは1992年のことでした。この3番目のカジノは、他の地域のカジノの混雑を緩和するのに役立つため、許可されました。

日本のカジノのタブー

日本ではギャンブルは合法ですが、カジノは合法ではありません。いくつかの例外を除いて、ギャンブル事業を運営することは違法です。日本ではカジノやその他のギャンブルは禁止されており、違反者には罰金または最高3年の懲役が科せられます。

なぜ日本でカジノ業界が禁止されているのですか?政府は、カジノがこの国の将来に対するビジョンに適合しないことを明らかにしました。ギャンブルは、問題を解決するのではなく、より多くの問題を引き起こすだけの活動と見なされます。カジノの合法化は人々に多くのお金を失い、依存症や離婚のような社会問題を引き起こすでしょう。

政府はまた、カジノを許可することで、国内の組織犯罪が誘拐やマネーロンダリングなどの追加の犯罪活動に従事しやすくなると考えています。これは、これらの犯罪者のために国がすでに直面しているものを超えて、社会的混乱と腐敗を生み出すでしょう。

この法律を無視する人々にはどのような結果が待ち受けていますか?この法律に違反すると、犯した犯罪の重大度に応じて、最高3年間の罰金や懲役など、法的な影響があります。しかし、ギャンブル事業を行っている国々との国際関係を危うくし、政治的または経済的な問題で日本と協力しなくなる可能性があるなど、それほど明白ではない結果もあります。

日本で合法的にギャンブルをするためにあなたは何ができますか

日本ではギャンブルは違法ですが、いくつかの例外があります。研究または教育目的で行われる場合は、合法的にギャンブルをすることができます。 18歳以上で自分とは関係のない人と麻雀ゲームをすることもできます。日本を訪れると、民間企業が運営する賭博場を訪れることができます。

日本で唯一の合法的なカジノは、本土の港から出発するクルーズ船にあります。 Cruise Ship Casinoは、ルーレット、ブラックジャック、クラップス、バカラ、スロットマシン、ポーカーテーブルなどのゲームを提供しています。これらのカジノは英語を話すディーラーを雇うことが多く、ギャンブルの後に楽しみたい訪問者のためにバーやレストランなどの設備を提供しています。訪問者が船から降りるときに他の日本のカジノをひいきにしないようにするための厳格な法律があります。

日本の法律はオンラインギャンブルサイトにも適用されます。これは、オンラインギャンブルサイトが特別な許可なしに日本で違法である「ギャンブルビジネス」のカテゴリに分類されるためです。この国で合法的に運営するには、オンラインカジノは、顧客が自宅やホテルの部屋から離れすぎずに歩いてギャンブルできる物理的な場所を日本に持っている必要があります。

結論

日本はカジノが違法である世界で唯一の先進国です。日本のカジノのタブーは文化に深く根ざしています。歴史的に、日本で最も一般的なギャンブルの形態は競馬に賭けることでしたが、その後1949年に違法になりました。今日、カジノは社会的価値のない不道徳な娯楽と見なされています。ギャンブルは世界中の他の多くの国で合法化されていますが、カジノを採用しているアジアの国々もあります。たとえば、シンガポール、タイ、マレーシア、韓国ではカジノギャンブルが合法化されています。カジノが文化的価値のためにタブーになっている国が日本だけであることは驚くことではありません。

READ  7月までに、高齢者のためのワクチン接種を受ける日本の村:紙

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close