技術

ぬるぬる動くのが本当に? モニター “144Hzと60Hzの違い」は中学生分かる? 「Apex Legends」で比較してみた – GAME Watch

eスポーツ大会などで活躍しているプロゲーマーは、少なくとも144Hz以上のリフレッシュレートが必要であるとよく話した。 ネット上では144Hzのモニターは「ぬるぬる動く超快適 “、”大戦で勝利する」などの声もよく聞こえる。 これはプロも感じるだろうか? もしかしたら、すべての画像に言っていたではないか? だから、単純なゲームが好きな中学生も144Hzと60Hzの違いは分かる実際に検証してみた。

「MSI Optix G271」は、リフレッシュレート144Hzに対応するFHD LCDモニター実売価格は35,800円(税込)前後

暇さえあればPC上でゲームばかりしているうちの1人の息子が、フレームレートという概念を知ったようだ

筆者は、中学1年生の息子がいますが、大ゲーム好きで、暇さえあればゲームばかりしている。 以前は、Switchやスマートフォンなどで遊ぶことができ多かったが、最近2年ほどはPCゲームの快適さに目覚めた様子。 主にPC上でのゲームをハミョンソロビーの遅れなどでSwitchゲームをプレイしたり、スマートホゲアイテムをプレーするなど、同時に3個程度のゲームを進行する場合も多い。

生意気にもゲームヘッドセットとゲーミングキーボード、ゲーミングマウスなどは一通り備えて「ポートナイト」は、同級生たちとの音声チャット機能を使用して多くのと対話しながら遊んでいる(筆者も同じ部屋で仕事をするので、多くの場合、「うるさい!ちょっと静かしゃべれよ!」と叫ぶ羽目になっているが)。

息子たちの遊んでいる姿を見ていてすごいと思ったのは「ポートナイト」のボイスチャット機能を「ポートナイト」自体をプレイしていない場合にも活用しているのだ。 たとえば、かつて息子はスマホゲムの「部スター」に陥っていたが、「ポートナイト」のボイスチャット機能を使用して友人と戦術を練りながらプレイしていたのだ。

わざわざそんなことをしなくても、Discordなどを使用すればいいのにというのは大人の考えである。 息子の年齢であれば、自分で自由に使用ゲーム用PCを持っている子供は、まだ少数であり、PS4もあまり多くなく、やはり圧倒的にSwitchからゲームをしている子が多い。 「ポートナイト」は、Switch不要課金で遊ぶほぼ唯一のオンラインゲームであり、(「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」などのオンラインゲームは、Nintendo Switch Onlineに登録しなければなら)SwitchとPS4、PC、Xbox Oneなどの他のプラットフォーム間のクロスプレイも可能するため、一種のSNSというか通信プラットフォーム的な役割をしているのだ。

PC上で「ポートナイト」を開始し、友達とボイスチャットをしながら他のゲームを遊んでいることもしばしば

最近、息子が「ポートナイト」で会話をしながら友人とゲームに興味を感じている様子を見ていると、時々「60fps」または「30fps」という言葉を発していることがわかった。 fpsはFrame Per Secondに、毎秒表示されるフレーム数(=画面に描画交換回数)を示している。 驚く息子に「fpsという意味知ってる?」と聞くと、「わからないが、数字が大きいほど速くいいでしょう?」と返ってきた。 息子は最近、タッチタイプが大幅にすることができ、スマートフォンやPCゲーム攻略サイトやゲームの情報サイトを検索して閲覧できるようになっている。 どうやら、そこで得た知識である。

息子が友達とよく遊んでいる “ポートナイト」の場合には、PS4は60fps、Switchは30fps固定であるが、PCであれば、本体とモニターの性能に応じて120fpsと144fpsなど、高いフレームレートを実現することができる。 息子曰く、「Switch人は30fpsであるため、非常に難しい。私たちは、PCであるため、60fps出るよ自慢している」ということだ。 試しに息子にSwitchから「ポートナイト」をプレイさせた結果、「動きがカクカクくれ難しい」と所感。30fpsと60fpsの違いはすぐに明らかになったようだ。

息子は良いゲームモニターを使用すると、より高いフレームレートでゲームを楽しむことができまで知っているようで、憧れている様子。 プロ選手が144fpsと60fpsで再生感覚が全く違うという動画を見たことがあるようだ。 今の息子がゲームに使用しているPCは、4年ほど前に娘が自作したもので、CPUが「Core i5-6500」のグラフィックスカード「GeForce GTX 1060」と、最新のゲーム用PCと比較するとやや力が弱いです。

しかし、この程度のスペックでも「Apex Legends」や「レインボーシックスシーズ」、「ポートナイト」を(60Hz)のフルHD解像度でプレイするのに十分である。 なぜならPC自体は、ゲーム用途を対象に自作したものだが、イヤーモニターはゲーム用ではなく、一般的なリフレッシュレート60HzフルHD解像度の24インチモニターなので、息子は今まで60fpsを超えるゲームの世界を体験したことのないものである。

最近のリフレッシュレート144Hzというのは、ゲームのモニタの標準とすることができるスペックとなっている。 しかし、PCでゲームをしていても実はまだゲームモニターを導入していない人も多いのではないだろうか。 その理由として、「プロ選手でもなく再生頻度の違いなどわからないことが?」という意見を聞くこともしばしばある。

一方、PCゲームの世界はもちろん、PS5とXbox Series Xなどの次世代コンソールゲーム機でも120Hz表示モードが用意されるように、60Hz以上の高いリフレッシュレートが今後の標準になりそうな情勢だ。 これらの次世代コンソールゲーム機が接続されると、144Hz対応モニターは、数値的なスペックだけでなく、「本当に体感できるほどの効果」があるかをテストしたい。

そこで今回は、MSIの144Hz対応ゲーミングモニター」Optix G271」を利用して、これまでの2倍以上の描画枚数を実現する144FPS世界を息子に体験している。60fpsと144fpsの違いを知ることができるか、また、144fpsすることにより、よりゲームの結果はよくされている検証していきたい。息子、の差が分かれば導入を検討しちゃってもいい。差が分かったらね!

READ  日本の株式は急激な損失から反転し、技術株式は上昇を主導

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close