トップニュース

の原日本、女子オムニオムトラックサイクリング銀メダル獲得

陸上サイクリスト梶原由実(Yumi Kajihara)は日曜日オムニオム種目で銀メダルを獲得し、日本の女性初のオリンピックサイクルのメダルを獲得しました。

24歳の現在の世界チャンピオンは、2008年以降のオリンピックトラックサイクリングでメダルを獲得した最初の日本人です。 米国のJennifer Valenteが金メダルを取った。

日本のか原由実が2021年8月8日、静岡県伊豆で開催された東京オリンピック女子オムニオムトラックサイクル競技で演技を広げている。 (教徒)

「メダルを受けることになっうれしいです。これは私が注いだすべての努力の結果です。」と涙を流すKajiharaが言いました。 「チャンピオンになるという覚悟でここまでハードなトレーニングをしたそのような面でも惜しい。 “

「毎日お母さんと一緒に吐きそうになったほどに訓練したそれがとても大変だった。」

一貫性のある展示では、彼女はスクラッチレースで2位、テンポで5位、エリ米ネーションイベントで2位、Valenteの124点に続き、総点110点で衝突した後、ポイントレースで再びよく帰って行きました。

この順序は、Valenteがスクラッチレース(30ラップのレースで勝者がまずラインを越えたレース)で、日本人を破ったときに早期に確立しました。

次にスプリントが多くテンポレースでValenteは3つのスプリントで得点して3位を、Kajiharaは1から得点して5位を記録した。 最終銅メダリストのオランダKirsten Wildが2位を占めて表彰台に進入しました。

Kajiharaは脱落競争で少しの基盤を用意してValenteと2階段遅れ2位Wildがはるかに遅れています。

ポイント競争でWildとKajiharaが一緒に来て、日本は、ボードに沿って滑ったが順序は効果的に設定されて金と銅の赤字が、その時点で変更されないことです。

彼女は「オムニオムの中の日本の女性が世界最高と戦うことができるということを示すことができた」と結論付けた。

先に日本のメダル希望のワキモットーユタは準決勝で競輪で脱落した。 彼は準決勝で5位をして決勝に進出していませんでした。 最終銀メダリストである、マレーシアのモードアジ与えるハース君アワン(Mohd Azizulhasni Awang)を抜いて8強で良い姿を見せて残念な結果を生みました。

ワキモットーは敗者復活戦決勝で勝利し、総合7位に上がった。 イギリスJason KennyがAwangとオランダ人Harrie Lavreysenを抜いて金メダルを獲得しました。

日本のサイクリストの原由実が2021年8月8日、日本中部静岡県伊豆ベロドロームで行われた東京オリンピック女子オムニオムで銀メダルを獲得してポーズを取っている。 (教徒)==教徒

READ  自民・2階幹事長、政府与党連絡会議の発言公開 "幹事長も意味がある」(産経新聞) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close