エンターテインメント

はぁ忠清北道 “匿名のSNS誹謗中傷を訴えます」加害者たちは、今になって「言い訳」| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

口に出すのもはばかられる悪口にーー。 先頭の写真に記載されているすべての人の女性に向けて、実際にインターネットに書かれたものである。

作家ブロガーはぁ忠南氏は、15年の間にこのような誹謗の標的にされてきた。

「私はネットを始めた2004年当時は、一般のブログに実名と所属を出すのは珍しく、「慶應義塾大学の1年生です」と名乗って顔写真を出せばすごく打たれます。 “

「芸能人でもないのに勘違いしているブス」という直球浴で「インターネットと危険なんですよ」と上から目線で説得来る人まではぁ忠氏は、日常的に激しい誹謗にさらされるようになった。

SNS利用者が増えれば、非難はさらにひどくなりました。 それまでは、個人単位で攻撃してきた人々が相互に従う互いに複数のアカウントを作成一斉ダウンを開始しました。 “

例えば、2017年には、はぁ忠氏が「同情を嘲笑する「ポストた炎上。2019年には長男を出産したが、「妊娠で妊活宣言した」と恥部され、「妊活詐欺」と大非難を受けたものである。

「同情の呟いた10年以上のおキャリアの中で10回。それも大学の学園祭の「同情王決定戦」の審査委員となり、その関連でツイートしたものがほとんどでした。

また、「妊活詐欺」は、私にも誤解を生む原因がありました。妊活を発表して、すぐに妊娠が判明したが、その後も妊活についての記事を続けてしまいました。 真剣に悩んでいる方への配慮と想像力が不足しません。

それを、PV数を稼ぐとか、ビジネスと金儲けのための「炎上商法」と言うのは、本当に悔しくて。 また、「AV男優(夫ケン清水)との子供を作ることはどうなのか?」と、家族まで誹謗されて “

そして最近では、これまでのインターネットだけだった、はぁ多田氏への攻撃が実際に至るまで多様になった。

「私はよく通っていた “場所”に嫌がらせがあったんですよ。少しのきっかけで特定されたよう…そして2020年1月には「長男を虐待している」と嘘の申告をして、警察や児童相談所が家まで来たですよ。

今までは「炎上」といっても、インターネット上での出来事だったのが、突然、現実の世界で起こって非常に怒ってました」

このとき、はぁ忠氏がアップした長男の写真に「虐待が行われています」というデマ情報が添付されて広がった。 掲示板にも「通報した」「私も通報した」と順番に記録 “すべて”通知祭り」をしているようでした」(はぁ多田氏)という。

そんな、はぁ忠氏が「反撃」に転換さ​​れたきっかけは、2020年5月には、恋愛リアリティ番組「テラスハウス」(フジTV系)に出演した女性プロレスラーの木村花さん(享年22)がSNSでの誹謗を苦に自殺したものである。

「人一人の命を奪ったのに使った当事者罪悪感なく、警察も捜査をしてくれません。私もいくつかの弁護士に会ったのですが、「インターネットの誹謗中傷で裁判を起こすのはとても難しい」と言うだけでした」

そんなときに相談したのが、インターネットの誹謗問題に取り組んできた福活也弁護士であった。

「一般的な弁護士が誹謗に対して裁判を起こすのは、かなりのハードルが高いと思います。掲示板やSNSに匿名で書いた発信者を確認するだけで数ヶ月かかり、プロバイダが記録を保存していないものもあります。

かなり困難な作業であり、ようやく特定して告訴することも、離婚や交通事故に比べれば請求することができる以上の数はミミ。 つまり、払っていないですよ」(福弁護士)

自分もSNSで誹謗被害を受けたフー弁護士は採算度外視ではあ多田氏の依頼を快諾。 プロバイダ発信者情報の開示を請求し、約260個の記事とプロフィールを公開決定が出た。

「公開請求をすると作成した本人プロバイダ「こんな開示請求が来ています」という封書が届いんです。そこには、誹謗中傷の内容も書かれているので、それを見て、「私はこのような恐ろしいことを書いていた? 」と我に返る人もいます。曲がった正義感に捕らわれて書いていた人も多いから」(この前)

フー弁護士にこの袋を受けたり、訴訟を提起したという報道を見た “反(特定の人を激しく嫌悪する人)」が多くの連絡してきた。

「100件ほどのリンゴがあり、ほとんどが女性、主婦の方もかなりありました。」投稿も忘れてしまいました」と謝罪に来る人や、「他の抗の情報を教えてくれるので訴えないでほしい」と他人の本名とアドレスを送ってきた人も。はぁ多田氏のホームページに直接謝罪の手紙を送る人もいますね」(この前)

はぁ忠氏は、そのような抗の反応を冷たい心で見ている。

「彼らは、これらの情報が公開されて本名を知っても「……誰? 」という感じで、相手の顔が見えないですね。 慰謝料や和解金も、裁判費用になるかであるか 。

裁判のために、過去の誹謗を読み直す作業は、本当に辛いです。 「私は何と戦っているのだろうか」と思ったりもします」

「これから訴えます」とSNSで宣言した後は、バータリグァ誹謗ではなく、されたという。 次のページでは、実際にはあ多田氏に誹謗文をしていた「元の反「女性2人の告白を掲載する。

READ  「魔法の高校の劣等生リローデッドメモリ」が制作決定した。オリジナルストーリー収録の「魔法バトルRPG "へ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close